<第3回>中小企業の真価が正当に評価される社会に

第1回の対談記事(会員登録なしで読めます)
<第1回>開業前に入っていた起業塾は3つ

AIでは出来ない人の心に関係する部分で、弁理士の必要性を見出す

【ミカタ編集部】
そのようなところから営業の開拓をしていくと言う事ですね。ありがとうございます。最近新聞等でもAIの発達が話題になっており、弁理士のAIによる代替率は92.1%と言う話がありました。士業の今後を原田先生はどのように見ていらっしゃいますか。

 
【原田氏】
商標申請については既にAIでやっている事務所もあるので、代替されていくだろうなぁと思います。特許申請についてもチューニングする情報を与えて最後に見直すという作業があれば、AIでも不可能ではないので、いずれ代替されると思います。ただ、チューニングするという部分が最後に必要になってきます。なので、今後は、書類を作成するソフトを大企業が作るでしょう。大企業が作って大企業が自社でそれを使うようになるので、今の日本の特許出願の9割近くが大企業によるものなのですが、弁理士の仕事はほとんどなくなっていくだろうと思います。
 
【ミカタ編集部】
そうしましたら、これからどんな取り組みが必要になってくると思いますか?

 
【原田氏】
かといってどうやって会社の中に眠る技術をより有益な特許戦略を踏まえた上で、有益な権利にしていくかというところは、会社の個別的な状況に合わせて考えなければなりません。知財を活用するためにより有効な権利を製品からとっていく方法をどうしたらいいのかと言う仕組みができていない企業はたくさんあります。そういったところの戦略、方針はAIではできない部分です。仕組み作りや社員教育、社員のモチベーションを上げる方法、人の心に関係する

残り1184文字

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。
入力は↓の3つだけ!30秒で登録完了!

会員登録がお済みの方はこちらからログイン

メールアドレスでの会員登録

利用規約

SNSからの簡単会員登録

Facebookログイン
Twitterログイン

関連記事