宮城県でIUJターン・移住・起業する方必見!押さえておくべき基礎知識!

簡単な概要

宮城県は奥羽山脈南部から三陸沿岸南部にかけて広がる、平野部が主な県域を占めている県です。具体的には北部は岩手県、南部は福島県、西部は山形県と接しています。現在の宮城県が置かれたのはいつかというと、明治維新に伴う廃藩置県によって仙台藩が仙台県となり、その後登米県・角田県の編入により宮城県となった時点までさかのぼることができます。

その後の発展により、1980年を境に東北で最も人口の多い県となります。1989年、県庁所在地である仙台市が政令指定都市となり、以後東北地方の中心都市として、さらに発展していくことになります。1999年には仙台市が東北地方初の100万人都市となり現在に至っています。

面積:7,282.22平方㎞
人口:2,322,424人

気候

気仙沼市など三陸海岸地域は夏にはやませの影響のため冷涼、冬は温暖で降雪があまりないのが特徴です。栗原市などを含む仙北地域は内陸部でありながら夏は冷涼ですが、冬は厳しい寒さとなります。

仙台市などの仙南地域は沿岸部にあり、海洋性の気候のため夏はしのぎやすく、冬は温暖で1年を通して過ごしやすい気候となっています。三陸海岸地域と仙南地域は冬期でも防寒を徹底する必要はありませんが、仙北地域は特に朝の冷え込みが厳しいので、しっかりした防寒着が必要でしょう。

産業

平成27年度の県内総生産は9兆199億円(名目)で、前年度と比べて1.4%増、4年連続の増加となりました。「ササニシキ」、「ひとめぼれ」などを算出する米どころであり、石巻漁港など全国有数の漁獲高を誇る港を有することから、第一次産業の比率が多いというイメージがありますが、県内総生産に占める第一次産業の割合は1.2%と意外に少ないのです。

割合として最も多いのは第三次産業で72.2%を占め、第二次産業が26.4%とそれに続きます。仙台都市圏の人口が150万人を超える規模になる過程でサービス業、不動産業、小売業の売り上げがそれに伴い拡大していき、大都市型の消費傾向となったのです。

有力企業

1. カメイ株式会社 
東北最大の石油・LPの卸業者で、食品事業・住宅関連事業も展開する総合商社。

2. 七十七銀行
仙台市拠点の銀行業を中心とする金融サービスを展開する東北地方最大の銀行。

3. 株式会社ユアテック
宮城県企業で売上No.1を誇る、設備工事関連の電気工事会社。東北電力グループです。

歴史

宮城県地域の記述が初めて見られるのは、大化の改新に伴う中央集権化によって「国」という管轄域が定められたときにさかのぼります。この時代には「道奥国」(みちのおくくに)と呼ばれており、その領域には宮城県南部が含まれていました。奈良時代に東北地方北部の蝦夷と対峙するようになると、現在の宮城県中南部には多賀城が築かれ、軍事・政治の拠点となります。その後武家政権である鎌倉幕府が成立すると、御家人の伊澤家景が陸奥留守職となり宮城県地域を含む、東北地方の統治にあたりました。

室町時代になると、足利氏の一族である大崎氏が奥州探題として東北地方を支配しましたが、応仁の乱によって戦国時代に移行していく過程で伊達氏が台頭してくることになります。安土桃山時代には伊達政宗が佐竹氏や蘆名氏を制圧し、東北地方の南半分を支配するに至ります。この時点での石高は100万石に達していたと言われています。

奥羽の覇者となった政宗ですが、豊臣秀吉による天下統一事業を前に秀吉への服従を決意。秀吉の死後は徳川家康に与し江戸幕府の成立に尽力しますが、最後まで天下取りへの野望を胸に秘めていたと言われています。伊達家は江戸時代を通して、仙台藩62万石を領有し続けることとなります。

明治維新後、仙台藩は仙台県を経て宮城県となり、東北地方の拠点として発展していきます。特に、戦後の高度経済成長期には人口が激増し、その後の東北新幹線の開業や仙台市営地下鉄の開業、仙台市の政令指定都市化などを経て、全国でも有数の大都市に成長していくこととなります。

観光

古くから三陸海岸は名所として知られ、江戸時代には伊達氏が治める雄藩であったことから、伊達家ゆかりの名所や武家屋敷跡が数多く存在しています。また、温泉地が多いことでも有名であり、観光地には事欠きません。古くからの名所だけではなく、特に仙台市は大都市でありながら自然あふれる景観が保たれており、中心部にも観光スポットが点在する魅力あふれる街並みを堪能できます。

1. 松島
松尾芭蕉の「奥の細道」にも記述がある、古くからの名所。日本三景の1つに数えられています。
松島湾内の260余りの島々が織りなすその景色はまさに絶景です。日の出、日没時の景色を楽しむのが特におすすめです。

2.仙台城址(青葉城址)
仙台藩伊達氏代々の居城。藩祖伊達政宗が建設したことはあまりにも有名で、国の史跡に指定されています。
当初から天守閣は建設されませんでしたが、これは政宗が徳川家康に遠慮したためとも言われます。2006年には日本100名城に選ばれました。
現在、営業時間は午後10時までとなっておりますので、本丸から仙台市の夜景を一望することができ、多くの観光客を集めています。

3. 鳴子温泉
鳴子温泉は大崎市にある日本屈指の温泉です。
826年に鳥屋ヶ森山の噴火によって温泉が出始めたと伝えられ、その歴史は1000年を優に超えます。
源義経が兄の頼朝に追われて、奥州平泉へ落ちのびる際に立ち寄ったことでも知られていて、義経ゆかりの旧跡なども多く存在しています。
江戸時代には松尾芭蕉が訪れたことでも知られ、「奥の細道」には、鳴子の景勝地の1つである美豆の小島についての記述が見られます。
歴女にはうれしい観光スポットかもしれません。

その県を知る書籍

1. 『宮城のおきて ミヤギを楽しむための48のおきて』 アース・スターブックス
「笹かまぼこ」は冷蔵庫に常備してあるなど、県民性を面白いネタで解説しつつ、宮城の名物・歴史などに詳しくなれる本です。

2. 『宮城県謎解き散歩』  新人物文庫
宮城県の魅力を知り尽くした筆者が伊達家の歴史から温泉、楽天イーグルスまでとことん語りつくした本。

3. 『宮城「地理・地名・地図」の謎』 じっぴコンパクト新書
「仙台空港は仙台市にない」、「沼がないのになぜ『気仙沼』?」など意外な事実の裏に隠された話の数々があなたを宮城通にします。

4. 『まっぷる 仙台・松島 宮城 mini '17-18 』   まっぷるマガジン
最新版の宮城県旅行ガイドブックです。宮城県が誇る絶景スポットのみならず、仙台市中心部の街歩きガイドも充実しています。
「牛タン」をはじめとする仙台グルメの情報も豊富で、宮城にゆかりのある有名人のおすすめグルメ特集も用意されています。
レアなグルメ情報が手に入るかもしれませんね。

交通

宮城県は東北の拠点地域であり、陸・空・海の交通網が整備されています。
「陸」の主な交通手段としては東北新幹線、東北本線があげられます。これらを利用すれば全国のほとんどの地域から宮城県へアクセスすることができます。

仙台市内の観光であれば路線バスや市営地下鉄などが便利です。特に市営地下鉄は2015年にそれまでの南北線に加えて東西線が開業し、市内の移動がより便利になりました。「空」の主な交通手段といえば旅客機による移動ですが、仙台空港は札幌、名古屋、大阪など日本の主要都市とを結ぶ国内線と、北京、ソウル、上海とを結ぶ国際線の定期便が発着する東北最大の空港となっています。

「海」の交通手段としてはフェリーがあります。仙台・名古屋間を結ぶ太平洋フェリーを始めとして、数本のフェリー航路が運航しています。旅の過程を楽しみたいのであればフェリーや鉄道、とにかく目的地に早く到着して、そこでの観光を存分に楽しみたいのなら旅客機というように、旅のスタイルに応じて交通機関を選ぶのも旅の醍醐味というものです。

おすすめの関連記事

ー日本の知られざる魅力を探す外国人観光客へー
インバウンド客、もっと「みちのく」へ(あすへのヒント)


ー同条件で27万円も安い!?地方で起業する3大メリットー
地方起業のメリット・デメリット・おススメの起業業種のまとめ

記事にコメントしたり、専門家に質問しよう

コメント数:0

ダウンロードコンテンツ

関連記事