商標における先使用権とは?先願主義と合わせて基礎から解説!

ポイント(この記事は5分で読み終わります)
  1. この記事では、商標における先使用権と言う法律を、基礎知識から理解する事ができます。また、そもそも先使用権がなぜ存在しているか?等、細かい内容も把握する事が可能です。

商標の先使用権と聞いても、あまりピンと来ないと言う方がほとんどなのではないでしょうか?

勿論、法律関係の資格を有していたり、そのような事務所等で勤務された経験がある方にとっては、理解していると思われますが、一般的には普段私たちが生活をする上で「先使用権」と言う言葉を使用する事は、まずないと思われます。

今回は商標における先使用権と、そこに係る先願主義についても、基礎的な知識と共に、総合的に解説をさせて頂きたいと思います。

商標の先願主義について

先使用権を理解する前に、それに関わりのある「先願主義」を理解しておきましょう。

そもそも、商標とはわかりやすく言うと商品やサービス等に関するマークのような物ですが、これを特許庁に登録する事によって、第三者から同一の物の使用や、類似品の排除をする事ができる制度です。

登録すれば、その商標を使用できるのは、その企業や、その方だけと言う事になります。

もしもその使用する権利を侵害した場合には、最悪の場合裁判で争う事になり、侵害が認められた場合、損害賠償請求の命令が下されるケースがあります。

この商標は、普段使用するだけでは、第三者を排除する事は出来ず、出願をして登録が完了したら効果を発揮します。

また、商標の登録は早い者勝ちとなっており、先に登録を済ませた方がその権利を得る事になります。

その事を「先願主義」と言うのです。

商標における先使用権について

では、先願主義をご理解いただいた上で、先使用権の解説に入らせて頂きます。

商標については、先に登録した者、つまり早い者勝ちであり、登録をしている方の権利が守られる制度です。

しかし、これには例外があり、それが「先使用権」と呼ばれるものとなります。

少し想像してみましょう。

もし、誰もが知っているような有名な商標(マーク)があるとします。

その商標が登録されていなかったとして、他の企業等が同じマークを商標登録したと考えてみて下さい

この場合、通常であれば、先願主義を採用しているわけですから、例え最初から存在し、有名であったとしても、商標の権利は、後から登録を行った方に権利が発生します。

しかしながら、誰もが知っているような認知度の高い商標であり、

残り2060文字

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。
入力は↓の3つだけ!30秒で登録完了!

会員登録がお済みの方はこちらからログイン

メールアドレスでの会員登録

利用規約

SNSからの簡単会員登録

Facebookログイン
Twitterログイン

類似記事

関連記事