森拓馬

スタートアップに特化した人材サービス!「Justa」Sales Associate森氏インタビュー

ポイント(この記事は4分で読み終わります)
  1. スタートアップのコミュニティーをつくるために
  2. 人材の流れを変えたい
  3. スタートアップの採用にはノウハウが必要
  4. オープンな情報公開が採用にカギに

スタートアップのコミュニティーをつくるために

― まずは、経歴から教えてください。

鹿児島県の徳之島で生まれ、高校までは鹿児島市内で過ごしました。大学は早稲田大学へ入学。英語英文や教育などに携わりました。大学を卒業すると、新卒で楽天株式会社に入社。楽天市場事業のセールスを担当しました。1年半ほど勤めたのち、大企業ではなく、中規模の会社でスピード感のある仕事に携わりたいと思い、転職して価格ドットコム社に入社しました。その後、英語を活かした仕事をするために、2016年に現在の会社に入社しています。

「Justa」自体は3年ほど前に立ち上がったプロジェクトです。ですので、私は入社したときにはすでにありました。事業内容としては、スタートアップ企業に対して人材をご提供するというものです。本体のWahl & Case株式会社が主にヘッドハンティングを行っているのに対し、Justaは価格を抑えつつ、スタートアップのコミュニティーをつくるという観点から立ち上がっています。登録者の6割ほどは海外の方となります。


― 紹介先企業や人材はどのように開拓されているのですか?

企業の開拓は主にイベントを開催して行っています。たとえばティンダーやスラッシュ東京などとともに、タイアップという形でイベントを開催することによって、認知度を高めています。もちろん、そのような場にはベンチャーやスタートアップに興味がある人材がたくさん集まります。

ですので、そこで弊社をどのように活用いただけるのかを周知し、登録してもらいつつ、コミュニティーを形成しています。とくに弊社は、海外人材に強みをもっており、その分野であれば検索でも上位表示されています。SEO対策に資金を使うことなく、自然に優位性を保つことができているのです。サイトの立ち上げも早かったですから。

人材の流れを変えたい

― Justaではなぜ、スタートアップに特化されているのでしょうか?

Wahl & Case株式会社

Justa


前の記事←インターンの先駆けとして。NPO法人ETIC.事務局長鈴木氏が考える人材と採用

次の記事→大切なのはビジョンの共有。株式会社アマテラス代表・藤岡清高氏インタビュー

 

続きを読むには会員登録(無料)が必要です

お名前

メールアドレス

パスワード

利用規約

記事にコメントしたり、専門家に質問しよう

コメント数:0

ダウンロードコンテンツ

関連記事

著者プロフィール

森拓馬

JUSTA  Leader。早稲田大学卒業。大学では英文を学ぶ。2014年、新卒で楽天株式会社に入社。楽天市場事業のセールスを担当。その後、価格ドットコムを経てJUSTAへ。