【事業承継】農業×エンタメの力で銚子を盛り上げたい!15代目が目指す農家の新しい形〜前編〜

赤い髪に大きな緑のリボンをつけた美少女の着ぐるみが銚子の町を歩いている。彼女の名前はリコちゃん。
トマトをイメージしたキャラクターです。リコちゃんを生み出したのが15代続く農家の跡取りで、ウッド村ファーム総合Pの木村宏之さん。

農家の伝統を守りながら、固定概念を打ち破り新しいことへチャレンジを続ける木村さんに新しい農家のかたちと銚子への想いについてをうかがいました。

53668500_633128287129251_4794712429088997376_n (1)
町を歩くリコちゃん

まずは簡単な自己紹介をお願いします。

助っ人編集部

木村宏之

ウッド村ファーム総合Pの木村宏之です。

プロデューサーという肩書きはちょっと仰々しいので(笑)総合Pという肩書きにさせてもらっています。

ウッド村ファームはうちの嫁さんで代表のAKIKOと僕の二人で「歴史ある農業を大切にしながら、新しい事に挑戦したい」という想いのもと運営しています。

大根・キャベツ・トマトをメインに、夏場はお米やトウモロコシなどの栽培と加工品の販売をしています。

農家の15代目として家業を引き継ぎつつ、僕らの作った野菜を多くの人に知っていただこうと、オリジナルキャラクターを使ったPR活動を行なっています。 

家業を継がれることへの葛藤などはなかったんですか? 

助っ人編集部

木村宏之

特にないですね。
ずっと継ぐつもりでいたので。

両親からは継げと言われたことはなくて、どっちでもいいと言われてたんですが、自分で勝手に「自分は農業をやるんだ」って思っていたんです。

僕には3歳と1歳の子供がいますが、うちの両親と同じように「絶対に継いで欲しい!」とは思ってなくて、選択肢の一つとして農業があるくらいでいいのかなって思っています。

54279489_508387566356279_864307983012593664_n 

家業を継がれる前は何をされていたんですか?

助っ人編集部

木村宏之

昔から家業を継ごうと決めていましたが、農家以外の世界も知っておきたいという思いがあり、高校を卒業して警備会社に就職しました。

会社では警備員の仕事と、資格をとり警備員を教育する仕事をしていました。

8年ほど勤務して、実家に戻り、現在は本格的に農業を行なっています。戻って来てちょうど10年くらいになりますかね。

ご実家に戻られて先代とお仕事をされる中で、やりにくい部分などはありますか?

助っ人編集部

木村宏之

毎日がぶつかり合いですよ(笑)

本当に細かいところで揉めます。
こっちは効率を意識してやっているんですけど、あっちはこのやり方が一番なんだっていうのがあって、そこで揉めるんですよね。

でも、揉めるといっても小さいことばかりなので、そこまでやりにくさはないですね。
割と好きにやらせてくれていると思います。

528198235378636313_IMG_8324 

ウッド村ファームとして事業を展開されたのはいつ頃からですか?

助っ人編集部

木村宏之

ちょうど5年くらい前ですね。

そのころちょうど結婚したんですが、お嫁さんから「何か新しいことをしよう」という話があって。
ただ、嫁さんは新しいことを始めたいけど、それが何かってところまでは明確になっていなかったんです。

僕はもともとアニメなどのサブカルチャーが好きだったので、好きなことならアイディアも湧くし楽しくできるんじゃないかなと思い、「自分がやりたいことについて来て欲しい」と嫁さんに提案して話がまとまりました。

ただ、「農業という軸は変えずにそこからどんどん新しいことに発展させていこう」ということは最初から決めていて、そこだけは今もぶれないようにしていますね。

 

ウッド村ファームを始めるに当たって先代からの反対はなかったんですか?

助っ人編集部

木村宏之

そこまで大きな反対はなかったんですけど、「最初は何やってんの?」みたいな感じでしたね。

「そんなことしないで普通に農業やって売った方がいいし勉強にもなる」って言われていました。

でも、ウッド村ファームを新聞で取り上げてもらったり、農協の広報に載せてもらったりするようになって、そのうちに近所の方からも「お宅のあんちゃん面白いことしてるね!」って声が父にも届くようになって。

そしたら、自分たちも嬉しくなったのか(笑)そこからは特に何も言われなくなりましたね。

実績で納得してもらったんですね!キャラクターの誕生秘話についてお聞きしてもいいですか?

助っ人編集部

54515557_255927298695664_464787226035748864_n
今では銚子のアイドル!リコちゃんの誕生

木村宏之

まず、ウッド村ファームを立ち上げた時に、野菜のPRをするならキャラクターを作るのがいいなって思ったんです。

知り合いに趣味でイラストを描いていた人がいたので、お願いしてキャラクターを描いてもらいました。

そこで誕生したキャラクターがリコちゃんですね。そこから他のキャラクターも増やしていきました。

 

54402660_566339893868811_3090796927357288448_n 
トマトやキャベツなどの野菜からデザインされたキャラクター達 ©ウッド村ファーム イラスト:キャロライナ300M 

どのようにリコちゃんの知名度を上げて行ったんですか?

助っ人編集部

木村宏之

最初はツイッターなどを中心にPR活動を行なっていました。

はじめはじわじわと広がって行ったという感じでした。

リコちゃんをパッケージに使ったトマトチキンカレーを作ったことで、市役所の若い観光課の方と知り合ったことは、リコちゃんの知名度をあげるきっかけになりました。
 

 

54257566_572821883223658_1500149394077384704_n
ウッド村ファームの「トマトチキンカレー」

木村宏之

観光課の方がつないでくれた方々が拡散してくれて、SNSでもブワッと広がっていきました。 他にも、各地の萌えキャラが集結するイベントに参加したりという活動を続けていって、リコちゃんは最近銚子市の特別観光大使にもなったんですよ!

それはすごいですね!

助っ人編集部

木村宏之

ありがたいことにリコちゃんのおっかけの女の子なんかもいて、皆さんに愛されてどんどん大きな存在になっているのは嬉しいですね。

 

54278620_367320067456037_8967222777186615296_n

銚子市に人を呼び込むこと!

木村さんはイベントもたくさん主催されていますよね?

助っ人編集部

53734537_311305259533055_3807220059563098112_n (1) 
イベントに参加するリコちゃん

木村宏之

最近ではEスポーツのイベントもやっているんですが、それはお金を取るためではなく、地域を盛り上げたいと思って開催しています。

他にもいろんなイベントを行なっているんですが、「このイベントの主催者って誰?」ってみたときに、実は農家がやっているってわかって、「銚子の農家やべえなっ!」って思ってくれたらいいなと。

銚子に興味がない人にいきなり銚子の野菜をPRしてもあまり響かないじゃないですか。

なので別の角度から攻めこもうと思っているんです。

新しいエンタメを農家が発信している。

そこをフックにして興味を持ってくれる人が増えればいいなと思っています。

中でも印象に残っているイベントってありますか?

 

助っ人編集部  

木村宏之

2016年と2017年に市役所や銚子電鉄に協力してもらって開催した「銚子フェスティバル」ですかね。

いろんな企業さんに足を運んで40社くらいの協賛を集めて開催しました。

ただイベントをやっておしまいではなく、ホテルとも宿泊プランを組んで、銚子に滞在してもらうことを目的として行いました。

この2年間は本当に大変で…死にましたね(笑)

とにかく、いろんな人に挨拶に行って、走り回りましたね。

でもそれで銚子の魅力に気づいてくれる人が一人でも増えてくれるならと思ってイベントは行なっています。 

 

image1(3)
「CHOSHIFESTIVAL」サイトより

後編に続く!【事業承継】農業×エンタメの力で銚子を盛り上げたい!15代目が目指す農家の新しい形〜後編〜 

おすすめの関連記事

脱サラして農業は失敗する?失敗してる人と成功してる人の違い

ソーシャルビジネスとは、定義、事例多数!〜社会起業家を目指そう! 

地方起業のメリット・デメリット・おススメの起業業種のまとめ 

農業生産者になりたい!農業で起業したいあなたのための

農業は稼げる?~農業起業の成功法則〜 

地方起業は、今どんな分野がおすすめ?

地方ではどんな動きが起きている?地方起業の失敗と成功とは

和歌山県の起業家が事業承継で組織改革と地域ブランドの確立に成功した話

『九州パンケーキ』の生みの親・村岡浩司に学ぶ起業とまちづくり

鎖国させない地方起業・地方創生の成功ポイント

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事

インタビュイー・対談参加者

桃井美里

桃井美里

2018年から、日本最大の起業・開業・独立者向けポータルサイト「助っ人」(www.suke10.com)の編集チームで、コラムを担当。 こども写真館「スタジオマリオ」の店長を経て「助っ人」編集部へ。 イラストや写真を用いて、難しく考えられがちな『起業』をもっと身近に感じることのできるコンテンツの発信に取り組む。 フリーでナレーター・MC・イラストレーターとしても活動中。
ツイッターもやっているので、ぜひ気軽にフォローを!→ スクリーンショット 2019-02-28 17.08.37