学生限定の起業家発掘ビジネスプランコンテストまとめ~関東編~

ポイント(この記事は5分で読み終わります)
  1. 学生で起業を考えたら知っておきたいビジネスコンテストとは?
  2. 学生にフォーカスを置いたコンテストが多くある
  3. 自分が学生だからという言い訳はせずにチャンスは作り出そう

ビジネスプランコンテストってよく聞くけど、学生の自分にはなかなかハードルが高い・社会人に勝てる気がしない、なんて思っている学生は多いのではないでしょうか。しかしながら、学生の若い発想・エネルギーを持った新規ビジネスに期待している団体は意外とたくさんあります。ここでは、学生がより参加しやすいような、学生限定・学生が参加者が多いビジネスプランコンテストを紹介していきたいと思います。

1.cvg学生ビジネスコンテスト

このビジネスプランコンテストは、1999年に大阪からスタートし、現在では全国7か所で開催されています。新事業ビジネスプランコンテストを通じ、日本の次代を担う若者の人材育成と新産業の創造を目的としています。起業家精神を養い、問題・課題解決型の人材を育成する教育事業プロジェクトとして位置づけられています。

【応募資格】
・1人以上5人以下のグループであること
・応募者が現役学生であること
・応募者が登記済の会社の取締役であり、事業を当該会社で推進する予定である場合は、その会社に他社の資本参画および資本参画計画がないこと

【応募部門】
・ビジネス部門
・テクノロジー部門

【賞与】
経済産業大臣賞文部科学大臣賞ソーシャルアントレプレナー賞など。

【場所】
北海道,東北,東京,中部,大阪,中国,四国

【TEL】
(東京)03-5644-7117 他はHP参照ください。

【HP】
http://www.cvg-nikkan.jp/

2.KING

このビジネスプランコンテストは、今年で21年目となる学生団体KINGが、ビジネスプランコンテストという手法を用いて、学生の意識改革・精力的な行動の後押しをする事を目的として開催されています。「学生に成長の機会をお届けする」という、熱い理念を持っています。
また、7泊8日間かけて合宿形式で、「本気で何かをしたい」「今までの自分と変わりたい」と考えている学生におすすめです。

【応募資格】
大学・大学院・短期大学・専門学校に在籍する全ての学生

【応募部門】
選考課題に対する考案

【賞与】
・決勝進出者:前田塾無料受講券
・TECHCAMP賞、TECHCAMP受講料2割引き、
・ワークスアプリケーションズ賞など。

【場所】
〒153-8902 東京都目黒区 駒場3−8−1【HP】

残り2404文字

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。
入力は↓の3つだけ!30秒で登録完了!

会員登録がお済みの方はこちらからログイン

メールアドレスでの会員登録

利用規約

SNSからの簡単会員登録

Facebookログイン
Twitterログイン

類似記事

関連記事