野外研修から学んだ役割を変えることで思いやりが変わるという話

更新日:2017.07.26

得意ではないものは社長がやる必要はない

さて、野外研修での一番の学びをシェアします。

役割を変えると思いやりが変わる」ということです。
結局仕事は1人ではできません。そのためプロセスには多数の人が絡んできます。
その人も様々な人ですよね。同じ言葉であっても意味を全く違って考えている人もいれば、目的も違う人などとにかく様々です
このような中で僕たち起業家は1つの商品・サービスを皆の力を借りながら、完成させていくわけです。

絶対に1人の力ではできないのです。何も。ここが間違いないからこそ、
会社、商品・サービスのつまずきのポイントの多くが人に起因するようになっていくわけです

創業時の社長はいろいろな役割を持たざるを得ずに、ゴリゴリとにかく猛進します。
少しずつメンバーが増えていくと仕事を切り出し、自分の仕事の中から新しいメンバーにやってもらうようにするわけですが、
社長は常に新しい役割や仕事を抱えているので常に忙しいわけです。

社長の役割は?というのはいろいろな答えが社長に聞くと出てくると思います。

・資金調達
・営業
・マネジメント
・新規事業開発
・採用
などなど

もしかすると理想を言えば、最後は何もしないということなのかもしれません。

どういうことか?
好きなことや得意なことをゴリゴリやるのですが、それは社長が得意だからやるのであって、得意でないものは社長がやる必要がないわけです
もっと得意な人がいるわけです。
また社長ができても社長に依存したような営業構造や、社長のカリスマ度合いが強すぎると持続的な成長が望みにくいかもしれません。
(ここはわかりませんが)
社長も当たり前ですが、会社の目的を最優先に達成する手段にすぎないのです。社長が目的になってはいけません

そのように考えると、社長は目的達成のために、持続的な成長のための仕組をつくっていくわけです
そうすると結局は何もしない、社長の影響力がない中でもうまく成長していく会社が良い会社なのでは?となります
もっと抽象的に簡単にいえば、よいチームやよい会社をつくること、自分よりも優秀な人を招き入れ、
その人達の得意なことにコミットしてもらえる環境などをつくることなのかもしれません


野外研修での学びの話でしたねw
今回の野外研修では、普段では絶対にやらない役割を多数やりました。
普段は社長ということで、中心にいることや意思決定に大きく参加していました。

それが、今回は中心でなく外にいることがとても多く(ある意味1年目の新人社員)、あるワークショップの最中に、
会社で言えば社長をはじめとする中心メンバーがグイグイを戦略を考え、実行していくということを、
蚊帳の外から眺めるという経験をしたときに、本来仲間であるはずなのですが、全く輪に入れなかったという印象を受け、
仲間という意識はなく、むしろ抵抗の気持ちを持っていましたw

人って不思議ですねw
このような経験をしたことで、自分の仕事の進め方もそうなっていたのではないか?と、とても背筋が凍えましたw

リーダーが自分の役割に終始しながらも、この役割の定義を間違えてしまうと
チームはやっていけないくなります
。同じ役割をしてしまうことによる弊害の話でした。
 

プロフィール

伊藤 健太

伊藤 健太

株式会社ウェイビー代表取締役社長
慶應義塾大学卒業後、23歳病気をきっかけに小学校親友4名、資本金5万円で起業。
約1年間全く売上がない中、起業支援業務をスタートさせ、7年間で、年間3,000件を超える起業に関わるようになる。

・日本最大規模の起業イベントに成長、累積4,000人以上が参加している「TERACOYA」主宰
・起業支援のポータルサイト「助っ人」運営
・0から1億円を創る商売人コミュニティー「チャレンジャーズ」主宰

2016年に士業向けのオウンドメディア「スケダチ」を他社に売却し、2017年には、グループ会社1社を他社に売却。

また、2016年よりベンチャー投資にも力を入れており、4社の投資を実行。


2016年には世界経済フォーラムのU33の若手リーダーとして選抜される。
元LINE社長の森川亮氏推薦の「起業家のためのマーケティングバイブル」と
「成功する起業家はこう考える」など著書5冊を出版、NHK、CCTV、日経新聞、夕刊フジ、日刊工業新聞などメディア出演も多数。

京都大学、福岡大学、商工会、経営者団体など年間200回以上の講演もこなす。


記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事

ステップメルマガ
無料相談実施中!
先輩起業家の起業ノウハウ
会員登録をして助っ人ツールを活用

メニューを閉じる