世界最高峰のマインドフルネスを起業家が受講してみて

更新日:2017.10.02

マインドフルネスとは?

皆さん、マインドフルネスはご存知でしょうか?

マインドフルネスとは・・・

 

マインドフルネス

マインドフルネス(英: mindfulness)は、今現在において起こっている
内面的な経験および外的な経験に注意を向ける心理的な過程である 。
瞑想およびその他の訓練を通じて開発することができる。


マインドフルネスの語義として、今この瞬間の自分の体験に注意を向けて、
現実をあるがままに受け入れることであるとか、特別な形で、意図的に、
評価や判断とは無縁に、注意を払うことであるといった
説明がなされることもある。


マインドフルネス(mindfulness)という用語は、
パーリ語のサティ(sati)の翻訳であり、サティはいくつかの仏教の
伝統における重要な要素である。近年の西洋におけるマインドフルネスの流行は、
概してジョン・カバット・ジンによって起こされてきたと考えられている。

Wikipedia マインドフルネスより引用

昨日はじめて、マインドフルネスを体験してまいりました。

それも、講師はなんと・・・

この記事には続きがあります

続きを読むには会員登録が必要となります。

新規登録はこちら


プロフィール

伊藤 健太

伊藤 健太

株式会社ウェイビー代表取締役社長
慶應義塾大学卒業後、23歳病気をきっかけに小学校親友4名、資本金5万円で起業。
約1年間全く売上がない中、起業支援業務をスタートさせ、7年間で、年間3,000件を超える起業に関わるようになる。

・日本最大規模の起業イベントに成長、累積4,000人以上が参加している「TERACOYA」主宰
・起業支援のポータルサイト「助っ人」運営
・0から1億円を創る商売人コミュニティー「チャレンジャーズ」主宰

2016年に士業向けのオウンドメディア「スケダチ」を他社に売却し、2017年には、グループ会社1社を他社に売却。

また、2016年よりベンチャー投資にも力を入れており、4社の投資を実行。


2016年には世界経済フォーラムのU33の若手リーダーとして選抜される。
元LINE社長の森川亮氏推薦の「起業家のためのマーケティングバイブル」と
「成功する起業家はこう考える」など著書5冊を出版、NHK、CCTV、日経新聞、夕刊フジ、日刊工業新聞などメディア出演も多数。

京都大学、福岡大学、商工会、経営者団体など年間200回以上の講演もこなす。


記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事

メニューを閉じる