総合トップ
起業
資金調達
会社設立
副業
マーケティング
事業承継
地方起業
フランチャイズ
シニア起業
税・会計・法律
士業
ビジネス
失敗

【なぜ、士業にはコーチングメソッドが必要なのか?】

目次 [非表示]

 

会員の皆様はじめまして

私はプロコーチとして10年仕事をしています 実方晴美と申します。 この10年は、個人コーチングもしながらも、 一番力を入れてきたことは 「コーチングスキル」を教える仕事をしてきました。 なぜ、コーチングスキルを教える仕事を選んだのか? と、申しますと、 ビジネスにも、人生にも、本当に役に立つからです。 特に、コーチングスキルが効果が発揮する属性の1つに、 士業の仕事が上げられます。 税理士、社会保険労務士、弁護士、コンサルタントなど。 では、なぜ役立つのかと申しますと、 いつかの要素があります。 1 クライアントの本音が聴ける。 2 クライアント自身が問題解決できる。 3 士業側の会話力がぐ〜んとアップすることでクライアントとの関係性が更に良くなる。 4 営業力がアップする。 5 コミュニケーション力がアップする。 6 人間力がアップする。 7 問題解決力がアップする。 8 伝える力がアップする。 9 上記のことから、クライアントにとってなくてはならない存在となる。 10 クライアントの売上が上がる、自分への報酬も上がる、売上が上がる。 この様に、コーチングスキルは本当に役立ちます。 ここで言うコーチングスキルとは、私が伝えるエンジェルウィング流 コーチングスキルを言います。 (教える講師やスクールによって、スキルが異なることがあるのです) さぁ、これだけのベネフィット(利益)が得られるのであれば 少し、話を聞いてみようか? という気持ちになっていただけましたでしょうか? これから不定期となるかと思いますが、 最低週に1回は、情報をお伝えしてまいります。 少しでも、あなたのお役にたてますことを心から願っています。

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事