税理士試験の難易度どのくらい難しい?

税理士試験の難易度はどれくらい??

何か資格を取ろうと思った時に、多くの人の頭に当然浮かぶ疑問は、その資格を取ることはどれくらい難しいのかということです。今回はこの税理士試験の難易度について、お話をしていきましょう。   まず、大枠からお話をしましょう。税理士試験とは、通常のテストのように100点満点の試験が一つあるだけのものではありません。5科目のテストをそれぞれ受けるという仕組みになっています。   この5科目とは、必須である「簿記論」と「財務諸表論」の2つに加えて、「所得税法」、「法人税法」、「相続税法」、「消費税法」、「酒税法」、「国税徴収法」、「住民税」、「事業税」、「固定資産税」という9科目の中から自由に3科目を選択して決まります。 ※ただし、所得税法と法人税法のうちどちらか1科目は必ず選択。   そしてここが他の試験と一番の違いなのですが、なんと税理士試験は以上の5科目に関して、年をまたいだ合格を認めているのです。どういうことかと言うと、例えば今年は一科目だけ勉強をして合格をします。     来年は違う一科目だけ勉強をして合格します。そして再来年は…と一年に一科目ずつ勉強をして合格し、5年かけてすべての科目を合格しても、税理士資格は取れるのです。   司法書士試験や社労士試験などにはこの制度がないため、いくら他の科目が合格水準の点数でも一科目だけ問題があり不合格になれば、また次の年もゼロからすべての科目を受験しなければいけません。この点は、税理士試験を受ける人にとっての大きな強みです。   ところが、じゃあ合格するのは簡単かというと決してそうではありません。以下は、平成27年度試験の各科目の合格率です。   簿記論 18.8% 財務諸表論 15.6% 所得税法 13.2% 法人税法 11.1% 相続税法 13.4% 消費税法 13.1% 酒税法 11.9%

記事にコメントしたり、専門家に質問しよう

コメント数:0

ダウンロードコンテンツ

関連記事