”戦後”71年目の『戦時加算』日本だけの不平等条約はいつまで続くのか

2016年8月15日で終戦後71年いまだに日本だけが負う不平等条約があります。

著作権の保護期間 延長問題
 第二次世界大戦後の1951年9月8日調印し、1952年4月28日発効したサンフランシスコ平和条約第15条(c)(昭和27年条約第5号)では、連合国及び連合国民の著作権に対し、通常の著作権の保護期間に戦時期間(日本の主権が回復するまで)を加算する「戦時加算」が日本の負う義務として、日本と連合国との間で締結されています。

 ①1941年12月7日に著作権を有していたもの、②1941年12月8日から1941年12月8日から平和条約が発効した日の前日までに著作権を取得したものが対象となります。

 パキスタン(1,393日)
 ニュージーランド(1,607日)

残り805文字

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。
入力は↓の3つだけ!30秒で登録完了!

会員登録がお済みの方はこちらからログイン

メールアドレスでの会員登録

利用規約

SNSからの簡単会員登録

Facebookログイン
Twitterログイン

類似記事

関連記事