【地方で起業!徳島県美馬市】 地方での起業だからこそできること!無限に広がっているビジネスチャンスを掴め!

ポイント
  1. 都会から地方へ、美馬市で起業を始めたきっかけとは?
  2. 全力で面白いことを追い続けた結果が地方創生につながる!
  3. 地方に仕事はない?!ないなら作ればいい!

残り1468文字

続きを読むにはメルマガ登録(無料)が必要です。
入力はメールアドレスだけ!10秒で登録完了!

メルマガ登録がお済みの方はこちらからログイン

メルマガ登録

利用規約

SNSからの簡単会員登録

Facebookログイン
Twitterログイン
Googleログイン

関連記事

著者プロフィール

柴田義帆 Yoshiho Shibata

柴田義帆 Yoshiho Shibata

株式会社ウダツアップ 代表取締役社長 一般社団法人 ハンモサーフィン協会 代表理事 合同会社 ゼロイチ舎 代表社員 のどけや 代表 【プロフィール】 1974年大阪生まれ。26歳で大阪の中心部アメリカ村にてライブハウス事業とビルのサブリース事業をしながら様々な音楽活動で海外25カ国以上のツアーやフェスを経験。 約二十年間の音楽生活を経て、徳島県美馬市脇町に移住しゲストハウス"のどけや"を2014年7月にオープン。後に2015年8月に"うだつの町並みに"うだつゲスハウス"のどけや別館"をオープン。そして、同年、"日本中・世界中で共遊拠点(別荘)を作ろう"をテーマに、一般社団法人ハンモサーフィン協会を設立し代表理事に就任。現在では四国を中心に様々な拠点を確保し世界中の拠点を共遊別荘にするプロジェクトを目指して活動している。2017年12月に株式会社ウダツアップを設立し、有休資産を共遊するのに先駆けて自社開発の"世界中の全ての土地でキャンプしよう!"をコンセプトに「landcamp」を2018年4月にローンチ。また、別法人、合同会社ゼロイチ舎でも、"世界中でユーモア溢れるBBQ&鍋体験"をコンセプトに「NABEQ」を2018年7月にローンチ予定。既にプロトタイプ化している10以上近くのシェアリングエコノミーサービスを今後続々ローンチ予定でその他ベンチャーサポートとしてインキュベーターとしても活動を行い徳島県美馬市でのウダツバレー構想を掲げる。