学生起業家を輩出する団体まとめ

ポイント(この記事は3分で読み終わります)
  1. 学生起業家必見!注目の団体とは?

ビジネスプランコンテストはいくつか聞いたことがあるものの、実際に起業している人がいるのかという点は、結構気になると思います。また、ビジネスコンテストに参加してそれきり、というのも意味がないなぁと感じている人もいるのではないでしょうか。今回は、単なる参加に終わらずに、実際に起業家を輩出している団体をご紹介します。

1.KBB NEXT

KBB Nextは、ビジネススクールとビジネスコンテストを融合させた国内TOPクラスの学生起業家輩出プロジェクトで、2010年からスタートしました。 半年間かけてプレゼンテーションと勉強会を重ね、ビジネスプランをブラッシュアップし、現実的なビジネスプランを作り上げます。

KBBを卒業した学生は100名を超え、7年間で多岐にわたる分野で26社の学生起業家を輩出しています。
1社に対する最大出資金額は2,500万円、出資総額は2億円を超えており、学生起業家は知らないともったいない団体です。

2.TRIGGER

TRIGGERは、『0を1にするキッカケ』を生み出すというコンセプトのもと、2004年より起業サポート型ビジネスコンテストとして、スタートしました。優勝者を決めて完結するというわけではなく、起業資金としての100万円やオフィスを提供すると共に、起業家の方をコンサルタントとして派遣しています。

また、優勝者のみならずプランナーにも、財務やマーケティングに関するブラッシュアップセミナーを開催したり、著名な起業家の方にはメンターとしてご協力していただくことでプランの底上げを図っています。
過去には「タダコピ」で有名な(株)オーシャナイズ、ベネッセなど3社から3.3億円を調達している(株)マナボを始めとする数々の起業家を輩出しています。

3.KING

“Business contest KING”は、「学生に成長の機会をお届けする」という理念のもと、1996年に設立されました。今年で21年目となる、非常に歴史の長い学生団体であり、ビジネスコンテストという手法を用いて、学生の意識改革・精力的な行動の後押しをしています。

毎夏7泊8日間かけて合宿形式で開催され、全国から学生を100名集めて行われています。
(株)ユーグレナ社長、取締役、また60万ユーザーアプリを成功させ売却し、新会社で

残り1351文字

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。
入力は↓の3つだけ!30秒で登録完了!

会員登録がお済みの方はこちらからログイン

メールアドレスでの会員登録

利用規約

SNSからの簡単会員登録

Facebookログイン
Twitterログイン

類似記事

関連記事