10年間での会社生存率10%のウソ・ホント

ポイント(この記事は8分で読み終わります)
  1. 新しく開業した会社や個人事業主が10年後も同じビジネスを続けている割合は10%」という統計データの真偽
  2. 本当の「10年生存」とは何か

起業をご検討中もしくは起業したての皆様へ

みなさま、有名な話として「新しく開業した会社や個人事業主が10年後も同じビジネスを続けている割合は10%」という統計データがあるというのは耳にされたことがあるでしょうか。

「統計データ」というと、なんだか真実味を感じる話に聞こえますよね。また、こんな話を聞くとものすごく不安になりますよね。しかし、ではその「統計データ」というのは、具体的に誰がどのように計算したものであるかについてはご存知でしょうか。

今回は実際にどのような統計データがあるのか、直近の統計データは具体的にどのような数字を示しているかについて見てみたいと思います。


”新しく開業した会社や個人事業主が10年後も同じビジネスを続けている割合は10%”に関する統計資料
(参考:第 193回国会(常会)提出 平成28年度中小企業の動向

こちらも合わせてお読みください
成功する社長、起業家の特徴を10個徹底伝授

続きを読むには会員登録(無料)が必要です

お名前

メールアドレス

パスワード

利用規約

記事にコメントしたり、専門家に質問しよう

コメント数:0

ダウンロードコンテンツ

関連記事