自宅開業が成功する士業事務所の共通点!?

開業を決意した士業の方がぶつかる大きな悩みがあります。開業の場所をどうするか?という問題です。 方法は大きく2つ。自宅開業か事務所開業。どちらもメリット、デメリットのある話です。あなたの状況に応じて、戦略的に判断してほしい。ここでは、実際のメリットデメリットについて書きたいと思います。    

自宅開業 について

自宅開業について、その良し悪しを説明します。 まず、僕の意見を申し上げておくと、僕は今もう一度、行政書士事務所を開業するチャンスがあったとしたら、間違いなく自宅事務所、つまり、自宅開業をすると思います。  

自宅開業のメリットについて

家賃がかからない

自宅開業の一番のメリットです。 事務所を新しく借りるとなると、敷金、礼金などの初期費用、毎月の家賃などで、かなりまとまった単位のお金がなくなっていきます。 これは、資金に余裕があるとやりがちだが、オススメできません。 なぜなら、時期や事務所の規模にもよりますが、事務所が直接お金を生み出すことはないからです。 開業当初は、この事務所関連の予算を、絶対にマーケティング予算にあててください。 自分の力で、お金を稼げるようになるまでは、資金に余裕があってもケチケチすべきです。  

移動時間がなくなり、労働時間が伸びる

このメリットも僕はかなり大きいと感じていました。 (あっ、僕は、自宅の6畳和室を事務所に開業しました。) 移動時間は馬鹿になりません。交通費もかかるし、それ以上に、時間を失います。 事務所開業当初は、デスクワーク系のやるべきことが山のようにあります。 1分も無駄にすることなく、必要なことだけをしなくてはなりません。 以上が、自宅開業の大きなメリットです。  

自宅開業のデメリット

自宅開業の悪い点ももちろんあります。

事務所っぽくないこと→お客さんを呼びにくい

自宅ということでお客さんを呼びにくいということが最大の悪い点です。 自宅の場所にもよるが、外で会うことでほとんどの場合、この問題は解消できます。 ただし、士業はお客さんと会うことが大きな仕事の1つなので、外で会うとそれだけカフェ代、移動代がかかってくるようになります。 そうなってくると、事務所を構えたほうが、総じてコスト的に安くなるというラインがでてきます。 僕が自宅で開業した当初、全くといっていいほど、自宅開業で困ったことはありませんでした。 お客様によっては、自宅を事務所にしているような人には依頼しませんという人もいますが、それはごく一部なのでご安心を。 ただし、規模の大きい会社との仕事が大きい、業務の特性上、事務所が必要な事務所もあるかもしれません。  

気分転換ができない

これは自分の問題なので、自分でリフレッシュ法を考えてください。 大切なことは、格好から入らない。 実力に応じたスタートを切るということです。 事務所をいつか構えたいということが1つの目標になって、事務所拡大にもつながっていきます。  

事務所開業の良さ

開業当初から事務所を構える人もいます。 これはこれで、いいことももちろんあります。 いくつか事務所開業の良いところを紹介します。  

まわりからの見え方→信用

事務所があることの一番のいいとことは、信用です。 ビジネスをしているといかに、事務所を構えることが凄いことなのかを痛感します。 まとまったお金がないと借りることはもちろんできないし、審査で落ちることだって多々あります。 そのため、事務所を構えているということは、それだけのリスクを取っているとまわりもみてくれます。つまり、本気度のあらわれと言い換えてもいいかもしれません。 事務所がありますという人をやはり信用する傾向にあります。 (でも、開業時は自宅開業をオススメしているが) これが、自宅開業にはない大きなメリットでしょう。  

好きなエリアで開業できる

どこのエリアに事務所があるのかによって、競合はもちろん、お客さんの性質も大きく変わってきます。 (僕は横浜で開業したが、開業当初は、横浜のお客さんが多く、東京に越してからは、横浜のお客さんはほとんど減り、東京のお客さん中心になった) そのため、自分の考えている業務の、ターゲットがいるところを考えて業務を展開できるという、利点もマーケティング的にはありだと思います。  

自宅開業から事務所を借りるタイミング

事務所を借りるメリットについて2つ説明しました。 まさに、僕はその2つの理由のために、越しているといっても過言でないです。 最初の引っ越しは、ちょっとだけ違うが・・・ 僕の場合には、ホームページからお客さんが来るようになってから、すぐに自宅→事務所に移りました。 最初の事務所は、SOHO風のマンションの1室。 今でも覚えている家賃59,000円です。 これくらいの金額だとほとんどリスクもない。それで、環境を変えるために引っ越しました。 そこから3ヶ月で売上も大分増えてきて、こう思いました。 事務所を東京に持って行ったら、今よりもお客さんは増えるんじゃないか?と。 そのため、事務所を移そうと思いました。 横浜の事務所から、家賃でいうと約4倍の事務所へ。 これは相当勇気のいることだったけど、何とかなるだろうと思って越しました。 住所は、渋谷区神宮前 この住所のおかげで、大きな信用を買うことができました。 お客さんも仮説どおり、横浜にいたときよりも単純に数も増えました。 でも本当に自宅からスタートしてよかったなと痛感しています。 それは、トラフィックがあるということが、自信になるからです。 たまに、開業当初(自宅事務所)の写真をみると、とてつもなく自分たちの成長を感じ、 もっともっと頑張ろうと思います。  

開業場所のまとめ

自宅開業がオススメです。 身の丈にあったことを、お金を使う部分ではすべき。 一刻も早くオフィスを構えることができるように、努力の理由にする。 事務所を構えると、もちろんメリットもある。 引っ越す場合には、そのメリットが享受できるように戦略的に場所を決めるべき。 以上のことを気を付けて開業場所を選択してほしいと思います。  

記事にコメントしたり、専門家に質問しよう

コメント数:0

ダウンロードコンテンツ

関連記事