総合トップ
起業
資金調達
会社設立
副業
マーケティング
事業承継
地方起業
フランチャイズ
シニア起業
税・会計・法律
士業
ビジネス
失敗

【前半】4倍売上を上げるための立地戦略

僕が開業したのは、横浜の鶴見駅から徒歩30分くらいの自宅でした。


立地的には、最悪でした。

 

畳の部屋で開業し、物にあふれ、相当汚い状況でしたw

なにせ、歩いて、30分。
しかも、鶴見駅は、さほど大きな駅ではありませんし。


でも立地は最悪でしたが、依頼はたくさんいただきました。
このとき、相当シンプルに感じたことがあります。

 

自分の事務所の場所がよくなれば、もっと依頼は増えるだろうなと。

 

そして、すぐに決断をしました。

imasia_7430100_M行政書士事務所を開業して、数ヶ月後で、自宅から、鶴見駅から徒歩7分のマンションに事務所を移しました。

 

事務所を構えたことで、まず駅から近くなったことで、社内の移動時間が大幅に短縮され、時間が生まれました。

この部分が一番よいところでしたね。

 

TIME IS MONEYですからね。

 

事務所を構えたことで、仕事の依頼数がこのとき増えたかは、わかりませんが、どこに事務所があるか?ということの重要性は感じました。


この鶴見駅付近にマンションを構えてから、僅か、2,3ヶ月で、事務所を一気に、鶴見から表参道、外苑前に移しました。当時の家賃の変化でいうと、3倍以上。

ただ、シンプルに、売上自体は、どんなに少なくても、鶴見と表参道で比較すると、2倍はよくなるだろうなと思いました。


結果、売上は4倍程度アップしました。(もちろん立地だけの問題ではありませんが)

鶴見にいたときには、横須賀、戸塚、小田原などのお客さんが多くいました。

表参道に移ってからは、神奈川のお客さんはいなくなりましたが、都内のお客さんが一気に増えました。

 

imasia_5151911_M

僕たちは、開業から5年間で、4回引越しをしています。

 

その都度、どこにオフィスを構えるかは戦略的に決めるべきだなと感じました。

何の意味もなくオフィスの場所を決めてはいけません。

 

戦略的にオフィスの場所は決めるべきです。

 

オフィスの場所は自由に決めていいわけですので。商圏が小さいのなら、オフィスを変えればいいわけです。

もっと柔軟に、シンプルな発想で、最適な経営をしていきましょう。

 

後半→

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事