10年目のチャレンジャー【第1回】10年目のチャレンジャー 〜4児の父ちゃんが挑む新たなる挑戦〜

更新日:2017.06.29

初めまして。手塚工業代表 手塚 広幸です。
北海道の“北の湘南”伊達市で、建設業を営んでいる4児の父ちゃんです。
独立し10年目を迎え、30代最後の一年を“10年目のチャレンジャー”として、新たなスタートに向けて現在奮闘中であります。

はじめにコラムの連載のチャンスを戴いた、(株)ウェイビー様には本当に感謝してます。
ありがとうございます。

さて、私自身大層なことを伝えれる程の、キャリアも社会貢献もありません。単なる片田舎の個人事業主です。社員も自分も含めて3名です。
じゃあ何故、その程度の規模で貢献度もないのに、連載にチャレンジしようと思ったか、それは、、、、、

『オレにだって伝えれる事は、必ずある‼︎』

という根拠のない妄想です(笑)

私には自信を持って成功した事は、何一つありません。ですが、この10年・社会に出てからの20年間で得た、知識と経験はお金に変えられない程の財産です。
私だけの“宝”です。

そこで地方の事情と私の体感した事を、これから起業しようと考えている方、同じ様な境遇・心理状況にある方達に、少しでも届けれる事が出来たらなと考え、全6回の連載が終わった頃には、自分の環境も視野も、現在の自分とは大きく変わってるのを、私自身期待もしています。

そんな期待を込めた第一回は、
・自己紹介
・社会人としての経歴
・独立に至った経緯
・地方の現状について
の4つのテーマで書いていきます。

自己紹介

冒頭にも書いてある通り、一男三女の4児の父ちゃんであり、私自身7人兄妹の長男です。昔から、賑やかな環境で育ってきました。
趣味は、格闘技と波乗り。
アクティブに活動する様に心掛けて生活してます。

社会人としての経歴

高校卒業後、地元の製鉄所に入社しました。正直、入社試験のテストは良く有りませんでしたが、内勤採用としての高卒出は、当時全国では私だけでした。運良く狭き門を通る事が出来ました。
が!!
まだまだ学生気分が抜けなく、仕事の意義を見出せなかった私は、会社を半年で辞めてしまいます。
新たに目指した道。
それは、“役者”でした。
会社を辞めた一年後に、横浜に居る幼馴染の元に転がり込みました。

上京して2ヶ月。

職もアルバイトも見つからない、夢さえ見失なう日々を過ごしてました。
そこでようやく見つけた仕事が、“鳶”でした。
『男なら一度は建設業‼︎』と考えていました。
一度は‼︎
ところが、まさか20年もこの業界に携わる事になろうとは、20歳の自分には想像も出来てませんでした。想像してたのは、スクリーンに映る自分でした(笑)

夢を追いながら、鳶職人として二足のわらじを履きながら生活してましたが、2006年に諸々の事情が重なり、役者としては満足な活躍が出来ぬまま、地元北海道へと帰路に就きました。

独立に至った経緯

28歳で地元に戻った私には、食べていく術が見付かりませんでした。周りを見渡せば友人達は、結婚・マイホーム・キャリアを着々と積み重ね、人生を堅実に歩んでいました。
言葉には出しませんでしたが、当時は周りとの距離を凄く感じて、劣等感を持っていました。
自分は何も持っていない“ちっぽけな存在”だと。

その後、二度と戻る事が無いと思っていた鳶の世界へ、友人の勧めで戻る事になりました。しばらく会社員として過ごした後、冬場で仕事が薄くなったのを機に、独立。
きっかけは、勢いとノリでした。コンセプトなんてありません。でも、結果的に良かったと思っています。それが無ければ、私が独立する事は無かったからです。現在を迎えるまでに、至ってないでしょう。

地方の現状

皆さんがイメージする北海道は、雪の多い寒い地域という認識が有ると思いますが、私の住む伊達市は、夏は涼しく、冬は比較的雪の少ない地域になります。その為冬場は、北国の建設業は失業期間になるのですが、一年中仕事の出来る環境にあります。

そして、プラント施設にも恵まれ、職人として従事している人達も多いです。多い理由も、地方の弱みとして職種が少ないのも起因しています。
現にハローワークや求人募集に掲載されている職種というのは、会社は数多くあれど、ほぼ、建設業・介護・ホテル業界となっております。

現在は、何処にいても仕事の出来る時代ですが、それでも、都心部と地方の圧倒的な違いは、職種の数にある事は変わらず、そこが少しずつ改善されていかなければ、人の都心部への流れを止める事は出来ません。
そして、地方独特のしがらみと閉鎖的な環境は、新しいのを好みません。寄せ付けません。口ではカッコイイ事を言っても、所詮上っ面です。私にははっきり言って、良くしたいのか悪くしたいのか分かりません(笑)

とまあ、悪い印象しか書いてませんが、地方には良い所が沢山有ります。
ゼロから新しく築いていけるチャンスも、未開拓な分野も、まだまだ沢山有ります‼︎
情熱のある素晴らしい若者たちも揃ってます‼︎
地方にしか出来ない事も、沢山有ります‼︎

今回は第1回という事で、長々と自己紹介と地方について書きましたが、第2回は【10年かけて気づいた事】をテーマに、あくまでも主観的に書かせていただきます。

宜しくお願いします。

記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事

ステップメルマガ
無料相談実施中!
先輩起業家の起業ノウハウ
会員登録をして助っ人ツールを活用

メニューを閉じる