編集後記―シェアリングエコノミーが実現する新しい未来のカタチ

ポイント(この記事は2分で読み終わります)
  1. 日本ならではのサービスにカスタマイズする
  2. 「社会を変える」という説得力を

ムーブメントへの敏感さ

残念ながら、社会的なムーブメントが最初に起こるのは日本ではなくアメリカです。スタートアップ・ベンチャーの現状を鑑みても、本場アメリカには遠く及びません。その点、イノベーションのきっかけとなるサービスはアメリカ発と考えていいでしょう。

シェアリングエコノミーについても、発祥はやはりアメリカです。たとえば「Uber」が誕生した背景には、既存のタクシーに対する不満がありました。具体的には、「領収書を発行しない」「メーターの取り扱いが不適切」などの問題です。そのような社会的な不満に着目し、法整備による是正ではなく、サービス主体の社会的認知拡大および受容を狙うやり方は、まさにアメリカ式イノベーションと言っていいでしょう。事業を起こす人にとって、ぜひ参考にしたい姿勢です。

日本ならではのサービスにカスタマイズする

その点において、アメリカで巻き起こっているムーブメントをウォッチしておくことは大切です。とくに起業の聖地であるシリコンバレーの動向をチェックしておくことは欠かせません。そこに、ビジ

残り570文字

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。
入力は↓の3つだけ!30秒で登録完了!

会員登録がお済みの方はこちらからログイン

メールアドレスでの会員登録

利用規約

SNSからの簡単会員登録

Facebookログイン
Twitterログイン

関連記事