総合トップ
起業
資金調達
会社設立
副業
マーケティング
事業承継
地方起業
フランチャイズ
シニア起業
税・会計・法律
士業
ビジネス
失敗

マーケティングは顧客のためにある

目次 [非表示]

自分の事務所が儲かるためにマーケティングを使ったとしてもうまくいきません。

最後は、お客様お金払うわけですから。リスクが他社よりもなくて、そこにしかない価値を持っているサービスがあれば選んでくれるんですよ。それを作るのが僕たちの仕事。それがマーケティングです。ここのロジックをぜひ理解しておいてください。

マーケテイングを勉強して理解し実践すると提供できるはずなので、売上が上がりますと。しかしその売上は私腹を肥やすために使わないでください。何故かっていうと、僕たちの事業ってまだまだ未熟で、もっといいサービスを提供できるはずなんです。

ここまで建設業の話 自分の考え方ひとつですぐできてしまいます。僕たちが目指さなきゃいけないのは、他の事務所がおいつけないところにもっていくこと。長い間仕事をしていくにあたってです。

私腹を肥やして怠慢になってしまうとこっちのステップにいけない。昔と今 全然時代が違うので、企業の数が勝手に増えていくような時代ではないんですよ。減っていくに決まっているので、その中で競争していくには自分しかない価値を絶対に持たないといけないんです。私腹を肥やすのではなくて投資に使ってくださいよという話です。

売り上げのない事務所はお客様を真の意味で守ることや豊かにすることは難しいのです。
僕はあんまり、士業の人とお付き合いすることはお客様以外ほとんどないです。
僕のお客様は事務所を大きくしたいですとか地域で一番大きくしたいみたいな活力というか熱量のある人しかお客様にいないので。

士業の人ってうまくいっていない人が多いので、飲み会とかだとネガティブな話になるんです。僕はそういうところにはもっていかないですし、意味がない。そういう売上っていうのって、批判されると思うんですけど、売り上げはないとお客様幸せにできないですからね。

売上はお客様からの支持なので、汚いものでもなんでもなくてたくさんのお客様を幸せにしたい。たくさんのお客様から支持を集めている、その結果売り上げがあると。その売上もさらにお客様のために使うわけなんです。お客様の支持を集める方法がマーケティングだと理解してもらうといいかなと思います。

おすすめの関連記事

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事