生産性とは?効率よく仕事をする為に必要な考えや方法について

ポイント
  1. 生産性とは?基礎知識を知ろう
  2. 生産性が低い会社の実例
  3. 残業することは生産性を下げる?

世の中には、様々な生産に係る仕事をしている会社や、企業が沢山存在しております。

その生産性については、皆さんはどのようにお考えをお持ちでしょうか?

また、生産に係る仕事だけではなく、生産性はあらゆる場面において重要な性質を持っています

今回は、仕事や企業に係る生産性と、どのようにすればその生産性が高まるのか?や、それらの為に必要となる考え方や方法などについてお話をしていきたいと思います。

生産性って何?基礎知識を解説

そもそも、生産性とは、一体どのような意味を表しているのでしょうか?

まず、基礎知識から解説させて頂きますが、生産性というのは、「人が労働を行った時間に対し、どのくらいの成果が得られたのか?」という意味となります。

様々な仕事に対し、その労働を行った方1人が1時間の間に行った生産性については、「労働者生産性」とも呼ばれ、世の中で仕事をする方々の中でも、重要な要素を秘めているのです。

ですから、物を生産する場合には、必ず人必要となりますし、生産をしない業種であったとしても、仕事をする上では、生産性という言葉が使われているというわけなのです。

生産性の具体例

人が仕事をする場合には、例えば1人の人が、1時間に10個の仕事をこなすのが平均だと仮定するとします。

この場合、1人の人が作る事ができたものが、5個である場合、生産性は落ちてしまいます

これが生産性を表す上で、非常にわかりやすい表現なのではないか?と思われます。

逆に、1人の人が、1時間の間に15個の仕事をこなした場合には、生産性が高いと表現できるということですね。

この生産性が高まれば、会社としても利益に繋がりますし、生産性が落ちてしまうような場合には、対策を考え直す必要性が出てくるということになるのです。

仕事をする上では、生産性は大変重要な事であり、これらを無視してしまうと、場合によっては会社に大きな損害を与えてしまう可能性があります。

これらを常日頃から考慮することで、会社を存続させていくというのは、大切なことなのですね。

実際にあった生産性が低い実例の会社

その会社は物を造る製造業を行う会社として運営をしておりますが、実際に起きている実例として、生産性が悪くなっている実態をお話させて頂き、より深く理解して頂きたいと思います。

その会社は、長い間存続している小さな会社です。従業員もそこまで多くはありませんが、事業内容から、かなり神経を消耗してしまうような、繊細な仕事をする会社でした。

いつもの取引先から受注を受け、その仕事もいつも以上に繊細な仕事となるようなもので、様々な人が絡み、生産に取り組みました。

しかしながら、問題となったのが、自動で行う事ができる機械の1つが、何かしらの理由によって壊れてしまっていたのです。

この場合は、手動によって物を造っていかなければなりませんから、余計な時間やコストがかかる事は、すぐに予測できたはずです。

しかし、会社の業績的にも不安定な時期であり、その壊れた機械を修理できず、経営者より従業員へこう通達が行われました。

「修理業者を呼ぶ前に、その機械の説明書を読んで、まずは自分たちでどうにかしてくれ」

びっくりされた方もいらっしゃる事でしょう!確かに、修理業者を呼んで依頼をした場合には、その分のコストがかかるわけですが、お願いした方が確実に修理できますし、その後の他の仕事についても使用できる為、一時的に費用がかかりますが、依頼をして直すべきだと考えられた方は、正解です。

しかし、実際の所は、修理業者を呼ぶ事はできず、かと言って従業員も仕事で手いっぱいの為、どのように修理すれば良いのか?を調べる暇もありません。

また、仕事内容柄、精神的にも追い詰められますから、普段からスタンダードな状態で精神面が疲労している中、機械が壊れているせいで、仕事の効率が悪くなり、その上会社の業績が悪いという事で、給与まで減らされている状況だったのです。

これは、説明するまでもないですが、生産性が落ちるのは当然のことであります。

生産性には、物が関わりますが、そこには人も関わるのです。

精神を削り、出来もしない膨大な量の仕事内容や、給与まで減らされてはやる気さえも無くしてしまいます。

後に、詳しくお話しますが、ここで残業をすれば、ある一定の所までは仕事が片付く可能性は出てきますが、残業代というコストがかかります。

更に、生産性として悪い面が、従業員の体力的な部分や、精神面において疲労を伴わせてしまうという点です。

これでは、いずれ息が続かなくなってしまいますし、向上心も無くしてしまうことでしょう。

その時、その時の会社の状況は、従業員にもある程度影響を及ぼしますから、致し方ないこととも言えるのですが、この例においては、「ただ修理業者を呼ぶ」という判断を下せば、その他に起きるリスクや生産性の低下を回避できたのではないか?と推測します。

実際に、この企業の場合は、従業員がそれぞれ残業をする事によって、結果的には依頼を遂行できましたが、その後の従業員の意欲が低下した事はいうまでもありませんし、実際に転職者が出てしまい、人員が足りなくなってしまいました。

そして、時間がかかったせいで、納期にも間に合わず、取引先の信頼まで失ったというケースでありました。

このような具体例があると、理解しやすいと思うのですが、仕事としての生産性を上げるということは、あらゆる方面から物事を考え、遂行していく必要があるということが十分に分かるケースだと考えられます。

生産性と、一言で言っても、そこにはあらゆる要素が関与しているということを理解して頂ければと思うのです。

関連記事