食物アレルギーに着目!予防にかけるウィルモアのビジョン

更新日:2017.06.15

対談の内容

インターネットの普及により、あらゆる情報が入手できるようになった現代。医療に関する情報もインターネット上に多く存在していますが、その中でも個々のニーズに合わせた情報が求められています。そんな中「食物アレルギー」に着目し起業された石川氏。その経緯や背景についてお話を伺いました。

食物アレルギーに特化したサービス

ー まずはご経歴について教えてください。

石川:大手IT企業、ヘルスケアベンチャーを経て、2009年に起業しました。もともと「ヘルスケア×IT×予防」という領域で仕事をしたいと思っており、やりたいことをおこなうために起業をしました。

一口に予防と言っても、たとえば風邪は繰り返し発症する方も多く対策へのニーズはありますが、根拠のある対策を提示することが難しい。「予防できると言える疾患、症状とはなんだろう?」と考えたとき、食物アレルギーにたどり着きました。

食物アレルギーの場合、特定の食物を摂取することによって症状が出現します。状態が落ち着いて来たら継続して摂取していく免疫療法の導入も検討可能になりますが、そこに至るまでは当該食物を食べないということが症状出現の予防となります。食物アレルギーにおいては、摂取により症状が出現したり死に至る場合など深刻さもあります。また食物アレルギーの症状のある方においては食べられる食品が限られる生活を送られている面もあるため、食べられるものかどうかを知ること、食べられるものが何かを知る必要性もあります。そういった方に食の選択肢をご提供したいと考え、食物アレルギーに特化したサービスを提供するに至りました。

徐々に広まりをみせるアレルギー情報

ー 起業された当時、食物アレルギーに対する社会的な認識についてはいかがでしたか?

石川:弊社が『アレルギーチェッカー』というアプリを公開したのが2011年です。アレルギーチェッカーとは、商品のバーコードにアプリをかざすだけでアレルゲンを含む食品かどうかをチェックできる無料のアプリになります。『アレルギーチェッカー』をリリースした際には、食物アレルギーのあるお子さんのお母さん方からは、「アレルギーのある人向けのサービスをつくってくれて嬉しい」「力になってくれる人がいることに感動した」など、まず食物アレルギーに特化したサービスの存在意義に感謝したいとのお声をいただくことが多かったですね。

当時は、地域でアレルギーに関する活動に取り組まれている方や個人で行われている方はいらっしゃいましたが、アレルギー対応食品も品数は今よりも少なく情報量も多くはない時期でした。2012年12月には調布の小学校給食での誤食による痛ましい事故がありましたが、社会での食物アレルギーの認識もここ5年ほどの間でも変わってきているように思います。

アレルギー表示における表示推奨の対象食物も増え、食物アレルギーに関するガイドラインの改訂など、対応における変化もあります。食物アレルギーは一部の人の困りごとではなく、お子さんの3人に1人は何らかのアレルギーをお持ちであるとも見られており、また周囲の方においてもアレルギーと関わる機会は増えています。

食品とアレルゲン、双方からのアプローチ

ー 次に、御社の事業内容について教えてください。

石川:『アレルギーチェッカー』というアプリの他に、『クミタス』というWebサービスも提供しています。

アレルギーチェッカーがバーコードにかざすだけでお子さんやご自身のアレルゲンを含む食品かどうかをチェックできるアプリなのに対し、クミタスはお子さんやご自身のアレルゲンを含まない食品が探せて購入につながるサービスになり、オンラインショップ上で在庫のある「卵・乳・小麦を使わないクッキー」などのように検索することができます。
また、クミタスではアレルギーに関するコンテンツに注力しており、400以上のアレルギー対応レシピ、アレルギーに特化した読み物記事、体験談などを日々UPしています。


ー 実店舗などでの展開もされているのでしょうか?

石川:そうですね。スーパーなどでもアレルギーチェッカーのPOPを置いていただくなど、買い物をする際、アレルゲンをチェックしながら商品を選んで頂くよう活用していただいています。

豊富な食品データが強みに

ー 事業に際して苦労した部分はどのあたりになりますか?

石川:サービスの性格上、情報の質には十分に配慮し労力、時間を割いています。

食物アレルギーの方に食の選択肢に関して情報提供をおこないつつ、ビジネスモデルとしては、食物アレルギーと向き合う方にとって有用なアレルギー対応商品の販促支援をおこなっております。企画の段階から入り、クミタスの会員さんにも参加して頂くこともあります。

株式会社ウィルモア:http://www.willmore.jp/
クミタス:http://www.kumitasu.com
アレルギーチェッカー:http://allergychecker.net/

前の記事←未経験からヘルスケア分野で起業! 未開拓市場に挑戦する理由とは

次の記事→“飲むを彩る、サービスを”。オーダーメイドの栄養素が実現する近未来の新習慣

この記事には続きがあります

続きを読むには会員登録が必要となります。

新規登録はこちら


プロフィール

石川麻由

岐阜高等学校、日本女子大学卒業。大手インターネットサービス企業での事業統括、コンサルティング会社、医療情報ベンチャー等を経て、株式会社ウィルモアを創業。2010年 MITビジネスプランコンテストファイナリスト。2013年ドコモイノベーションビレッジ1期生。


記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事

メニューを閉じる