あなたは士業である前に人間です

士業の先生は、わかりやすく言うと、自分のチャンスを自分で狭めているんだということに気づいていません。

どういうことかというと、自己紹介で「行政書士です」と名乗りますよね。行政書士っていうのは、あくまでビジネスをやっている中の単位の、1番小さな単位だと思うんです。

僕たちは行政書士である前に1人のビジネスマンです。ビジネスをやっているわけなので。ビジネスの役割に1つ行政書士とか、弁護士、会計士、士業っていう役割があるのだと思います。

ビジネスマンの前に、僕たちはそもそも人間ですよね。そもそも人間です。この順番です。最初は人間、次がビジネスマン、次が士業です。

僕たちは資格とった瞬間に、なぜか1番大きな単位人間って単位で、自分のことを意識しないで、自分は士業なんだと考えてしまう。でも、お客様が士業に求めているのは、士業に対する依頼だけではありません。

たとえば僕でいうと、経営者相手にビジネスやっているわけですが、経営者の人ほとんどの人が士業の先生のことを頭の中でいつも想像しているかっていったら全くないんです、全くありません。

だから僕たちのことをお客様が考えることなんて、1年の中で本当にわずかな時間なわけです。そんなわずかな時間の役割の中で、お客様に接するのは面としてすごく小さな面ですよね。

なので、僕たちは士業である前にビジネスマンなんだ。ビジネスマンの前に人間なんだってことをまず理解していただきたいです。もうちょっと言えば、僕たちが士業として役に立てなかったとしても、ビジネスマンとして役に立てる可能性がある。

たとえば、自分たちが先に事業を先にスタートしている個人事業主であれば、個人事業主の先輩として、新しく独立する個人事業主の人の役に立つことも可能です。



類似記事

記事にコメントしたり、専門家に質問しよう

コメント数:0

ダウンロードコンテンツ

関連記事