総合トップ
起業
資金調達
会社設立
副業
マーケティング
事業承継
地方起業
フランチャイズ
シニア起業
税・会計・法律
士業
ビジネス
失敗

社労士事務所に入るための3つの条件 ~最近の社労士求人事情~

目次 [非表示]

社労士の資格を取ったら、まず社労士事務所の求人を探して就職を、と考えるのは、自然の流れですね。
でも、そう簡単に考えてはいけません。
実は、社労士の市場は近年厳しい状態にあり、その中で、社労士事務所を構えられる社労士は決して多くないのが実情です。
 

■社労士事務所の求人状況

社労士事務所そのものが少ない上に、その経営も、なかなか順風満帆とはいかないケースが珍しくありません。
 
まず、件数として最も多いのが、社労士が一人で運営している零細社労士事務所。自宅を事務所に、最低限の経費でやりくりしているため、細く長く経営が続いているものの、求人を出す余裕はない、というのが専らです。
 
中堅クラスの社労士事務所は、二極分化しており、経営がうまくいっている社労士事務所では求人も期待できます。但し、何らかの事情で社労士がいなくなり、その抱えていた顧客を引き継ぐための補欠要員を探す求人が多く、そうなると、経験のある社労士を中途採用するというスタンスで、人を育てたり、新しく経験を積ませたりする余裕は、殆どありません。
 
大手の社労士事務所というのは、そもそも件数が少なく、規模もさほど「大」ではないのが一般的ですが、この場合には、もう少し求人の口も多くなります。ただし、その分競争も激しくなりますし、要求レベルも上がります。年齢制限や、出身大学による絞り込みも出てくるでしょう。
社労士業界では、インターネットでの無料相談などの普及も相まって、価格競争が激しくなっており、経営的に余裕のある社労士事務所はそう多くありません。大手であっても、即戦力が求められ、人材育成の余裕はさほど期待できないのが実情です。
 

■条件1:求人への志望動機

こうした厳しい状況の中、社労士事務所に入ろうという以上、まず、“なぜ社労士事務所に入るのか?”と、よく考えてみましょう。
社労士の肩書を強みに、人事関連サービスを生業とする一般企業に勤務する、といった手もありますが、そうしない理由を考えてみるわけです。
 
“将来独立して、自分の事務所を持ちたい”というのでも構いませんし、“人事コンサルタントを目指すための第一歩として、社労士事務所で経験を積みたい”というように、一過程と考えても良いでしょう。
どれが良い・悪いということはありません。なぜ社労士事務所に入りたいのか。その後も含めて、どのようなキャリアプランを描いているのか、十分に考えて、明確にしておきましょう。
ここで手を抜くと、求人元へのアピールが弱くなりますし、晴れて社労士事務所に入ってから後悔することになりかねません。

■条件2:求人元とのマッチング

求人元とのマッチングも大切です。
社労士事務所の求人は少ないとはいえ、ハローワークや転職サイトなどを覗いてみると、意外に件数は見つかるでしょう。とはいえ、こうした求人に片端から応募してはいけません。
 
まず、先に考えたキャリアプランと照らし合わせて、それに合っていることを確認しましょう。最初の第一歩のつもりで、零細社労士事務所に入ったところ、いつの間にか後継者になってしまって抜け出せなくなった、などということもあり得ますし、地元の大御所社労士の事務所に入ったために、独立して事務所を開くのがはばかられるようになった、ということあるでしょう。経験を積みたかったのに、求人先では事務員募集のつもりで、雑用ばかりやらされた、というミスマッチも考えられます。
 
そして、自分の能力が活かせることも大切です。
転職の場合には、クライアントの規模や業種が似通っていれば、過去の社労士経験を活かすことができます。
また、この厳しい環境下で求人の余力がある社労士事務所は、社労士本来の業務に加えて、何らかの強みを持っているもの。この付加価値サービスに、自分の持つ能力や経験が活かせるのであれば、求人元の目から見ても、魅力的な求職者になれます。
 
社労士事務所の求人が、そう豊富でないのは確かですが、見つけた求人情報に飛びついてはいけません。十分調査し、慎重に求人情報を選んでください。
 

■条件3:社労士プラスアルファのスキル

社労士事務所への求人で力を発揮するのは、社労士としての経験プラスアルファの能力や経験です。
 
これが、クライアントへのサービスに直接役立つものであれば、まず歓迎されるはず。
例えば、求人元の社労士事務所が抱えるクライアントと、同じ業界で勤務していた、とか、一般企業で人事部門の長であった、といったものです。
また、労働法だけでなく、その他法令も含めて、法務全般に対して高い知識がある、法的な手続きについても経験がある、といったものも、求人に応募する際の強みになります。
 
社労士事務所そのものに貢献できる能力であっても良いでしょう。
最もニーズが高いのは、営業能力で、法人営業の経験がある、魅力的な人脈を持っている、といったことは、求人に際して優位になるポイントです。ITスキルが高く、それを活かしたウェブマーケティングを任せられる、となれば、求人元としては一石二鳥です。
他にも、社労士事務所の会計を任せられる、事務所経営のスキルがある、などというのも、強みになりますね。
 
こうしたプラスアルファの能力は、一朝一夕に身に付けられるものではありません。
社労士になろうと決めたら、なるべく早い段階で、自分の経験や能力を棚卸し、何が強みになるかよく考えてください。
そして、その後も更に磨きをかけ、足りない部分は補う努力を続けましょう。
 
ご紹介してきたように、社労士事務所の求人を狙うのは、決して平たんな道ではありません。とはいえ、せっかく取得した社労士の資格をフルに活用できる、いわば王道。
できるだけ早い段階から戦略を考えて、準備を周到に進め、それが活かせる求人をみつけましょう。
こうして臨めば、社労士事務所にとっても、自分の社労士キャリアにとっても、実りある一歩が踏み出せるはずです。
 

おすすめの関連記事

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事