フランチャイズ加盟店の本音!〜Dr.ストレッチ〜

ポイント(この記事は5分で読み終わります)
  1. 縁があってフランチャイズの加盟店へ!Dr.ストレッチの強みとは?
  2. 加盟店が抱える人材問題、採用をうまく進めるコツとは?
  3. 本部からのサポートで

多くのイベント運営に携わっている株式会社グットウェーブでは、法人としてフランチャイズに加盟し、現在11店舗の運営を行なっている。加盟店の運営とは別に、フランチャイズ本部として運営も行なっているグットウェーブ。フランチャイズ本部と加盟店側の両方の立場からのお話を常務取締役の鈴木亮さんに聞いた。

縁があってフランチャイズの加盟店へ!Dr.ストレッチの強みとは?

ーグットウェーブさんは、フランチャイジー側とフランチャイザー側をやられてるということで、両面のお話をお伺いできればと思っています。まず、加盟店としてのお話からおうかがいさせていただきます。まず、現在加盟されているDr.ストレッチですが、加盟のきっかけはなんだったんですか?

まず、うちの会社の成り立ちからお話させていただくと、元々うちはイベントの運営などをメインでやらしてもらっているんですよ。実はうちの社長と、現在加盟しているDr.ストレッチの本部の社長が同級生というご縁がありまして。

Dr.ストレッチが「フランチャイズをはじめます!」っていう段階から声をかけてもらって、協力という部分も含めて始めたんです。

ー実際にフランチャイズをはじめてみていかがでしたか。

Dr.ストレッチは店舗展開が早かったですね。まあ新しいものだったってことも含めてですけど、本部側としても我々としても非常に速いスピード感で店舗展開が進んでいったなという印象があります。それを可能にしているのがフランチャイズですよね。

ーやっぱり店舗数が増えてくのって、それなりの理由があると思うんですけども、Dr.ストレッチのサービス面ではどの部分が優れていると思いますか?

Dr.ストレッチが出てくるまでは、身体の調子が悪い時にいく場所って、マッサージや整体が主流だったと思うんですよね。その中にDr.ストレッチ登場したんです。

Dr.ストレッチが新しかったのは、プロスポーツ選手が取り入れてるような、施術が受けられるという点です。基本的にマッサージで扱うのは表層筋という筋肉なんです。でもコリや身体の不調の原因となっているのはその下の深層筋なんですよね。そこに直接アプローチすることができる点が他にはない新しい取り組みでした。

その分ちょっと痛みだったりとか、キツさみたいなものがあるんですけど、そこにアプローチしていくことによって確実に身体が変わっていくってのを体感できるというのがアピールポイントですね。

ー今は何店舗くらいをされてるんですか?

現在は、関東が5店舗で、来月新たに1店舗オープンします。関西が6店舗なので、トータル11店ですね。

グットウェーブ常務取締役の鈴木亮さん

ー最初は1店舗から始められたんですよね?だいたいどれくらいのスピードで今の数まで拡大されてるんですか。

今、1店舗目を出してからだいたい7年くらいなんですが、店舗を増やしたのは、最初の2~3年くらいですね。1店舗目の自由が丘店が当たって、そっから速いテンポで出店していったんですね。ここ数年は、新店舗をそこまで出していないんですけどね。

ー結構なスピードで増やされたんですね!Dr.ストレッチ自体はいま全校に何店舗くらいあるんですか?

全国で110店舗くらいになってきたのかな。

加盟店が抱える人材問題、採用をうまく進めるコツとは?

ー出店場所は加盟店側で決められるんですか。

そうですね。本部からの物件紹介などのサポートはありますが、基本的に希望はこちらのほうが出しますね。でも、お願いすれば物件の紹介から、マーケティング調査も含めてやってもらえますよ。

ー人材面でのサポートについておうかがいしたいのですが、トレーナーさんの教育まの加盟店で行うんですか?

Dr.ストレッチの場合は、やっぱりトレーナーがキモなので、研修や教育の部分は本部が学校を開いて行なっています。この学校というのは、Dr.ストレッチのトレーナーを育成するのもそうですけど、こういった業界全体を良くするっていう意味で、ストレッチのトレーナーを育成していますね。

平均で1ヶ月~と2ヶ月、みっちりと研修を行なって、ストレッチの専門知識とサービスを学んでいただくんです。


 

ーその学校を卒業された方が、各店舗に派遣されるというシステムなんですね!では、人員確保についてはあまり苦労はないんですか?

ありますね(笑)採用は加盟店で行うので。こちらで採用して、その人達を学校に送って研修をしてもらうという流れなので。

ーフランチャイズの取材させていただく中で、人員の確保が大変だっていう話をよく聞くんですが、何か工夫してることってありますか?

元々がうちイベント会社だっていうのもあって、アルバイトの求人は15年位やらせてもらってるんですよ。やっぱり、昔に比べて今は求人が難しくなってきたなあと思います。

でも、ずっと求人活動を行なってきた中でデータやノウハウがあるので、うちの場合は、特に若年層への求人に対しては、ほかの会社さんよりはアドバンテージがあるかなと思っています。その辺りはかなり研究しながらやってますね。

ー求人にもコツってあるんですか?

一番大事なのは、求人を人任せにしないということですね。求人担当の方って、毎日たくさんの案件預かってるわけで、その中で1社1社オリジナルの求人を出してくれるわけじゃないんですよね。

それでも向こうはプロなので、プロに任せてるっていう安心感があるので、こちらから何かアピローチをしようとはなかなか思わないんですよ。でも、それだと他と違った差別化のある求人広告つくれないんですよね。

採用活動をするときは、こちらがイニシアチブ握って、マーケティング調査をして、他の求人との差別化を計らないと採用は難しいですね。

この辺りは、お店作りと一緒だと思うんですけど、自分たちの強みをアピールして、「こうゆう風に作ってください!」って積極的に伝えないと同じような求人がならんでしまうんです。

ーなるほど、差別化が大切なんですね!先ほど、若年層への求人に強いというお話をされていましたが、ターゲットによっても求人の仕方は変わりますか?

全く違いますね。当然、シニア層にささるキャッチコピーと、若年層にささるキャッチコピーは全く違うと思うので、年齢層や、性別、経歴など、ターゲットを明確にした上で求人を出すことも重要ですね。


鈴木さんは求人についての本も執筆しているという

ー人任せはダメなんですね…。採用に関する面で、本部側からの支援などはありますか?

うーん…。基本的に採用の部分は加盟店に任せますといった感じですね。

本部と加盟店が同時に求人媒体で募集をかけると、やっぱり本部の方に人は集まりがちなんですよね。条件を一緒にしたとしても、他につく付加価値を含めて冷静に考えるとやっぱり本部の方に行きやすいんです。

なので、今は本部で採用した人を加盟店に割り振るっていうサポートが始まりました。そういう本部って少ないんですよ。やっぱり本部も人材を集めるのに苦労しているので…。

本部と加盟店が人材を共有するっていうの、なかなか確かに難しいのはわかるんですけど、そこは協力し合う方が結果、お互いのためになるんですよね。

ー特に売り上げのいい加盟店が人員を確保できないから閉店…なんてことになった方が本部としては損失が大きいですしね。

そうなんですよ!前に、5~6つの加盟店が一気に同じ求人媒体に広告を載せてることもあって…。そうなると人材の取り合いじゃないですか。だったら、一括で人を集めて割り振った方が絶対にいいんですよね。

本部からのサポートで

ー採用面以外での本部側のサポート面で助かっていることはありますか?

一番は教育面ですよね。技術っていうのは、僕らではどうにもならないところなので。本部が年月をかけて培ったノウハウを短期間で学ぶことができるというのはフランチャイズの一番のメリットですからね。

それに加えて、売上の上げ方だったり、マネジメントの仕方など、そういったものを一緒に学ばせてもらえるのは大きいですね。

Dr.ストレッチさんの創業期から一緒にやらせてもらってるんで、学校を作ったりなどサポートの面をどんどん改善してくれているので、そういった面ではとても助かっています。

ーフランチャイズの本部によってはかなりルールが厳しくて、思うように運営ができないなんて声も聞きますが、いかがですか?

Dr.ストレッチの場合は、結構自由にやらせてもらってますけど、前に加盟していたフランチャイズ本部は全く自由がなかったですね。

ーこのあたりの自由度ってフランチャイズの課題の一つかなと思うんですが、自由度をあげすぎると、ブランドイメージを守れなかったり本部側としては大変な部分も出てくるじゃないですか。加盟店、本部を両方されてる立場としてはこのあたりどう思われますか?

確かに本部側からすると、ブランドや運営の仕方を統一しなきゃいけないっていう部分もすごくわかるんです。

そのルールの中で売り上げが伸びていれば問題ないと思うんですけど、売上が悪くて、なんとか改善したいという時に、これもダメ、あれもダメって言われて、なら、他の形でサポートしてくれるのかといったらそれもなくてっていうのは違うのかなって思いますね。

ーそうですよね。これは本部と加盟店の両方を経験されているからこそ思われることですよね!後半では、フランチャイズ本部としてのお話をお伺いさせていただければと思います!

フランチャイズ本部の起業ストーリー~MITTNESS ~へ続く

ストレッチ専門店 Dr.ストレッチ

おすすめの関連記事

ー飲食店フランチャイズ加盟店の本音を聞くー
フランチャイズ加盟店の本音とは!?〜ナポリの窯〜

ーメリットとデメリットを押さえておこうー
フランチャイズで起業。メリットとデメリットを熟知しよう!

- 本気で1億円達成したいなら -

無料会員に登録すると、起業家が年商1億円を達成するために必要なノウハウや会員限定向けの起業家インタビュー、注目の新刊本レビュー、助成金に関するニュースなどが毎週メルマガで届きます。
年商1億円を達成したい経営者はいますぐ登録しよう。すでに5,000人以上の経営者が読んでいます。

メールアドレスで登録

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事