司法書士と認定司法書士の違いを明確に知りたい

司法書士の認定司法書士

以前司法書士は法務大臣の認定を受けると認定司法書士として、簡易裁判所で取り扱う民事事件において140万円以下の請求額の訴訟の代理人となることができると書きましたが、   具体的に内容を挙げますと、簡易裁判所での民事訴訟手続、訴え提起前の和解手続き、支払督促手続、証拠保全手続、民事保全手続、民事調停手続、少額訴訟債権執行手続、裁判外の和解の各手続について代理する業務、仲裁手続、筆界特定手続について代理する業務、などです。   そして、それは近年の話であり、訴訟代理業務は本来、弁護士の仕事であったことも書きました。   皆さんのイメージとしても、裁判=弁護士であり、なかなか司法書士とは結びつかないかと思います。映画やドラマでは弁護士が裁判で活躍しているシーンをよく見かけますが、残念ながら司法書士は見かけないですよね。   もっとも、そんなイメージのある弁護士でも実際に法廷に立って裁判をするのは業務の一部にすぎず、ほとんどは事務的な仕事なのですが・・・。ちなみに、イギリスでは、法廷に立つ弁護士をバリスタ、事務弁護士をソリシタと言い、日本の司法書士制度はこのソリシタを参考にしたとも言われています。   ここでかなり横道にそれるのですが・・・、英語で法曹界のことを “Bar”「バー」と呼びますが、これは、裁判所の中で傍聴席と裁判をする場が一本のバーで隔てられていることに由来するそうです。バーの向こうは法律だけが支配する別世界なのです。この区別がもしかしたらイギリスでは法廷弁護士と事務弁護士をわける歴史的経緯につながったのかもしれません。

残り815文字

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。
入力は↓の3つだけ!30秒で登録完了!

会員登録がお済みの方はこちらからログイン

メールアドレスでの会員登録

利用規約

SNSからの簡単会員登録

Facebookログイン
Twitterログイン

類似記事

関連記事