起業するならコレ!人気フランチャイズ5選

ポイント
  1. フランチャイズを選ぶポイントは、需要がある業界、なるべく初期費用が安く、収益化しやすいジャンルを選ぶこと。
  2. 人気はコンビニフランチャイズ。
  3. メリットだけでなくデメリットも踏まえて自分に合うものを見つけることが大切。

「フランチャイズ加盟店になって起業したい!」と思っても、どの業界を選べばよいのか迷っていませんか?初めての起業は、リスクを抑えて大きなリターンが期待できるフランチャイズを選びたいですよね。

フランチャイズを選ぶポイントは、需要がある業界、なるべく初期費用が安く、収益化しやすいジャンルを選ぶこと。

そこで今回は、人気のおすすめのフランチャイズを業界別にランキング形式でご紹介します。

初めての起業にはフランチャイズ加盟店がおすすめ

サラリーマンを辞めて独立開業したい方、定年退職後に夫婦で事業を始めたい方に人気のビジネスモデル「フランチャイズ加盟店」。

独立開業と言っても、初めての起業となれば何から手を付ければよいのか分からない方も多いかと思います。そこで、フランチャイズ加盟店になれば、ビジネスに必要な事業ノウハウがすべて揃っているので初心者でも始めやすいのです。

フランチャイズは、本部の事業主が持つ社名やブランド、商品、営業マニュアル、ノウハウを利用する権利を得ることができます。フランチャイズに加盟すると、商品の販売やサービス提供を行う権利を得られるので、すぐに収益化できるのが最大のメリット。

フランチャイズ加盟店になるには、まず本部に加盟金を支払い経営ノウハウを取得することから始まります。

そして、商品やブランドを利用できる対価としてロイヤリティと呼ばれる手数料を支払う仕組みになっています。多くのフランチャイズは、ロイヤリティは売上の何割と決められているところが多いですが、固定料金の場合もあり様々です。

起業はじめての方でもフランチャイズ加盟店になれば、スムーズな収益化が見込めるので人気があるビジネスモデルとなっています。個人起業となれば、原材料の仕入や人件費、販売や営業のやり方などをすべて自分でしなければならず、収益化するまでに時間と手間がかかります。

フランチャイズの場合は、既に成功しているビジネスモデルのため、個人開業と比べると手間や時間がかからずにリスクが低いので始めやすいと言えますね。

大手企業のフランチャイズの場合は、すでに多くの人に名前が知られていています。フランチャイズ加盟店は、その知名度を利用することができるので開店後にすぐ集客できるのも嬉しいポイント。本部からの定期的な経営指導や援助を受けることもできる上に、広告や販売促進は本部に任せられるのが良いですね。

こちらもあわせてお読みください。
知らないと損。フランチャイズ加盟の魅力とメリット

初めての起業はフランチャイズでどれくらい稼げるの?

平均日販によると、フランチャイズ加盟店舗の中には、最高で1100万円を越えることもあるので夢が大きいビジネスモデルです。

フランチャイズ店舗オーナー総収益は毎月平均240万円程度、人件費やその他経費を差し引くと、毎月約90100万円の収入を得ることができます。業績が好調なフランチャイズ加盟店には、月商にすると、約3,000万円の収益があるオーナーもいるので、頑張り次第と言えますね。

人気フランチャイズ5選

フランチャイズのビジネスモデルはアメリカ発ですが、日本でも1,000社以上の企業が取り入れており幅広く広く普及しています。フランチャイズ契約の内容により加盟金やロイヤリティの金額が異なるので、事前に比較することが大切です。

フランチャイズ契約は、何年もかけて継続してビジネスを行うので、事業の成長性や本部のサポート体制も大切な判断基準となります。

①コンビニ・小売業

おすすめポイント

・コンビニ業界は7兆円市場

・初めての起業でも収益しやすい

・平均年収580万円

・安定している業界

コンビニ・小売業のフランチャイズは、初めて起業する方に人気のある業界の一つです。

コンビニの売上げは立地条件が良ければ顧客の来店頻度の高くなり、年齢層は関係なくリピーターを取り込むことができるのがメリット。コンビニの店舗をどこにするか場所を決めるのは大切なので、募集地域などの情報はよく確認しましょう。コンビニや小売業はすでに名前が知られているので、新店舗オープンの際の集客力は問題なく、開店と同時に収益化しやすいのです。

開店したあとは、従業員を教育したり利益率の高い商品を選び、業務オペレーションに力を入れていきます。コンビニと小売業のフランチャイズはロイヤルティ比率が高いデメリットもありますが、収益化しやすいことを考えると比較的安定しています。

コンビニ業界ナンバーワンのセブンイレブンは売上高3兆円を突破しており、フランチャイズ加盟店は平均日販60万円超の実績があります。本部からのサポート体制が充実していて、業務オペレーションがスムーズに事業経営できるため人気があります。

コンビニ店舗数の売上伸び率ナンバーワンのファミリーマートは、家族向けの「家族加盟促進制度」、独立開業を支援する「嘱託店長加盟支援制度」など多くの支援制度があるのが特徴です。

②飲食店・カフェ

おすすめポイント

・超巨大!25兆円以上市場

4年連続増加、飲食ビジネスは好調

・独立・開業のスタートに最適

・集客しやすい

コンビニと同様に、飲食店やカフェのフランチャイズも立地条件や業務オペレーションによって成功するか左右されます。

飲食店やカフェは、初めての起業や独立に人気がありますが、その過半数は開店後2年以内に閉店するデータが出ています。飲食店やカフェは、他の業界よりも立地や名前に影響されやすい点に注意しなければなりません。

例えば、愛知県発のコメダ珈琲は、人気のシロノワールを始めとした独自開発のメニューが人気です。フランチャイズ加盟店は500店以上になりロイヤリティが固定なのも人気の秘訣です。

業界大手のドトールコーヒーは、長年蓄積されたノウハウにより、立地や顧客層によって効率的に収益化できるのがポイント。

こちらもあわせてお読みください
フランチャイズで実現!あなたも夢のカフェオーナーに

③美容・エステサロン

おすすめポイント

・市場規模が年々拡大

・低資金で開業できる

・フランチャイズは手厚サポートあり

美容業界は、ヘアスタイルやメイク、エステサロン、ネイルサロン、まつげエクステ、脱毛サロンなど種類も多く、競争も激しいのが特徴です。

個人開業となると施術に必要な材料費やテーブルや椅子、ベッド、エステシャンの雇用など準備するだけでも期間と費用がかかってしまいます。フランチャイズならば、ビジネスに必要な物や人の準備が整っているので、低資金でストレスが少なく経営できるのです。

エステシャンの場合は、資格を持ったスタッフを確保する必要がありますが、フランチャイズに加盟すれば問題ありません。最新のヘアスタイルを提案しているモッズヘア(mod’s hair)は、日本全国に80店舗以上あり手厚サポート付きのフランチャイズ。

例えば、物件選びから資金調達、内装工事といった初期段階の準備を本部からサポートしてもらえるので好評です。

他にも、市場規模が年々拡大しているネイルサロンは、確かな技術と安心の価格設定で人気のあるネイルクイックがおすすめ。ネイルクイックのフランチャイズは、技術指導の研修だけでなく、開業支援から接客技術のサポート体制があるので安心です。

④宅配・テイクアウト

おすすめポイント

・低資金でスタートできる

・リスクが低く初心者向き

・ロイヤリティも月額固定もあり

テイクアウトの平均客数と客単価は増加傾向にあり、市場規模は10年前から約15%アップしている注目の業界です。働く女性や共働き世帯は増加しており、一人暮らし高齢者も増えているので今後も成長する市場だと考えられます。

テイクアウトのフランチャイズは、お持ち帰りなので席を作る必要がないので、店舗設備は調理場のみでスタートできます。一般の飲食店と比べると、最小限の広さの店舗、従業員数の低資金でスタートできるのがメリット。

持ち帰りお弁当の業界シェアナンバー1のほっともっとは、開業資金は290万円の低資金、低リスクで始めることができます。ロイヤリティは月額固定の8万円なので、売上が良ければ良いほど、収益を増やすことができるのが嬉しいポイント。

⑤クリーニング

おすすめポイント

・清掃・管理事業は成長産業

・低資金で開業できる

・自宅兼事務所のハウスクリーニングが人気

清掃・管理事業は約4,000億円の市場規模があり、女性の社会進出や人口高齢化の影響で成長中の産業です。

自宅兼事務所で開業できるホームクリーニングのおそうじ本舗は、店舗や資格不要で低資金から始められるフランチャイズです。

清掃用具のレンタルサービスのダスキンSサーヴ100は、ハウスクリーニングや害虫駆除といったライセンスを取得できるので将来性があるフランチャイズです。

まとめ

今回は、初めての起業でフランチャイズ加盟店を考えている方のために、おすすめランキングをご紹介しました。

フランチャイズと一口に言っても多くの業界や企業があるので、メリットだけでなくデメリットも踏まえて自分に合うものを見つけることが大切です。需要が多く成長が見込める業界、そして自分が興味があり、長く続けられるものをポイントに絞り込んでいきましょう。

おすすめの関連記事

ーフランチャイズ加盟前に知っておきたい教育の話ー
フランチャイズ加盟前に「お金の話」よりも聞いておくべき「教育リテラシー」とは?

ーフランチャイザーを選ぶポイントー
信頼できるフランチャイザーの選び方

関連記事