10年目のチャレンジャー【第3回】新しいチャレンジ

ポイント(この記事は3分で読み終わります)
  1. 新たな決意「今度はオレが、ヒーローになる番だ‼︎」
  2. ヒーローとしての社会貢献

こんにちは‼︎手塚工業 代表 手塚です。第3回のテーマは、『新しいチャレンジ』について書いていきます。

今年の七夕で、末っ子の短冊にはこう書かれていました。“ヒーローになりたい。”同じ願い事を、私も幼少期の頃描いてました。今も変わらず私の中の一番のヒーローは、“キン肉マン”。ドジで馬鹿で臆病。しかも不細工(笑)でも、仲間の危機には必ず現れ、自己犠牲も厭わず、平和の為に闘う。最後は敵であった悪者達も、キン肉マンに惹かれ仲間になっていく。この人間臭く、常に溢れたヒーローに、幼い私は感銘を受けました。

これまでの 39 年間を振り返った時、私は沢山のヒーロー達に助けられ、学んで来ました。 ヒーロー達に憧れ、頼って甘えてきた自分。その想いを捨てた時、新たな決意と共に理念・指針が誕生しました。
『今度はオレが、ヒーローになる番だ‼︎』

“ヒーロー”には、様々な定義があります。
・人に賞賛される素晴らしい行為をする者
・模範的人物
・勝利を自力で掴み取る
・強い・優しい・カッコイイ
・救世主 etc

ざっとイメージする一般的なヒーロー像は、こういう英雄的かつ完璧な姿を思い浮かべると思います。ですが、ヒーローの中にも全てを救えない時もあるし、普通の能力しか備わっていない人も居ます。それでも、皆から憧れ、ヒーローたる所以は、ヒーローの中にある“人間性の輝き”が、強いと思います。

そう考えると、誰もがヒーローになれる素質を備えているのです。憧れの遠い存在ではありません。

ヒーローとしての使命

それは、この社会に蔓延る“不”を、一掃する事である。
“不”とは
・不足
・不便
・不安
・不況
・不可能

と、生活・社会において、我々の前に立ちはだかる問題・壁であり、沢山存在しています。我々ヒーローは、困っている人の言葉を拾い、敵(不)が何処に存在し、どの様な性質を持
っているのかな調査し、平和維持(問題解決)へと動きます。

こちらもあわせてお読みください。

残り1277文字

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。
入力は↓の3つだけ!30秒で登録完了!

会員登録がお済みの方はこちらからログイン

メールアドレスでの会員登録

利用規約

SNSからの簡単会員登録

Facebookログイン
Twitterログイン

類似記事

関連記事