<第1回>人脈作りが最重要

通常の社労士業だけでなく、経営者と労働者を救う労働法を広めるために様々なセミナー活動を行っている大場貴之氏に、ビジネスにおける人間力の極意を伺いました。

プロフィール 大場 貴之(社会保険労務士)

ミツル社会保険労務士事務所代表
1996年 法政大学経営学部経営学科卒(労働経済学専攻)
卒業後、業務用厨房機器メーカーにて、給食施設の設計・企画・提案業務に携わる。
リーダーとしてチームをけん引する中で、企業における「人」の大切さを痛感し、「企業」
と「人」をつなぐ国家資格である社会保険労務士を志す。
そして、人事・労務分野での経験が無い中で社会保険労務士の勉強を始めたものの、自らの労働法や社会保険についての無知を思い知る。
2014年、社会保険労務士試験合格。2016年9月、神奈川県横浜市に「ミツル社会保険労務士事務所」を開業。
グループワークが主体のセミナー「持ち味ワークショップ」を通して、各々が互いに認め合い、自らの持ち味を活かして組織に貢献できる職場づくりを支援したい思いから「持ち味ファシリテーター®」を取得。
今後は、労働法や労働保険、社会保険について多くの人に分かりやすく知ってもらいたい思いから、紙芝居形式で伝える労働法セミナーの開催を予定している。
MAIL:info@mitsuru-sharosi.com

残り1174文字

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。
入力は↓の3つだけ!30秒で登録完了!

会員登録がお済みの方はこちらからログイン

メールアドレスでの会員登録

利用規約

SNSからの簡単会員登録

Facebookログイン
Twitterログイン

類似記事

関連記事