2つの商品・サービスがあることへの理解をしよう

更新日:2017.06.28

0から1を創る前にやるべきこと

さて、今日は商品・サービスには2つのものがあるんだという話です。

別の角度でいうと、起業家は常に2つの目線を持っていなくてはいけないという僕がよく話すことと一致しています。

1、会社はCF(キャッシュフロー)がないと死ぬ
2、CFが目的ではなく、お客さんを世界で一番幸せにする

この2つの目線です。

1の視点は、会社というのはCFがないと死んでしまうということで、最優先でキャッシュを得なければいけません。
キャッシュを得るための一番が、商品・サービスを売ることになります
。(他にも資金調達という方法もあります)

商品・サービスが何故売れるのか?はずっと書いてきました。

ポイントは何かということですが、いきなり今全く世の中にない商品・サービスをつくるよりも、
今ある商品・サービス=既に売れているものから着想を得るのもよい手段です

今ある商品・サービスを徹底的に改善したり、アイデアをつけなおして自分の商品・サービスとしてリリースしたほうが、
全くないものをつくるよりも早くキャッシュを得ることができるかもしれません。
キャッシュを得ること自体が目的ではもちろんありません。お客さんを幸せにすることが目的です。)

お客さんは新しく予算を取るよりも、今既に使っている予算の中からよりよいものに予算をふりかえることのほうがしやすいです。

たとえば、英会話に既に月2万円払っている人がいて、この人に同じ2万円なんですが、レッスン数が今より倍になり、
しかも個別レッスン(個別のほうが良いと思っている人に対して)ですよと言えると乗り換えてくれるかもしれません。

これがまだ英会話をやっていない人にお願いする場合は、上記のように簡単にはいかないかもしれません。
英会話に興味のある人ならまだよいかもしれませんが、まだ日本に英会話のマーケットがないときに、
はじめて英会話のサービスをはじめた会社を想像してみてください。

もしかしたらどんなものなのか、何をするのか?など誰もイメージを持っていないわけなので、
とても開拓していくのが大変だったかもしれませんよね。
そのため既にある商品・サービスを参考にして、その商品・サービスよりも良い商品・サービスに改善するということでもよいわけです。

上記の2の視点は言い換えると、ものすごく画期的な商品・サービスを創ることや、今はないマーケットを創ることに近い発想です
この点もビジネスにおいては絶対に必要な視点です。

しかし、一般的に今ないマーケットをつくることや、画期的な商品・サービスをつくるまでには時間やお金がとてもかかるわけです。
CFの視点も会社にとっては絶対的に必要な視点です。このバランスを是非取ってください

まずは商売したての方は、既存の商品・サービスを参考にして、圧倒的に良く改善するというのでよいと思います
 

おすすめの関連記事

 ― 商品・サービスを考えているあなたへ ―
そもそも人が商品・サービスを買う理由をご存知ですよね?

 ― フォーカスしている点は本当に正しい? ―
起業家に足りないシンプルな発想方法

プロフィール

伊藤 健太

伊藤 健太

株式会社ウェイビー代表取締役社長
慶應義塾大学卒業後、23歳病気をきっかけに小学校親友4名、資本金5万円で起業。
約1年間全く売上がない中、起業支援業務をスタートさせ、7年間で、年間3,000件を超える起業に関わるようになる。

・日本最大規模の起業イベントに成長、累積4,000人以上が参加している「TERACOYA」主宰
・起業支援のポータルサイト「助っ人」運営
・0から1億円を創る商売人コミュニティー「チャレンジャーズ」主宰

2016年に士業向けのオウンドメディア「スケダチ」を他社に売却し、2017年には、グループ会社1社を他社に売却。

また、2016年よりベンチャー投資にも力を入れており、4社の投資を実行。


2016年には世界経済フォーラムのU33の若手リーダーとして選抜される。
元LINE社長の森川亮氏推薦の「起業家のためのマーケティングバイブル」と
「成功する起業家はこう考える」など著書5冊を出版、NHK、CCTV、日経新聞、夕刊フジ、日刊工業新聞などメディア出演も多数。

京都大学、福岡大学、商工会、経営者団体など年間200回以上の講演もこなす。


記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事

メニューを閉じる