女性起業家のキャリアを考える!変化する仕事観と現状を知る

ポイント(この記事は2分で読み終わります)
  1. 変わるキャリア形成
  2. 女性起業家が生まれる背景事情
  3. 未来の見本となるために

変わるキャリア形成

そもそも社会人におけるキャリアとは、どのような視点でとらえればいいのでしょうか。こと起業家の場合、考えなければならないのは“キャリアの断絶”です。起業することによって、一般的なレールからは外れることになります。

アメリカの心理学者であるE.H.シャインによると、人がキャリアを考える際のポイントは3つあるとされています。次のとおりです。

1.いったい何が得意なのか?
2.いったい何がしたいのか?
3.何をしているときに、意味や価値を感じるのか?

とくに日本社会においてキャリアを考える場合、これら3つのポイントに加えて、「その後の職業人生はどうなるのか?」という視点も加えておくべきでしょう。新卒一括採用が基本である日本の場合であればなおさらです。

ビジネスウーマンとキャリア

さらに女性の場合、キャリアについて考えるポイントはさらに増えます。その理由は、正社員として働くことを中断される可能性が、一般的なライフイベントに含まれているからです。

そのうち顕著なのは、「出産」と「育児」です。最近でこそ、男性が育児休暇を取得することも増えましたが、出産を男性が行うことはできません。その点、女性はキャリアの断絶が想定されることになるのです。

女性起

残り752文字

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。
入力は↓の3つだけ!30秒で登録完了!

会員登録がお済みの方はこちらからログイン

メールアドレスでの会員登録

利用規約

SNSからの簡単会員登録

Facebookログイン
Twitterログイン

類似記事

関連記事