気が付くと間違えた問に正しく答えようとしてしまっています

更新日:2017.06.14

ベネフィットにフォーカスできていますか?

さて、ずっとこれまでベネフィットの話をしてきました。
(前回の記事 人がスマホを買う理由を何個あなたは言えますか)


本来的に人がモノやサービスを買う理由はベネフィットにあると。
だから常にベネフィットにフォーカスをしなくてはなりません
でも、どこかのタイミングでこれがずれてくるわけです。

手段の目的化と言ったらよいでしょうか。

例えば、ある商品にはビタミンCが1,000mg含まれていますと謳っていて、売れているとします。
他社は単純に考えてこの商品よりも、類似商品でもっと売れる商品がないか?と考えました。
結果として、ビタミンCが1,500mg含まれている商品を販売しました。
その他の会社はビタミンCが1,700mg、さらに他の会社は1,750mg含まれていると・・・

このような不毛な競争になっていくわけです。

でも、そもそもこのビタミンCの量はベネフィットだったわけでしょうか?
これは手段ですよね?

ビタミンCを摂取することによって、「慢性的な疲労が回復します」とかこれがベネフィットだったわけです。
そのため常にベネフィットにフォーカスしなければいけません

ベネフィットを意識した打ち出し方、上記のような特徴(ビタミンの含有量は特徴=手段です)を考えるべきです。

特徴=手段の競争になってはいけません。
消費者が全くもっておざなりにされた、会社のエゴのような戦いですよねw。。。

 

おすすめの関連記事

 ― スマホを例に代表的なベネフィットをご紹介 ―
人がスマホを買う理由を何個あなたは言えますか

 ― ベネフィットで忘れかけている大切なこと ―
そもそも人が商品・サービスを買う理由をご存知ですよね?

プロフィール

伊藤 健太

伊藤 健太

株式会社ウェイビー代表取締役社長
慶應義塾大学卒業後、23歳病気をきっかけに小学校親友4名、資本金5万円で起業。
約1年間全く売上がない中、起業支援業務をスタートさせ、7年間で、年間3,000件を超える起業に関わるようになる。

・日本最大規模の起業イベントに成長、累積4,000人以上が参加している「TERACOYA」主宰
・起業支援のポータルサイト「助っ人」運営
・0から1億円を創る商売人コミュニティー「チャレンジャーズ」主宰

2016年に士業向けのオウンドメディア「スケダチ」を他社に売却し、2017年には、グループ会社1社を他社に売却。

また、2016年よりベンチャー投資にも力を入れており、4社の投資を実行。


2016年には世界経済フォーラムのU33の若手リーダーとして選抜される。
元LINE社長の森川亮氏推薦の「起業家のためのマーケティングバイブル」と
「成功する起業家はこう考える」など著書5冊を出版、NHK、CCTV、日経新聞、夕刊フジ、日刊工業新聞などメディア出演も多数。

京都大学、福岡大学、商工会、経営者団体など年間200回以上の講演もこなす。


記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事

ステップメルマガ
無料相談実施中!
先輩起業家の起業ノウハウ
会員登録をして助っ人ツールを活用

メニューを閉じる