ストーリー~コンテンツ作りでは、どのように作成すれば良いの?~

ポイント
  1. ストーリーとは?基礎知識
  2. 記事作りでストーリーは必要なのか?
  3. ライティングとコラムの違いを知ってストーリーを考えよう

世の中の作品は、膨大にあり、そこには様々なストーリーが描かれています。

このストーリー自体が無くなってしまうと、どうなってしまうのでしょうか?

例えば、映画やドラマ、漫画などで考えてみて下さい。

作成の段階で、ストーリーがないと、結果的にどのようなものになってしまうと考えますか?

映画やドラマ、漫画などの物語の中には、主人公がいたり、その性格や価値観、それらの情報から入って、様々な展開が繰り広げられ、そして結末を迎えるという、一定の流れが存在します

もしも、いきなり結末を流してしまった場合、一体何の話だったのか?という疑問だけが残り、作者が何を訴えたかったのか?が全くもってわからない作品に仕上がってしまうのは間違いないでしょう。

このように、作品をつくる上では、様々なストーリーが盛り込まれるのが一般的であり、表現の方法はそれぞれで違うものの、一定のストーリーがなければ、中々完成形にまでたどり着く事ができません。

ちょっと想像してみて下さい。この記事を今読まれている方が、「ストーリーは結果的に必要ですよね!」と冒頭から書いている場合、そのプロセスが一体なんだったのか?が気になるでしょうし、「それで一体何が言いたかったの?」となってしまいませんか?

この場合、結末を最初に書いてしまい、その前段階で必要なストーリーが記載されていないと、意味不明な記事となってしまうわけです。

例では映画やドラマ、漫画と述べていますが、今回は、マーケティングの中でも必要となる、コンテンツ(記事)作りについて、どのようにストーリーを盛り込んで作成すれば良いのか?を、確認していきたいと思います!

ストーリーとは一体何なのか?

まずは、記事を作る前に、ストーリーに関する基礎知識をご説明しておきたいと思います!

そもそもストーリーというのは、物語等の、小説や映画、ドラマ、漫画などにおけるを表しています。

ですから、その物語の中において、起きる様々な出来事に対し、起こった時間などに沿った形で並べられるのがストーリーだとされております。

ただし、全ての作品などが、このストーリー通りに作られるわけでなく、例えば推理小説や、刑事事件もの等のドラマや映画などでは、事件が起きて時の出来事は、構成を再構築させ、最後の段階で事件の真相などを表現する場合が多くなります。

それはそうですよね!推理小説や事件物を読んだり観たりするのに、最初に犯人が分かっている場合は、非常に稀なケースですし、答えが分かってしまっている以上、その後のストーリーを観ても、面白くないと思われる方も多いと思われます。

このように、ストーリーとは、その出来事の時間に沿う形で並べられていきますが、小説や事件が関係するような内容の作品については、作者において順序を入れ替えるなどの再構築が行われているというわけなのです。

ですので、1日目にこのような事が起きて・・・2日目にこうなってしまったというような一定の流れだけが、全てのストーリーではないということになりますね。

ちなみに、ストーリーとは別で「プロット」と呼ばれるものがあります。

プロットは、ストーリーとは分けて考えられており、基本的にはストーリーにおける要約という区分に該当します。

つまり、ストーリーの中で、重要な部分をまとめたものがプロットに該当するのです。

基礎知識として、まずはストーリーとプロットは別物であるという事を理解しておいて頂きたいと思います。

コンテンツ(記事)作りにおいてストーリーは重要か?

次は、上記の解説をもとにして、コンテンツの記事作成におけるストーリーを確認してみることにしましょう。

そもそも、コンテンツという記事については、ホームページを運営されている方にとっては、大変重要なものであり、一定の期間で作成をしてUPさせる事は非常に重要です。

それがコンテンツマーケティングであり、マーケティングの中でも大きな要素を秘めています。

コンテンツマーケティングについて、少し触れておきますが、世界の中でもトップシェアとなるGoogleは、コンテンツ(記事)について、良質であり、かつ価値があるものを理念として正式に発表しており、その記事は全て検索ユーザーの為にあらねばなりません。

結果、ファンとなってくれる方々が、実際にその企業などの印象が良くなり、利用されるという結果がコンテンツマーケティングなのです。

ですから、記事というコンテンツの作成や、読み手にとって価値があるものを作成し、UPした結果、後からついてくるものがマーケティングという事になるわけですね。

ですから、この事からいえる事は、コンテンツ記事の中身は、読み手となる検索ユーザーにとって、分かりやすい内容にしなければなりませんし、極論になるかもしれませんが、難しい内容で、結果的に何が言いたいのか分からない記事だった場合、ユーザーにとって価値があるとは到底いえないことになります。

ですから、コンテンツ記事を作成する上でも、それなりのストーリーは考える必要性があるといえるのです。

例えば、法律に関する内容を記載した記事を作成するとしましょう。

法律に関する仕事を行う方というのは、基本的に専門家である場合が多く、そこには法律用語などの専門用語が沢山存在します。

ここでやってはならない事というのが、専門用語の羅列が一例としてあげられます。

読み手は、その記事を閲覧することで、自分が抱えている問題を解決したり、不安を解消する、または興味があることを解決したりします。

その記事を読むということは、分からないから読むわけですから、余計に分からないような専門用語を沢山使ってしまうと、余計混乱してしまうわけですよね。

ですから、例として上げるならば、「このような法律があり、これを専門用語で〇〇というのですが、これの内容は△△という意味になります」と書かれている記事であれば、大変良質な記事といえるわけです。

逆に、「これは〇〇という法律に該当します」と書かれても、読み手は「?」となってしまい、読んでも理解できない為、他の記事を閲覧しようと、ページを離れてしまう事でしょう。

少しストーリーとはかけ離れるようにも思えますが、これも一種のストーリーではないかと思われます。

まずは、このような法律があるということ、そしてその法律にはこのような内容が含まれているということ、そして、その結果がこうなるという、一定のストーリーが設けられていると表現できます。

ですから、ただ単純にコンテンツ記事と言っても、そこにはストーリーを応用するような形で作成すべきであり、その方が読む側にとっても理解が深まる為、良質な記事と判断されやすいと推測できます。

このように、たかが記事だと言えど、されど記事なのです。

しっかりとしたストーリーを考え、その題材を解説する為には、どのような方法で作成した方がよいのか?という、構成をしっかりと考えて作成を行っていきましょう!

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事