【北海道で起業!】長期インターンシップで「学生・若者の選択肢を増やす」

地域で活躍する多様な起業家を特集するこの企画。

地域社会から日本を盛り上げようという動きが強まりつつある2019年。今回は北海道を代表して、NPO法人北海道エンブリッジの代表理事である浜中祐之さんにお話をお伺いします。北海道エンブリッジは「学生・若者の選択肢を増やす」ことをビジョンとしているNPO法人です。浜中さんのお話をお伺いしながら、起業家マインドを探っていきます。

「仕事は楽しい」と伝えたい

―こんにちは、今日はよろしくお願いします。まずは浜中さんの会社の概要をお伺いさせてください

浜中)こんにちは、「NPO法人北海道エンブリッジ」代表理事の浜中です。当法人のメイン事業は、学生と企業の長期インターンシップを総合的にコーディネートすることです。具体的には、提携企業の中に新規ミニプロジェクトを立ち上げて、そこに学生を長期インターンシップとしてコーディネートしています。長期インターンシップを通じて、学生に「仕事は楽しい」「つくるって面白い」というのを経験して貰いたいと思っています。札幌でインターンシップを普及させて、起業も含めて学生の選択肢を増やしていきたいです。

image4(17)
真剣に、楽しむ「北海道エンブリッジ」

他には、「Into the Local」という事業も行っています。北海道エンブリッジは札幌を中心に事業展開をしていますが、「Into the Local」では北海道庁と連携することで、札幌だけでなく北海道全域に大学生が挑戦する機会をつくっています。また、「mocteco【モクテコ】」という高校生・大学生の創業支援のためのアイディア・場所を提供し援助する事業も行なっています。

image3(16)
大学生の創業支援にも積極的

―北海道エンブリッジに関して、長期インターンシップ生が新規ミニプロジェクトに関われるのは貴重な機会ですね。

その通りだと思います。これまで継続していた事業のお手伝いをするのと、新規事業に関わるのでは、経験できる内容が大きく異なると思います。実は企業の中には、新しく立ち上げたいけど人手不足で取り組めていない事業案が眠っているものです。私たち北海道エンブリッジは、そういった事業案を掘り起こし、学生・企業と我々の3者が協力して1つの事業立ち上げを行います。企業さんとの打ち合わせでも「そのプロジェクトは面白そうですね」とか「もっとこういうアプローチをした方が良いのではないか」と意見交換をしながら、設計から実現していくまでコンサルタント的な業務も継続して行ないます。この長期インターンシップ制度を通じて、学生だけでなく企業にとってもチャレンジングな企画になるように心がけていますね。半年のインターンシップの間で一定の成果を上げることを目標にしているため、3者とも必死です。時間が限られている中、必死で努力するからこそ、得られる成果物も良くなると思っています。

起業のきっかけは”インターン”に参加したこと

―なるほど、インターンシップのコーディネートを企業と学生側、両者の視点に立って行なっているわけですね。浜中さんがこういったインターンシップ事業に興味を持ったきっかけを教えてください。

そうですね、大学2年生の前半までは結構遊んでいて、飲み会・サークルを楽しむ普通の大学生でした。当時は漠然と、「社会の先生になりたい」と考えていて、まさか自分がインターンシップ事業で起業するとは夢にも思っていませんでした。2年生後半頃、「このまま社会の先生になって良いのだろうか。将来のイメージが湧かない」と悩み、それをゼミの先生に打ち明けました。すると「大人が集まっているところに参加してみたらどうだ」とアドバイスを頂き、とある会合に参加させて頂きました。その集まりで出会った広告業の若手社長の話を聞いていると、すごく面白そうで。「タダで良いから働かせて欲しい!」と懇願しました。その結果、「いいよ!」と二つ返事を貰うことができたので、2年生後半からそこでインターンシップ生として働いていました。

参加したその企業はいわゆるベンチャー企業でした。人数が少なかったというのもあって、初日から飛び込み営業をやらされていましたね(笑)でもそれが嫌だったわけでは決してなく楽しく働いていました。1ヶ月くらい飛び込み営業をしていたら、初めて「お兄ちゃん面白いから契約してあげるよ」とようやく広告が売れそうになり、会社に戻ると「契約書もお前が作れ」と言われました。実際に契約書を作って営業先に持っていくと、ハンコはあっさり押してもらえて、契約の頭金も振り込まれていました。そこでずっと高いと思っていたビジネスのハードルが、意外に身近にあることに気づきました。

image1(18)
インターンシップ時代の事業が新聞に掲載

この企業で数ヶ月働いた時、社内で「インターンシップのコーディネート事業を立ち上げる」というタイミングがあり、手を上げてコアメンバーとして、インターンシップのコーディネート事業の立ち上げに参画しました。自分自身がインターン生として働いていたので、インターン生と企業を繋ぐ事業は非常にやりがいを感じました。これがインターンシップに関わるようになったきっかけですね。

―インターン生として参加していた企業で、自らインターンシップ事業に携わるとは興味深いですね!とはいえ、ずっとその企業でインターンシップを続けることもできたと思うのですが、なぜ自らNPO法人を立ち上げたのでしょうか?

実は私のインターン先の企業は、経営の方針が徐々に変わり、大学4年次に解散することになったんです。最後は社内も代表と私の二人だけになって、会社に行っても私しかいないことも多々ありました。事業をたたむ準備をしていると、大学や企業、学生から「インターンシップに取り組みたい!」と言う声が多くありました。学生のために何とかインターンシップを継続させてやりたい。そんな想いから「社長がいなくても自分だけでこの事業を続けていくことはできるのではないか」という思うようになり、社長から許可も頂けたので、既存のインターンシップ事業を引き継ぐ形で起業するに至りました。

起業をするなら今しかない

―壮絶な経緯ですね、、、。そして浜中さんの学生への真摯な気持ちが起業に繋がったのがよく分かりました。ということは一般的な就職を経ずしての起業だと思います。不安はなかったのでしょうか?

そうですね、不安はもちろんありましたし、それ以上に親やお世話になっていた社会人の方からも大反対されましたね。当時は大手広告代理店への内定も決まっていたので、「就職して3年ほど勉強してから起業するのでも遅くはない」と、幾度と無く言われました。ただ自分の中では「今やりたいことがあるのにそれをやらないのはどうなのだろう」「身軽な時にチャレンジできなかったらずっとチャレンジなんてできないだろうな」という想いがありました。就職して3年も経てば結婚して子供もいるかもしれませんし、会社でもそれなりの仕事が任されるようになっているかもしれません。そうなれば、起業というリスクを背負うことに躊躇してしまうのではないかと思いました。

それならば若くてもリスクの取れる今のうちに起業しようと考えたんです。

―実際に起業してみていかがでしたか?

今までは企業の名前で勝負できていたことに改めて気づかされました。個人で営業してもすぐには信用を得られず、最初のクライアントが見つかるまで半年間かかりました。営業する感覚や、小さくても売上を立てていく感覚は学生時代に経験できていたので、自分が食っていく分くらいは稼げるという確信もありました。半年はかかりましたが、食べて行くことへの不安は少なかったように思います。

一方で、自分が起業家としてちゃんと成長できるのか、ダメな大人になってしまわないかという不安はつきまといました。起業すると全てが自由なので、全部自分で決める必要があります。怠けようと思えば、いくらでも怠け続けられますし、目標を下げることも自由です。学生時代に一人で立ち上げるからこそ、自分が育つ環境を自分で構築することには力を入れていました。例えば、定期的に打ち合わせして頂ける先輩起業家や、日報や週報を提出すると日々の活動にアドバイスしてくれるメンターの存在もありました。学生時代にお世話になったご縁で、東京など自分のフィールドの外から札幌に来てアドバイスをいただくこともありました。

自分で好き勝手ににやりたいから起業したいという話もたまに聞きますが、僕はそうではなかったので、積極的に内外から意見を頂くようにしていました。

image2(14)
image6(10)
起業当初のワンシーン

起業初期に頂いたアドバイスで大事にしていたものがあります。それは「10年間は依頼された仕事は全部やる」というアドバイスでした。この10年は様々な仕事をやりました。仕事がよくわからない時代から選り好みしていると、自分の仕事の幅や可能性が広がりません。本当は成長の機会に繋がるのに、未熟であるが故に気づかずに断ってしまうかもしれません。判断ができるまでは全ての依頼を「やります」とした上で、必ず提案で返す。様々な事業に関われたのは良い経験になったと思います。

―貴重な起業初期の話をありがとうございます!最近ではInto the Localという北海道全道でのインターンシップ事業を立ち上げましたね。浜中さんは北海道という地域性に強いこだわりを持っていると感じたのですが、地域で起業することの良い面・悪い面ってありますか?

僕は、起業するのに場所は関係なくなってきている、と考えています。地域で起業しようが、都市で起業しようが関係ないということです。「面白いことができているか」と思えば、東京や海外からわざわざ札幌にインターンシップに来る子もいます。移動経路が整い行き来しやすくなり、場所の障壁は超えやすくなっています。

とはいえ、北海道に拘っていないわけでは全くないです。ですが、北海道は他の地域と比較しても、海産物のような資源が豊富だったり、温泉やスキーが有名だったりと、多くの特徴を持っています。そういった「北海道ならでは」を生かした事業を展開することで、東京のような大都市とも差別化できる良い面があると考えています。

image7(7)
林業に挑戦する大学生

地方では「人口が減っていく、高齢化が進んでいく」という外部要因により、地域の中だけで完結する商売は縮んでいく可能性があります。しかし、地方の外とも繋がりやすい世の中ですから、面白いコンセプトで共感が生まれれば、どんな場所でも商売ができるようになると思います。その上で自分の育った地域に少しでも貢献できるように頑張っていきたい。これが現在の私の回答ですね。

次世代の起業家へメッセージ

―東京や海外から札幌にインターン生が来ているのは驚きました。「起業するのに場所は関係ない」というのも納得です。これまで多様な経験をされてきていますが、その経験を踏まえて、将来起業家を目指す若者へメッセージはありますか?

起業するなら「なぜ」を大事にしろとよく言われますが、「なぜその事業をやりたいか」という、いわゆるVISIONは、あっても良いですが、無くても構わないと思っています。

「なぜやりたいか」はやっていくうちによりクリアになっていくと思うからです。進んでいく上で磨き上げられて、最初の思いとは全く違う想いで事業をしている人も多く知っています。

私の場合も漠然と「教育に関わりたい」とは思っていましたが、最初からインターンをやって起業しようとは微塵も思っていませんでした。目の前にあることから一つ一つカタチにして、気づいたら自分の「やりたいこと」に目鼻が付いてくるのだと思います。

直感的で良いから、行動量・情報量を増やすようにすると良いと思っています。

―最後に、今後の展望をお願いします!

今後も「学生・若者の選択肢を増やす」というミッションに注力していきたいと考えています。そのためには私のようなコーディネーションができる人材を育成することが重要です。北海道内だけでも端と端では東京・大阪間くらいの距離があるので、一人で回していくのは困難です。

最近では国が副業解禁を後押ししているので、役場や大学で働いている人のような、若者とつながりの強い方々と協力して事業展開していきたいなと考えています。若い頃の私がそうであったように、若者にはぜひ選択肢を持って欲しい。そんな若者を応援していきたいですね。

執筆者:戸谷豪志

協力 ローカルクリエイターラボ

おすすめの関連記事

脱サラして農業は失敗する?失敗してる人と成功してる人の違い

ソーシャルビジネスとは、定義、事例多数!〜社会起業家を目指そう! 

地方起業のメリット・デメリット・おススメの起業業種のまとめ 

農業生産者になりたい!農業で起業したいあなたのための

農業は稼げる?~農業起業の成功法則〜 

地方起業は、今どんな分野がおすすめ?

地方ではどんな動きが起きている?地方起業の失敗と成功とは

和歌山県の起業家が事業承継で組織改革と地域ブランドの確立に成功した話

『九州パンケーキ』の生みの親・村岡浩司に学ぶ起業とまちづくり

鎖国させない地方起業・地方創生の成功ポイント

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事