2018年以降の売れる商品・サービスのポイントを仕入れよう

更新日:2018.01.10

どこまで本質的に0から変えることができるか

売れそうなものは売れない、自分のつくりたいものをつくることがポイントになります。そのための商品・サービスづくりはスモールなスタートでもOKです。というのも、売れそうなものをつくるという発想が根強いため、売れそうでないものをつくるということが行動習慣的にしにくいのではないでしょうか?副業などから小さくスタートするのもありです。これは働き方や会社の在り方すら問うていると思います。

何故ならアイデアが生まれるプロセスは5段階あると言われ、最初の1段階目として、インプットからスタートすると言われています。アイデアは情報物質の組み合わせと言われています。つまり自分の知らない様々な情報物質が頭の中にインプットされることが好ましいわけです。

そのため、1つの会社で、同じような環境、人、業務、時間の使い方の中にあっては、なかなか新しいインプットは入ってこないわけです。これまでの会社組織や働き方にあっては、極めて日常がルーティン化してしまうためインプットが広がりにくかったわけです。

売れそうな商品は、まさに新しい働き方や、会社の在り方に転換できるか?ということすら問うているように思います。どこまで本質的に、0から変えることができるかですね。あなたの足もとの動き方や環境を変えるところからですね、まずは。

あわせてこちらもお読みください。
自分自身を世界で一番うるさい消費者に見立てて商品開発しよう

2018年以降の売れる商品・サービスのポイント

1、選んだら当たる時代は終わって、今は選んでも当たらない時代。
これからは選んだら外れる時代になっていく。

2、皆がなんとなく良いと思うものではなく、誰か1人でもすごく良いと思うものをつくること。
100人の中で1人にだけ刺さるものをつくる。他の人からは批判されてもよい。
 

この記事には続きがあります

続きを読むには会員登録が必要となります。

新規登録はこちら


プロフィール

伊藤 健太

伊藤 健太

株式会社ウェイビー代表取締役社長
慶應義塾大学卒業後、23歳病気をきっかけに小学校親友4名、資本金5万円で起業。
約1年間全く売上がない中、起業支援業務をスタートさせ、7年間で、年間3,000件を超える起業に関わるようになる。

・日本最大規模の起業イベントに成長、累積4,000人以上が参加している「TERACOYA」主宰
・起業支援のポータルサイト「助っ人」運営
・0から1億円を創る商売人コミュニティー「チャレンジャーズ」主宰

2016年に士業向けのオウンドメディア「スケダチ」を他社に売却し、2017年には、グループ会社1社を他社に売却。

また、2016年よりベンチャー投資にも力を入れており、4社の投資を実行。


2016年には世界経済フォーラムのU33の若手リーダーとして選抜される。
元LINE社長の森川亮氏推薦の「起業家のためのマーケティングバイブル」と
「成功する起業家はこう考える」など著書5冊を出版、NHK、CCTV、日経新聞、夕刊フジ、日刊工業新聞などメディア出演も多数。

京都大学、福岡大学、商工会、経営者団体など年間200回以上の講演もこなす。


記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事

メニューを閉じる