総合トップ
起業
資金調達
会社設立
副業
マーケティング
事業承継
地方起業
フランチャイズ
シニア起業
税・会計・法律
士業
ビジネス
失敗

起業の特効薬!気鋭の起業家3人のお悩み解決対談!

ポイント
  1. 勝手にしやがれinTERACOYA

目次 [非表示]

最後の質問~会食で目上の人に気に入られるコツ

小渕:さぁ、では、最後の1人ですね。

質問者3:初めまして。僕は今、大学生なのですが、CROOZさんの「BIZ CAMP」で起業する機会を頂いて、今度起業させていただきます。

質問者3:今まで学生としか接したことがなかった中で、これから様々な大人の方だったり、出資して頂く方と、会食などの機会があると思うのですが、気に入られる特技や、これから社会に出る人に向けて、「これは、こうしといた方がいいぞ、お前」という点があれば教えて頂きたいです。

小渕:それは、一番得意ですが、あまり言えないですね(笑)安易に真似しない方がいいんですよね。とりあえず、岡村さんは、お酒飲まないんです。こう見えて一滴もお酒飲まないんですね。一緒に飲み行くと、必ずコーラを頼んで、僕らがノって来た時は、「乾杯。一気しちゃおうか」みたいな感じでしているんですね。

小渕:そうしたら、自分も付き合ってコーラで一気して。それで、僕たちが少し気持ち悪くなって、「トイレ行って来ます」って言うと、自分も「トイレ行って来ます」っていう方なんです。コーラしか飲んでないのに、吐きに行って来る。岡村さん、そのぐらい下戸なので、会食などで一切飲まない人なのです。

小渕:それでも、岡村さんは大きい仕事とか取ってこられたりするので、何か会食の時に気に入られるコツなどはありませんか?

岡村:基本、一番大事なのは、礼儀正しいことだと思います。若い起業家の方って割と、礼儀を知らない方が多いように感じます。割とタメ語だったり、自慢をしたり、虚勢を張ったり。目上の方にあまり良くないと、僕の中では思っているのですが、 ネット業界はそのようなが結構多いので、その中でしっかり礼儀正しくする。

岡村:これが一番重要だと思っています。あと、目上の方との会食ですと、奢ってもらうことになると思うのですが、その時に頂いたお酒や、水、お茶など、しっかり気持ちよくいっぱい飲んだり、いっぱい食べたり、「めちゃくちゃ旨いですよ」と表現する。そうしてくれた方が奢ってる方としては、気持ちいいですよね。

小渕:岡村さん、一緒に行ったときいつも、奢られるつもりで、「旨いです、旨いです」って言っているのですか?そういうことでしたか。通りで美味しそうにに食べてると思いました(笑)

岡村:違います、違います。

佐藤:家に来たときも、誰よりも食べますよね。

小渕:佐藤さんの奥さんが、「岡村さん、食べっぷりいいわー」ってそういうことなんですね。

岡村:僕、一応礼儀として、出されたものは、沢山食べ、飲むことが礼儀だと思うのです。そういう基本的なことをすると、気に入られるってことはないですけど、当たり前のことは、しっかりと出来る人だという、普通の評価にはなります。

小渕:時間少なくなってきましたので、岡村さん流の気に入られるための方法は、「ギャップ」ということです。礼儀正しく行くんですが、この見た目だから、まさか礼儀正しいなんて、誰も思わない。

小渕:ある意味、期待を裏切る感じの腰の低さが意表をつかれて良いのではないでしょうか?次からはこの髪型で、この服装で行って、それで、とても礼儀正しい。ぜひ行って欲しいと思います。頑張ってください。

小渕:楽しい時間っていうのは、過ぎるのが早いもので、そろそろお開きの時間と勝手にさせて頂きます。

小渕:次も声かけ頂かなくても、TERACOYAさんの所には、勝手に来てやらせて頂きますので、最後に恒例の一本締めで締めさせて頂きたいと思います。それでは、皆さんお手を拝借。「よぉーっ」「パン」。ありがとうございました。

おすすめの関連記事

ー先輩起業家の対談記事!ー
売れないバンドマンから経営者へ一度は諦めた起業の夢を叶えた秘訣はどんな時も学ぶ姿勢を忘れないこと

ー起業家に必要なスピード感とは?!ー
自分のやりたいことを貫き通せ!圧倒的なスピード感を持った起業家になるために必要な「共感力」を学ぶ!

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事