行政書士のネット開業・集客の成功事例3選

行政書士のネット開業

行政書士のネット開業の成功事例の3例をご紹介しよう。

ウェイビー行政書士法人

代表の伊藤健太は、

Amazon資格ランキング1位を獲得した 月商倍々の行政書士事務所の著者であり、

行政書士のための集客できるホームページ制作マーケティング塾イトケン塾を展開。

 

ウェイビー行政書士法人は、

会社設立業務から行政書士事務所をスタート。

徹底的にホームページ集客を研究し、起業分野の業務で競合ひしめく中でシェアをどんどん拡大。

現在、ホームページだけでも自社で生産体制を築き、毎月3サイト近くを生産して模様(伊藤個人ブログより)

今では、メディアをはじめ、士業向けサービスで存在感を放つ。

ウェイビー行政書士法人の強みは、完全にマーケティングだ。

伊藤独自のマーケティングノウハウは、ホームページ集客はもちろん、リアルなマーケティングノウハウとしても

評価が高く、伊藤が開催している士業向けのマーケティング塾などは大人気となっている。

伊藤は士業のマーケティングの世界では、誰もが認める存在の1人。

ブログなど積極的に更新していることもあり是非、チェックしてほしい。

 

アーク行政書士事務所

アーク行政書士事務所

会社設立業務を専門にし、上記のサイトで「会社設立」というキーワードで検索1位~3位を長年維持。

累積の会社設立数がなんと、8,000社以上。

もちろんリアルな紹介もたくさんあるだろうが、ネット集客によるものもかなり大きい。

アーク行政書士事務所のポイントは、ウェブライティングの力だ。

サイトをご覧いただくとわかると思うが、サイト文書が、とても論理的で、読めば、依頼しようと思う内容になっている。

これは、ライティングの力、サイトのコンテンツを考える力によるところが大きい。

ネット集客を実現するためには、ライティングはかかせない力だ。

 

KKC

KKCの会社設立サイト

KKCの強みは、業務を完全にパターン化し、そのパターンにあてはめることで、

コストダウンに成功したことだ。

奥さんが司法書士という特殊性も大きな成功要因であり、普通の行政書士は、まずは、司法書士のパートナーを間違えないように

いいパートナーをみつけることだ。

 

KKCは、大量の広告予算を持ち、数をとにかくこなす。

報酬が、7,600円という金額をみていただければその安さがわかる。

SEO対策、リスティング広告など、いわゆる、行政書士のネット開業を成功させるための、

基本的なスキルがある。

いいサービスを多くの人に知ってもらうことができれば、サービスは売れるということだ。

 

行政書士のネット開業の成功ポイント

業務特化をしてネット集客をする

ネット開業で成功しようと思った場合には、業務を特化すべきだ。

理由は、中小企業診断士のホームページ制作を読んでいただきたい。

ネットは、基本的に、お客さんが自ら情報に歩み寄るため、お客さんのニーズが顕在化していることをしなくてはいけない

という特殊性があるためだ。事務所を何かにフォーカスするということでもいいし、複数ある業務の中で、この業務はネットでという考え方でもいいだろう。

 

ネット特有のノウハウを徹底的に勉強する

ネット集客には、いくつかの技術的な問題を克服する必要がある。

代表的なものとして、SEO対策、リスティング広告の運用、ウェブライティング、ホームページ分析、構築、運用などになる。

これらの全てを自分1人でやることは、ある種、ネット分野のプロになることに等しい。最初から、ネット分野のプロになると決めている方は、そのままどんどん勉強してほしいと思う。

 

しかし、多くの人は、そうはいかないと思う。

そのため、広く浅く理解するか、1つの分野に関してはプロ並に勉強するという方法もある。

時間の使い方を間違えてしまってはいけない。

行政書士の失敗の原因の多くは、時間の使い方を間違えることにある。

 

中期、長期的にみたときに、

行政書士事務所のマーケティングノウハウを手に入れる意味でも、

何か1つのノウハウは手に入れたい。

 

ネット開業で成功している行政書士をベンチマークとする

このページでは、主に会社設立業務を展開している行政書士を3事務所紹介した。

間違いなく、この3事務所の展開は勉強になる。

それぞれ、同じ会社設立という業務ではあるものの、成功要因というのは異なる部分も多い。

この3つの事務所の成功要因の違いを知ること、理解することができれば、

あなたのネット開業、ネット集客の成功の確度もグーンと上がるだろう。

 

記事にコメントしたり、専門家に質問しよう

コメント数:0

ダウンロードコンテンツ

関連記事