学生限定の起業家発掘ビジネスプランコンテストまとめ~関東編~

ビジネスプランコンテストってよく聞くけど、学生の自分にはなかなかハードルが高い・社会人に勝てる気がしない、なんて思っている学生は多いのではないでしょうか。しかしながら、学生の若い発想・エネルギーを持った新規ビジネスに期待している団体は意外とたくさんあります。ここでは、学生がより参加しやすいような、学生限定・学生が参加者が多いビジネスプランコンテストを紹介していきたいと思います。

1.cvg学生ビジネスコンテスト

このビジネスプランコンテストは、1999年に大阪からスタートし、現在では全国7か所で開催されています。新事業ビジネスプランコンテストを通じ、日本の次代を担う若者の人材育成と新産業の創造を目的としています。起業家精神を養い、問題・課題解決型の人材を育成する教育事業プロジェクトとして位置づけられています。

【応募資格】
・1人以上5人以下のグループであること
・応募者が現役学生であること
・応募者が登記済の会社の取締役であり、事業を当該会社で推進する予定である場合は、その会社に他社の資本参画および資本参画計画がないこと

【応募部門】
・ビジネス部門
・テクノロジー部門

【賞与】
経済産業大臣賞文部科学大臣賞ソーシャルアントレプレナー賞など。

【場所】
北海道,東北,東京,中部,大阪,中国,四国

【TEL】
(東京)03-5644-7117 他はHP参照ください。

【HP】
http://www.cvg-nikkan.jp/

2.KING

このビジネスプランコンテストは、今年で21年目となる学生団体KINGが、ビジネスプランコンテストという手法を用いて、学生の意識改革・精力的な行動の後押しをする事を目的として開催されています。「学生に成長の機会をお届けする」という、熱い理念を持っています。
また、7泊8日間かけて合宿形式で、「本気で何かをしたい」「今までの自分と変わりたい」と考えている学生におすすめです。

【応募資格】
大学・大学院・短期大学・専門学校に在籍する全ての学生

【応募部門】
選考課題に対する考案

【賞与】
・決勝進出者:前田塾無料受講券
・TECHCAMP賞、TECHCAMP受講料2割引き、
・ワークスアプリケーションズ賞など。

【場所】
〒153-8902 東京都目黒区 駒場3−8−1【HP】

http://www.king-waav.org/

3.面白ビジネスアイディアコンテスト

このコンテストは、『面白いビジネス』を評価するビジネスプランコンテストで、面白法人カヤックが主催しています。従来のビジネスコンテストとは違い、たとえ規模が小さくても、今までに存在せず、人がワクワクするようなビジネスを増やすことで、世の中をもっと面白くすることを目的としています。

【応募資格】
大学・大学院・短期大学・専門学校に在籍する全ての学生

【応募部門】
特に指定なし。

【賞与】
優勝 賞金30万円
面白法人賞 10万円
※面白法人賞は、カヤックがビジネスアイデアの実現を支援します。(希望者のみ)
THANKS賞 10万円

【場所】
ホットティー株式会社内 面白ビジネスアイデアコンテスト事務局

【E-mail】
bizicon_kayac@hottea.jp

【HP】
https://www.kayac.com/event/obc2011/

4.横浜ビジネスグランプリ

このコンテストは、アントレプレナーの歴史を持つ横浜が「世界に誇れる起業支援都市」となることを目指し、公益財団法人 横浜企業経営支援財団によって、開催されています。
横浜だけではなく、全国から事業アイデアを募ることにより、今後もベンチャー精神あふれる街であり続け、また横浜から輩出していくために、横浜で起業を目指す優秀な起業家予備軍及び起業家に事業化を支援しています。

【応募資格】
・一般:以下の①または②に該当する方
①1年以内の起業を予定し、横浜市内で事業を行う意思のある方
②横浜市内に事業拠点がある、もしくは事業拠点を置く意思のある法人・個人事業主で、新たな事業に着手してから3年以内の方

・学生:大学、大学院、短期大学、高等専門学校、専修学校、若しくは日本国内のこれらに準ずると認められる学校に在籍する25歳以下の学生で、将来横浜市内での起業を考えている方

【応募部門】
・一般部門
・学生部門

【賞与】
・最優秀賞: 賞状・副賞50万円
・一般部門
優秀賞: 賞状・副賞20万円
・学生部門
優秀賞: 賞状・副賞20万円
・女性起業家賞: 賞状・副賞20万円 その他、経営支援など。

【場所】
〒231-0011
横浜市中区太田町2丁目23番地
横浜メディア・ビジネスセンター7階

【TEL】
045-225-3714

【HP】
http://www.idec.or.jp/kigyo/ybg/

5.データビジネス創造コンテスト Dig

このコンテストは、慶應義塾大学が主催となり、アクセンチュアがビジネスパートナーとして開催されるビジネスコンテストです。膨大なデータを瞬時に活用して未来を創造できる、デジタルネイティブな学生が、データを広く深くDIGし、新たな知の抽出や価値の創出を競う場を提供するとともに、才能の原石である自分自身をDIGする機会を提供することを目的しています。

【応募資格】
高校生、高専生、大学生、大学院生(社会人経験者は除く)の方

【応募部門】
・誘客部門
・消費促進部門

【賞与】
・最優秀賞 20万円
・優秀賞 各10万円
・アクセンチュア賞 5万円
・未来創造賞 5万円
・高校生部門賞 5万円

【場所】
慶應義塾大学SFC研究所 データビジネス創造・ラボ事務局

【E-mail】
dig-info@sfc.keio.ac.jp

【HP】
http://dmc-lab.sfc.keio.ac.jp/dig5/

6. TRIGGER

このコンテストは、特定非営利活動法人スプリングウォーターの学生コミュニティが開催しているプロジェクトの一つです。ビジネスプロフェッショナルへの成長や、夢の実現のきっかけになる事を願って、また、社会の活性へと繋がる引き金になる事を願い「TRIGGER」と命名されました。ちなみに、スプリングウォーターという会社は、は学生、社会人、アドバンスト(経営者・学識者)と多世代コミュニエィを形成し、10年、20年という大きなスケジュールで新鮮な情報や新しい価値観を共有しあい切磋琢磨を目的としているNPO法人です。

【応募資格】
・起業への強い志を持った15歳から30歳の学生(高校生や一度社会人になって、大学院に通われている方も可)
・TRIGGER運営委員会が主催する審査やセミナーに原則参加できること※チーム内最低1人
・書類審査通過後の辞退をしない者
・プレゼン審査通過の際、7月からのプランナーサポートを受けることに同意すること
・決勝大会に進出された際、顔写真や映像などの提供に応じること
・優勝した際、特定非営利活動法人スプリングウォーターによるスタートアッププログラムを受けることに同意すること
・優勝した際、1年以内に法人格を有して起業する方
※既存企業のグループ会社としての設立は認めません

【応募部門】
・一切開始されていない新規事業であることが望ましいが、すでに開発済みのシステムやプランであっても、本応募の際に差別化できるアイデアやプランであれば応募可
・法に反しない限りで収益性のあるプラン
・提案事業は法人格を有する形態で開始する
・既存法人からの新規事業プランや、既に株式会社化されているものは対象外
・他団体からの支援を受けているプラン、支援予定のあるプラン(他コンテストの賞金等は除く)は対象外

【賞与】
優勝者:100万円
ファイナリスト(決勝大会まで残った5組): 
・貸しオフィスの提供・紹介(有償または無償)
・ベンチャーキャピタル・個人投資家とのマッチング
・メンターによる継続的サポート
などの特典あり。

【場所】
銀座ブロッサム

【TEL】
HPより、問い合わせ可能

【HP】
http://www.springwater.gr.jp/trigger/

7.早稲田大学 ビジネスプランコンテスト

このコンテストは、ウエルインベストメント株式会社や東京三協信用金庫などの共催の元、早稲田大学が主催となり開催しているビジネスプランコンテストです。2016年度で、19回目を迎え、起業家も輩出している伝統あるコンテストです。

【応募資格】
・早稲田大学学生(学部生、大学院生)及びポスドク(チームでの応募も可)
・早稲田大学学生(学部生、大学院生)及びポスドクを代表者とする他大学学生との混成チーム
※過去の早稲田大学ビジネスプランコンテストで最終発表会まで進出した者は対象外
※チームでの応募の場合、正式な人数構成は3名まで(登壇者)だが、非公式にチームに参加することは制限なし

【応募部門】
早稲田大学での学習成果や研究成果、あなたのアイデア等を活かして、ビジネスプランを作成してください。

【賞与】
優勝者:賞状、トロフィー
副賞:賞金 25万円
ファイナリスト:インキュベーションセンターのコミュニティー会員入会権(6か月間無料)
その他。

【場所】
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1-22-3
早稲田大学インキュベーションセンター01室

【TEL】
03-5286-9868

【E-mail】
w-entre@list.waseda.jp

【HP】
http://www.waseda.jp/rps/incubation/event/bizcon19/entry.html

8 .TOKYO STARTUP GATEWAY

このコンテストは、東京都が主催しているコンテストで、400文字でエントリー可能です。その為、熱い思いを持っているのに、ビジネスまで落とし込めない学生にも参加しやすくなっています。
テクノロジーから、モノづくり、ソーシャルイノベーション、リアルビジネス、グローバルを見据えた起業など、分野を越えて、「東京」から世界を変える若き起業家を輩出する事を目的としています。

【応募資格】
・15歳から39歳までの起業を目指すアイデア・プラン段階の個人
※2016年4月1日現在で15歳以上、40歳未満の方
・2017年度末までに都内で起業を目指す方
・プログラム通過者同士で切磋琢磨して、お互いを高め合っていく意思のある方
※法人登記前であればプロジェクトベースやテストマーケティング等のサービス提供を開始している段階でも応募可能
※都内で起業する可能性のある方であれば、都外にお住まいの方も応募可能
※チームでの参加も可能だが、応募主体はビジネスプランの立案者個人となる
※ビジネススクールやメンタリングは、休日や平日の夜開催するため、会社勤めの方で、今の仕事を続けながら創業準備をしたい方の応募も可能

【応募部門】
・コンテスト部門
・アクセラレーション部門

【賞与】
・最優秀賞100万円(1組)
・優秀賞50万円(2組)
・オーディエンス賞(1組)
・学生賞(1組)

【場所】
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-5-7 APPLE OHMIビル4階

【TEL】
03-6826-1165

【HP】
http://tokyo-startup.jp/about

まとめ

いかかだったでしょうか。学生向けに大学側が主催している者や、一般のビジネスコンテストでも学生部門が設けられているなど、学生起業家が参加しやすいビジネスコンテストも結構あるものですね。学生だからどうしようかと迷っているあなた、ぜひ勇気を出して参加してみてはいかかでしょうか。同じような仲間に出会えるかもしれませんよ。

おすすめの関連記事

ー関西のビジネスプランコンテストまとめはこちらー
学生限定の起業家発掘ビジネスプランコンテストまとめ~関西編~

ー実際に多くの学生起業家を輩出している団体は?ー
学生起業家を輩出する団体まとめ

 

記事にコメントしたり、専門家に質問しよう

コメント数:0

ダウンロードコンテンツ

関連記事