『(経済産業省認定)創業スクール』活用を薦める3つの理由と選び方のポイント

更新日:2017.10.10

読者の皆様は「(認定)創業スクール」をご存知でしょうか?


「創業スクール」とは、地域において新たに創業を予定しているみなさま、創業に再チャレンジ

するみなさまに、創業時に必要となる基礎知識やノウハウの習得、創業に向けたビジネスプランの

作成を支援させていただく講座・セミナーのこと
で、受講期間中に加え受講後も

創業を目指すみなさまの支援をおこなっていきます。




その中でも一定の基準を満たす創業スクールを
経済産業省中小企業庁が認定したものが「認定創業スクール」です

(引用:創業スクール 認定創業スクールとは


この「認定創業スクール」を推奨する理由を3つ、ご説明致します

「認定創業スクール」を推奨する3つのワケ

推奨理由①:安心の経済産業省認定!信頼できる実施主体と講義内容!

 近年、経済政策の一つとして、日本で「起業・創業」件数をどんどん
増やしていこうという政策が行われています。


「創業補助金」や「創業者向け融資制度」も充実しており、低金利という背景も重なり、
近年は若者やシニアであっても、融資を受けづらいソーシャルビジネスであっても、
とても起業しやすい状況にあります。


このような状況を背景に、都市部を中心に「起業セミナー」が盛んにおこなわれていて
人気を博している一方、「全くためにならなかった(質が悪かった)」「高額な商材を契約
させられた」などの消費者トラブルも増えています



このようなトラブルに巻き込まれない為にも、実施主体の確認は欠かせませんが、
厳しい審査をクリアし、「経済産業省中小企業庁」の認定を得ている「認定創業スクール」
であれば信頼できるでしょう



講義内容についても、「必須科目」が定められていることから、「創業に必要不可欠な知識」
が安心して学べます

推奨理由②:167ページもの充実の創業テキストを配布!

 起業セミナーの多くは、講義時間も1~2時間程度と短いものが多く、
また「テキスト」も講義に合わせて簡易なものであるケースが少なくありません。


一方、「認定創業スクール」の創業テキストは、「167ページ」!充実の記載内容はもちろん、
体系的にまとめられていて、起業をスタートさせる自信がつくのではないでしょうか

推奨理由③:4回以上の開催による継続的な参加で受講生同士の交流機会を獲得!

一般的な起業セミナーですと、その日限りの参加であるなど、経営大学院やMBAスクールと比べて、
受講生同士の交流は多くはありません。

起業における心配事は人それぞれですが、いろいろなディスカッションやアイデアの中から
新たなビジネスのヒントやブラッシュアップが図れるものです。


「認定創業スクール」では、4回以上の継続的な開催が見込まれており、創業スクールによっては、
受講生同士の交流機会を用意してくれる
ところも少なくありません。



以上、「認定創業スクール」の推奨ポイントをご紹介いたしましたが、いかがでしたか?
「創業スクール」に参加してみたい!と思った方に、「選び方」のポイントをお話し致します。

認定創業スクールのかしこい選び方

(1)まずは「開催場所」と「開催時間」を確認し、「参加のしやすさ」をチェック!

開催場所も開催時間も、各創業スクールが自由に設定できるようになっています。

せっかく申し込んでも、参加しなくては意味がありません。

欠席することが極力ないように、それぞれのライフスタイルに合わせて、参加が苦痛にならない
場所と時間で開催されている創業スクールを選びましょう


(補講の有無については認定創業スクールごとで取り扱いが異なります)

(2)必ず確認すべきは「講義内容」ではなく、認定創業スクールの「講師」と「運営主体」!

前述の通り、講義内容については、経済産業省が認定を行うにあたり「必須科目」が指定されているため、
最低限の講義内容自体については差がありません。

創業スクールごとにオリジナル講義内容が用意されているなどはありますが、講義内容が立派でも、
「起業」経験や専門知識を持たない講師ではあまり意味がありません



講師自身に創業体験があるか、専門知識を有しているか、日ごろから創業支援への
取り組みがされている運営主体かなど、「講師」と「運営主体」をチェックしましょう

(3)「認定創業スクール」カリキュラム終了後の具体的支援が充実しているかを確認!

 「認定創業スクール」に参加し、創業に係る知識を身に付けたとしても、
やはり専門家の支援が必要になるケースは少なくありません。


そういったときに、創業スクール卒業後も、適切な専門家の具体的な支援がどれだけ受けられるかといった
「アフターサービス」にも着目して選びましょう



運営主体が金融機関系の場合は、創業融資のフォローを受けやすいメリットがあります。
税理士などの士業法人系の場合は、そのまま具体的な会社設立手続きや経営支援がスムーズに
受けられることでしょう




なお、筆者が主催する名古屋の認定創業スクール「起業シェルパ®」では、
金融機関との連携により
資金調達の支援はもちろんのこと、税理士・司法書士・行政書士・
社会保険労務士・中小企業診断士である現役の
独立開業講師陣が一丸となって、創業スクール参加時から
卒業後の起業支援まで、
ワンストップで支援する体制を強みとしています



※名古屋の認定創業スクール「起業シェルパ®」はコチラから


以上、いかがでしたか?今年も10月に入りましたが、まだまだ参加可能な認定創業スクールがあります。

来年こそは独立!と考えていらっしゃる方、開業したばかりだけどもう一度原点に戻って
創業に関する勉強がしたいという方、ぜひ「認定創業スクール」への参加をご検討下さい。


<筆者情報>
㈱エベレストコンサルティング 起業支援事業部 担当:野村
ホームページはこちら → ワンストップ起業支援サービス「起業シェルパ®」

記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事

ステップメルマガ
無料相談実施中!
先輩起業家の起業ノウハウ
会員登録をして助っ人ツールを活用

メニューを閉じる