メールの歴史や時代の流れから詳しく知る!今の時代は何が主流?

ポイント
  1. メールの活用方法や手紙等との比較について
  2. メールにおけるメリット・デメリット
  3. 時代の流れで見るLINEやメールについて

今の若い世代の方にとっては、もしかするとメールって何?と言ってしまう方もいらっしゃるかもしれませんね。

昔から人は、人と連絡を取る手段として様々な方法を取ってきました

メールもその手段の1ということになります。

しかし、時代の流れによって、現在メールを使われる方は非常に少なくなってしまったのではないでしょうか?

それには、時代の流れも関係しますし、それによって様々なサービス内容に変化が生まれ、新しいものが生み出されてきたという背景があり、これからも時代が流れるにつれて、現在ある連絡手段よりも、もっと画期的なものが登場していく事と思われます。

今回は、ちょっと古いのでは?と思ってしまうようなメールに視点を当てて、そこから様々な歴史や連絡方法の手段を探っていきたいと思います!

メールの活用方法と、手紙やハガキとの比較

メールをよく利用されていた方にとっては、今でもメールは身近な存在として認識され、記憶に残っているという方も結構いらっしゃると思います。

しかし、今や、若い世代にとっては、メールってどんな機能があるのか?すら知らないという方も実際にはいらっしゃる事でしょう。

まずは、メールというものについて、再度確認をしておきたいと思います。

メールってそもそもどんな物なの?

メールは、今でいうお手紙のような物であり、それが電子化された形で相手に送信する事ができる便利なツールの1つです。

伝えたい内容を入力し、タイトルを添える事も出来ます。

そして、相手のアドレスに対して送信を行う事で、相手に届けば、相手側がその内容や文章を閲覧できるものです。

ですから、お手紙やハガキでいう、電子化されたバージョンと言って良いでしょう。

打てる文字数には限度がある場合がありますが、かなりの文字数を送信できますから、大変便利な機能となります。

また、現在では様々なメール機能が存在していますが、メールが登場する前では出来なかったファイルの電子化や、写真・画像・動画等の送信も行う事ができますから、そう言った意味でも私達の生活には、欠かせない物となりました。

お手紙やハガキの場合

お手紙やハガキの場合ですと、郵便局を利用される場合には、切手を購入して、それを貼り付け、相手先の住所、郵便番号、氏名、送る側の住所、郵便番号、氏名を記載し、ポストに投函するか、最寄りの郵便局に手渡せば、送る事が可能です。

お手紙やハガキの場合には、ポストに投函した、若しくは郵便局員に手渡した段階で、その日の集荷が終わっているかどうか?により、届く日に違いが生じてきます

例えば、集荷前にポストに投函されれば、その日の内に回収されますから、基本的には翌日か、翌々日辺りまでには相手側の郵便受けに投函される事となります。

ただし、問題となるのが、自然災害の影響や、郵便事故等によって、相手側に到着するのが遅れてしまったり、郵便事故の場合には最悪、送ったもの自体が紛失してしまうという最悪のケースも考えられます。

通常の配達の場合ですと、保険がついていませんから、郵便事故に合った場合には、返して貰えるとしても、せいぜい使った切手代程度であり、無くした手紙や書類に関して責任を持ってもらう事はできません。

これらの責任を求めたい場合には、書留等の保険のようなものを付ける必要性が発生します。

これだけで言ってしまうと、郵便よりも、メールの方が断然便利なのでは?と思われるかもしれませんが、これは、100%便利だと言い切れるわけではありません。

メールの場合、添付したデータを送信する事は可能ですが、相手側の都合を考慮した場合や、その内容に関しては、書面の方が良いケースがあります。

例えば、捺印をしなければならない書類や、内容証明郵便、その他重要な書面の場合においては、データよりも書類が必要となる場合があるからです。

また、市区町村役場等から発行されるような公的な書類等についても、データで送られるわけではありませんし、その方が危険です。

このような場合には、郵便を利用する必要性が出てきます。

更に、郵便に関してとても良い事は、例えばお手紙やハガキですと、相手の字を目で見る事が出来るという点にあります。

メールの場合は、打ち込んで送信しますから、どうしても活字になってしまい、味わいに欠けてしまいますが、直筆で書かれたものであれば、どこか嬉しさという感情が出るという方もいらっしゃると思います

その点は、郵便の魅力だといえるでしょう!

メールに関するメリット・デメリット

メールについては、郵便と比べてかなり早く、相手側に到着するというのが最大の魅力だと思われます。

しかし、場合によっては、相手側に何等かの不具合が発生していたり、メールアドレスが変更になっている場合には、あなた自身は相手に送信したにも関わらず届かないと言った事態が発生します。

また、メールは、郵便よりも、少しライトな考え方を持たれている方が多いですから、送信したとしても、いつ確認されているのか?読んでくれているのか?ということが具体的に分かりませんし、ライトに考えてしまったせいで、返事をする事を忘れてしまうという場合もあります。

こうなると、送信した側からすれば、相手から返事がない事に不満を覚える可能性が出てきますし、数日後に思い出して送信したとしても、その空白の時間が相手にとっては不安材料ともなりかねません。

更に、メールの場合、電波で送られる物ですから、セキュリティがしっかりしていないと、他に流出してしまう可能性がリスクとして伺えます。

今の時代は、私達が思う以上にハッキングが行われている時代ですから、セキュリティ対策は万全に取っておく必要性があるといえるでしょう。

ただ、前途でも述べているように、送信すれば、数秒から数十秒で相手側に送る事が可能なわけですから、その点では大変便利だといえるのではないでしょうか?

今の時代はメールよりもSNSの時代?LINEについて

ここまではメールについて視点を置き、お話しをさせて頂きましたが、現在の世の中では、主に何が使われているのでしょうか?

その答えは、LINE等のSNS、つまりソーシャル・ネットワーキング・サービスです。

SNSにも様々ありますが、LINESNS1つであり、メールの代わりとして誕生したようなアプリの1つとなります。

恐らく、現代、日本に住まれている皆さんの中の多くが、このLINEを使用されているのではないでしょうか?

LINEも、電子メールのような物ではありますが、仕様としては少し違いがあります。

まず、LINEのアプリをダウンロードし、必要な登録を済ませます。

メッセージについては、メールと同じように打ち込む事ができ、相手に電子メールのようにアプリ内で送信をする事が可能です。

LINEの最大の特徴は、なんと言っても「既読」というマークが付く事ではないでしょうか。

少し前にも流行語となった「既読スルー」という言葉は、現在でも多くの方が使われていると思います。

ここで問題となるのが、相手がその文章を読むと「既読」、つまり、すでに読みましたというマークが付きますよね。

それに対し、返事がない場合、既読したのにスルーされた、すなわち「無視された」ということになるわけです。

これも、アプリ特有の便利さが影響している可能性が否定できません。

手軽であるからこそ、返事はあとでいいや。または、これは返事しなくて良いや。等、互いの価値観が違った場合に、既読スルー等の状況が発生しやすいのではないか?と考えます。

逆に、何日も既読にならなければ、どうして既読にならないのだろう・・・と余計な不安を煽る原因にも繋がってきてしまいますね。

ちなみに、今では、この既読スルーの問題を解決してしまうアプリも登場しています

既読を付けなくても、LINEと連動させる事によって、送られてきた内容を閲覧する事が可能という、時代のニーズに合わせたアプリとなっております。

話を戻しますが、上記で紹介した内容が、LINE特有の、皆さんが何かしら考えてしまう問題点ではないかと思うのですが、やはり日本ではSNSのメッセージアプリにおいては、LINEがトップシェアとなっているのです。

様々な背景が考えられますが、使いやすさや、可愛らしいスタンプ等、感情表現が豊かに行えますから、使いやすいのではないかと思います。

また、LINEの場合は、無料で通話をする事が出来ますし、その通話を通じて動画でも通信も行う事が出来る為、非常に便利です。

このような事から見れば、メールからすると、次世代の最新的なメールアプリと言っても良いのではないでしょうか。

関連記事