無資格の補助者から、行政書士法人の代表になった男が教える組織で働く良さとは~第1回目~1人事務所と組織の違い

目次 [非表示]

圧倒的に1人事務所が多い行政書士業界。行政書士になりたいという方が選ぶ道は、次の二つに大別されると思います。 ・即独立開業 ・どこかの行政書士事務所で修行したのちに独立開業   私自身がそうなのですが、もう一つ道があると考えています。それが組織で行政書士として永続的に働く」というものです。永続的に働くというと、終身雇用制度のような古い考え方のように思われるかもしれませんが、そうではなく、高い意識を持ちながら組織で働き、組織の成長と共に自分自身も成長させていくという働き方だと考えています。   これから、私の経験と考え方を交えながら「組織で行政書士として永続的に働く」ことの良さをお伝えしたいと思います。  

1人事務所と組織の違い

ここでいう1人事務所とは、独立開業して行政書士1人で切り盛りしている事務所(行政書士1人でパート・アルバイトを抱える事務所も含む)のこと、組織とは、行政書士法人もしくは、正社員2人以上からなる行政書士事務所と定義させていただきます。  

1人事務所(独立開業)の良さ

①自由 自分1人しかいませんので、なんと言っても自由です。誰かの指示を受けることなく、やりたいことをやりたいようにやれます。お金も時間も自由に使えますし、意思決定も早く、お客様の要求に迅速に対応することができます。   ②働いた分だけ返ってくる 仕事をすればするほど、自分の知識・ノウハウになりますし、やった分だけ比例して収入が増えます。   ③自分の名前で仕事ができる 組織とは違い、表に出るのは自分の名前です。お客様からも、自分自身を選んでいただけるので、モチベーションがあがります。 例えば、私で言えば、お客様は「行政書士法人名南経営」を選んでくださっていて、「行政書士大野裕次郎」を選んでくださっているわけではありません(そういうお客様もいらっしゃると信じてますが。。。)。  

組織の良さ

①安心感がある わからないことがあってもすぐに聞ける仲間が近くにいる、仲間のチェックや確認を受けることで事前にミスを防げる、いざというときにフォローし合える仲間が近くにいる、という安心感があります。   ②資源を活用できる 1人事務所と比べて、ヒト、モノ、カネ、情報といった資源を持っている事務所が多いです。これらの資源を活用し、1人事務所ではできないようなことにチャレンジすることが可能です。   ③1人事務所では経験できないような案件がくる 組織は知識・ノウハウを蓄積していますので、難易度の高い案件が来ることが多いです。他の行政書士事務所では対応できない案件の紹介を受けることもあります。 また内部のオペレーションがしっかりしており、安定的に大量処理をすることができる組織には、1人事務所と比べて、中堅・大手など規模の大きな会社から依頼を受けることがあります。   ここまで、1人事務所の良さと組織の良さを述べてきましたが、私自身が組織で働く行政書士で、組織の良さを実感していますので、これから行政書士になられる方には「組織で行政書士として永続的に働く」ことをオススメしたいと思います。   私の持論ですが、行政書士は「お客様の質」が育てる、と思っています。お客様の会社の質が良い・悪いという話ではありません。行政書士を単なる代書屋と捉えて書類作成や手続きの依頼だけをするお客様と、行政書士を自社のパートナーと捉えて行政書士の活用を考えるお客様と、どちらに選んでもらえると行政書士が成長するか、という話です。組織でやっていると後者に該当するお客様が多いように感じます。   また、組織は組織が育てます。お客様が中堅・大手といった組織であれば、行政書士も組織として対応せざるを得ず、自ずと組織化が進んでいきますし、対応しているうちに組織としてのノウハウも蓄積されていきます。当然、そのようなお客様を担当する行政書士やスタッフもどんどんレベルアップしていきます。このようにして、1人事務所が簡単には太刀打ちできない事務所が育っていきます。

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事