【第2回】行政書士試験実録~法律知識ゼロの会社員が一発合格するまで~

働きながら仕事をする上で一番困るのは、どうやって勉強時間を確保するか、ということだと思います。

実際、私自身も受験勉強をしているころは毎日残業があったり出張に行くこともあったりと、 勉強時間の確保には非常に苦労しました。

  しかしご自身の生活を振り返ってみて、 まったく勉強時間が確保できないほどスケジュールが詰まっている方というのは そう多くは無いのではないかと思います。  

ぜひ、ここは生活パターンの棚卸しをして使える時間が無いかどうかチェックをしてみてください。    

朝活のススメ

勉強時間を確保するなら絶対に出勤前の朝の時間がおススメです。  

会社員をしていると、残業があったり、付き合いで飲みに行かなければならなかったりと、 就業後の時間は案外思い通りにいきませんよね。

しかも、仕事で疲れた後に夕飯を食べてそれから机に向かっても 確実に睡魔に襲われますので勉強なんて出来るわけがありません。  

一方で朝の出勤前であれば、寝起きで頭がすっきりしている状態で勉強できますし、 なにより誰にも邪魔されること無く勉強に集中することができます。

  朝早起きすることがつらいかもしれませんが、つらいのは最初の1週間くらいなので、 最初だけ頑張ればあとは習慣化されてしまいますので大丈夫です。  

1時間でも30分でもいいので朝早く起きて、朝ごはんをしっかり食べて家を出れば、 予備校の自習室やお気に入りのカフェにつく頃にはしっかり目が覚めて勉強に集中できますよ。    

スマホの活用

ご自身の生活スケジュールを見直してみると、電車での移動時間とか、 スマホでゲームをやっている時間とか、なんとなくテレビをつけている時間とか、 結構使える時間はありますよね。

ただ、そういう時間にわざわざテキストを開いて机に向かうのもそれはそれで面倒なものです。  

そういうときに是非活用したいのが、スマホのアプリです。 お手持ちのスマホで「行政書士」などのキーワードでアプリを検索してみると、 いくつか試験勉強用のアプリが出てくると思います。   これなら電車の中でもかさばらないし、スマホ一つでゲーム感覚で勉強が出来ますので、 ちょっとした時間に使うのには非常に便利です。  

日中はスマホで気軽に勉強をしながら、分からない箇所は朝の時間にテキストで確認をする、 という循環なら隙間時間を活用しながら少しでも楽しく勉強できるのではないかと思います。   いかがでしょうか?忙しい中でもちょっと工夫すれば使える時間というのはきっとあるはずですので、 ぜひ日ごろの生活を見直してみて勉強時間を見つけてみて下さい。  

←【第1回】受験の決意について

【第3回】一般知識を味方につけ合格する→

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事