クラウド会計専門家に聞く、ムダを省く考えかた

更新日:2017.05.02

中川祐輔さんは、クラウド会計専門の税理士として、約2年前から開業されています。クラウドという新しい概念をどう受け入れ使っていくかだけでなく、中川さんの前職での経験談を通じて、変化の時代に対応するためのヒントも得られるはずです。

 

①クラウド会計ソフトとは?

― クラウドの利点をお聞きする前に、クラウド会計とは何かを教えていただけますでしょうか。

中川 クラウド会計とは、クラウドコンピューティングの技術が導入された会計ソフトのことです。そもそもクラウドのシステムとして、データがインターネット上に保存されるので、IDやパスワードを入れれば端末を問わず作業できるというのがありますよね。

だからお客様が入力したデータなどをわざわざメールやFAXで送ってもらわなくても、僕らでネットにアクセスすればその都度確認できるんです。なのでやりとりが楽。あと、バージョンアップや税制更新などの変更点が自動的に反映されるので、いちいち新しいものをインストールし直す必要がありません。

主なクラウド会計ソフトとしては「freee」や「MFクラウド」、弥生会計のオンライン版「やよいの青色申告オンライン」「やよいの白色申告オンライン」などがありますね。

― クラウドを活用したサービスは広がりを見せていますね。

中川 アメリカでは、以前は従来のインストール型ソフトがいくつかあったんですが、今は99.9%がQuickBooksというクラウド会計ソフトに吸収されてしまっているんですよ。日本国内でも今、クラウド会計ソフトの市場は1兆円規模に膨らんでいます。

クラウドを活用すると、小さいストレスが減っていく

― クラウド会計ソフトを使う利点はどういうところにありますか。

中川 そうですね。ちょっとしたことの積み重ねなんですけど。クラウド会計ならデータのやりとり不要とか、通帳の記帳が不要とか。

小さいことなんですけど、そういうことこそクラウド化してしまって、お互いストレスがなくなるといいですよね。

 クラウドで請求書作ったり、領収書登録したりすると、僕らも、何を元に会計データを作っているのかが全部見えるので。

 ただ、そのためにはまず、クラウドの概念からある程度、頭に入れて、クラウド慣れしておかないといけないですね。

Dropboxに入れといてくれとか、GoogleDriveに共有するからみたいなのも、当然のように僕は言っていますけど、普通の人はやっぱりExcelで送ってとか、FAXや郵送、いまだに多いですよね。

 僕も今、全部オープンにしようと思って、いろいろ試しています。そういう、やりとりを減らすことも、僕なりのクラウドの活用です。

― それは事業者としても大事なところですよね。これからまさに創業しようとしている方は、クラウドという概念をまず理解して利用できるようになっておいたほうが、強力な武器になるということですか。

中川 クラウド慣れすると、最終的にコストがかからない経営に持っていけるので。コストがかからないってことは、それだけ売り上げを作らなくていいっていうことなので、要は身軽なんです。

― すごく合理的ですね。これからの新しい形になりそうです。

中川 僕も前は結構、拡大志向でやろうとしていたんです。周りの意見に流されて、人を雇って大きくしようとか、売り上げ作ろうって思っていた。それで昨年は、ことごとく失敗しました。無理が出るんですよね、やっぱり。

― 堅実というか、時代にしっかり合わせていく方が。

中川 多いのは、アフィリエイトやってるフリーランスで、人は雇ってない人と、サラリーマンやりながら、副業で不動産投資やられている方ですね。もう一つは、こじんまりとした一人会社。

②しょうもないことに時間や労力を使わない

― 時代背景も変わって、ビジネスのスタイルも変わってきていますね。

この記事には続きがあります

続きを読むには会員登録が必要となります。

新規登録はこちら


プロフィール

中川祐輔

中川会計事務所 代表税理士

1985年1月17日生まれ 千葉県出身
学生時代に税理士試験に合格し、会計事務所に就職。
中小企業の記帳代行から決算業務までを担当する。
その後、大手税理士法人に転職し、大企業の決算業務に加えて
中小企業の事業再生や金融機関交渉といった財務コンサルティング業務も担当する。
また、事業承継やM&A、飲食店の資金調達などのスポット業務も数多くこなす。
独立後も様々な案件に携わってきたが、中でも中小企業の業務効率化に興味を持ち
freeeやMFクラウドを専門に扱うクラウド会計専門の税理士事務所を立ち上げる。
ITを活用して、千葉県内だけでなく日本全国の中小企業を財務面までサポートしている。


記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事

メニューを閉じる