何を書けば良いかわからない、書くネタがないということに対する答え

更新日:2017.03.30

こんにちは!松山です。

コンサルタントやセミナー講師として副業されている方はブログを使って自身の情報発信を行う人は大勢います。ブログによるブランディング効果や集客などを目的に日々自分が取り組むビジネス記事を更新していますが、やはり継続的にブログを運営していると・・・

 

「書くネタがなくなってきた・・・」

「何を書けば良いか分からない。」

 

といった声が上がってきます。実際に相談をされたこともあり、その都度状況を踏まえ回答させていただいているのですが、まあ確かに誰もが経験する壁であると思っています。ブログは極力毎日更新していくほうがSEO的に好ましいですが、ネタがなくなって更新が止まってしまうといった経験がある方も多いはずです。今回はそんな「書くネタが無い」ということに対する僕なりの考え方と、いくらでも記事を生み出すことができる方法を書いていきますね。

 

ネタは無限にある。「無い」ということはただの言い訳。

結論から述べると、「書くネタがない」「何を書いて良いか分からない」ということはただの言い訳でしかないと考えています。というのも「記事のネタは無限にある」と考えているからです。なぜなら当然世の中にあふれる知識・情報は無限ではないですし、僕たちは日々生活を送り、毎日違った経験をしています。

 

ビジネスをされている方であれば特に他の方とは違った貴重な経験をすることが多いはずです。セミナー、講演会、交流会、紹介、勉強会、営業、読書など貴重と言える経験はたくさんあります。そういったことを繋げていくことで記事のネタは無限に作り出すことができるということを覚えていてください。

 

まずは自分のノウハウを洗い出す

やはりブログの主軸となる記事が「ノウハウ記事」ではないかと思います。例えば、経営コンサルタントを行っている場合、ブログは自分の情報を発信するためには必要な媒体ですね。そこで経営に関するあらゆる情報を記事にしていきますが、書いていくうちに「次は何を書こうか?」ということになります。

 

そんな時に便利なのがマインドマップによるノウハウの洗い出し作業です。マインドマップをご存知でしょうか?簡単に言うと1つの軸となるキーワードから関連する言葉を枝葉のように広げていったものです。1枚の紙を用意し、例えば真ん中に「経営」と書きます。そこから自分の知識をフル活用し、経営に関連する言葉を「経営」という言葉の周りに書いていきます。経営-ファイナンスもあるでしょうし、経営-営業、経営-人材育成などもありますね。また更に派生させた言葉から関連するキーワードを洗い出していきます。営業-セールス方法、営業-電話アポイント、営業-対面販売、営業-リスト管理・・・など営業1つとってもどんどん派生させていくことができます。

 

このようにマインドマップを使い、自分の携わっているビジネスに関する知識やキーワードを洗い出し、そこに焦点を絞った記事を作成して行ってみましょう。まだ書いていないカテゴリやキーワードが見つかってくるはずです。

 

自分の経験と絡めて意見を書く

「主張の後には理由を述べることは説得力が増す」という心理効果があります。そのため自分の経験に関しての記事というものは読者にとって効果的になります。セミナーで感じたこと、映画を見たこと、レストランで感じたこと、これまでしたことのないスポーツを経験したことなど毎日行動していれば、そこには色々な人や物の動きがあり、感情があります。そういった自身の経験、感情の動きというものは強い理由付けにもなります。

 

「〇〇はやはり重要である。それは私が昨夜お客様目線で△△の経験をして感じたからである。」

 

という文章があればかなり説得力を増します。なので日頃の経験を記事のネタにし、それをもとに自分の携わる分野とどう絡ませて行くかがポイントです。

 

「〇〇の重要性は△△から学んだ」というタイトルでいくらでもネタができちゃいます。それには普段から自分のビジネスと経験を絡めて考えておかねばいけません。

 

お客様の声を反映させた記事を作成する

これはかなり効果的です。やはりお客様の声や相談されたことに関する回答記事を書くことが、情報発信において良い記事と認識されていきます。お客様は皆さん共通して悩みがありますし、ニッチな悩みであっても必ずどこかで同じ悩みを持たれている方もいます。

 

僕自身も今回の記事はご相談されたことをもとにこの記事を作成しています。「書くネタがない」という悩みがある方はたくさんいますし、そういった方のためにもこの記事が役立つように書いています。また自分では到底思いつかないような質問や相談があったりするとそれは貴重な記事のネタになります。是非自分自身もアウトプットの場としても回答記事を作成していきましょう。

 

トレンド情報に対する意見を絡める

最新のニュースや話題に関することと自分の意見を絡ませる。といったことが記事ネタを生み出す1つのテクニックでもあります。1つの話題から自分の意見・主張を唱えることができますし、そこから派生して自分の分野の話に持っていくことができます。

 

例えば副業に関する情報発信を行っている場合・・・

 

「ある大企業が大赤字というニュース」

「リストラの可能性が出てきたりしますよね。」

「やはり個人で収入源を構築していくことの重要性を改めて・・・」

「副業の方法は人によってそれぞれタイプがあります・・・」

 

という風につなげていくことができます。トレンドの話題に関することを触れていますので、タイトルにキーワードを入れてあげると検索需要もありますし、読者にとっても最新の話題なので関心も非常に強いです。普段よりも自分の主張を受け入れてくれる可能性が高まります。是非最新トレンド情報を盛り込んだ記事を作成してみてください。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

他にも記事ネタを作り出す方法はありますが、大まかにはこれらの方法が挙げられます。こう考えてみると、記事ネタがないというのは言い訳に過ぎないということがご理解いただけたかと思います。是非上記の方法を使って毎日の情報発信を行って下されば光栄です。

記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事

ステップメルマガ
無料相談実施中!
先輩起業家の起業ノウハウ
会員登録をして助っ人ツールを活用

メニューを閉じる