香川県でIUJターン・移住・起業する方必見!押さえておくべき基礎知識!

更新日:2018.02.11

簡単な概要

香川県は四国の北東部に位置し、南を除いては瀬戸内海に面しています。県域は半月型をなし、南部には讃岐山脈がそびえ、北部には讃岐平野が広がっています。その面積は全国で最も小さく、東と南は徳島県に、西は愛媛県に接しています。

瀬戸内海には多くの島が点在していて、その景観は風光明媚なことで有名です。気候は温暖で、降水量が少ない典型的な瀬戸内海式気候で知られています。令制国の区分では讃岐国と呼ばれ、江戸時代の讃岐国には、松平氏高松藩12万石、京極氏丸亀藩5万石、多度津藩1万石(京極氏の支藩)の3藩と天領などが置かれていました。明治維新後の廃藩置県により高松藩は高松県、丸亀藩は丸亀県、多度津藩と天領は倉敷県となり、合併を経て1888年に現在の香川県が誕生しました。

1988年の瀬戸大橋開通、1989年の高松空港開港に伴い、香川県と本州とのアクセスが格段に向上しました。特に、瀬戸大橋は2017年に「日本の20世紀遺産20選」に選ばれ、観光スポットとしての評価も高まっています。

面積:1,876.73平方km
人口:967,640人

気候

瀬戸内海式気候のため、1年を通して晴天が多く降水量が少ないという特徴を持っています。晴天が多いことから日照時間が長く塩の生産に適しているため、古くから塩田の盛んな国としても知られていました。また降水量が少ないため、夏場には水不足となることも多く県内には水不足に備えるため池が数多く存在していて、その数は全国第3位となっています。

中でも空海が修築したとされる満濃池は有名です。夏にはフェーン現象や瀬戸内海の凪(風力0の状態)の影響で、猛暑日となることが少なくないため、暑さ対策は欠かせないでしょう。

産業

香川県の2014年度の県内総生産は名目で3兆6,723億円、成長率は0.8%のプラスでした。このうち、第一次産業は454億4,700万円、第二次産業は8,947億6,500万円、第三次産業は2兆7,364億3,800万円で、県内総生産に占める割合はそれぞれ、1.2%、24.3%、74.5%となっております。

第一次産業の特徴は南部以外が瀬戸内海に囲まれている地勢のため水産業が盛んだということです。イワシやタコを始めとする海面漁業に加えて、ハマチなどの養殖漁業も行われています。特にハマチの養殖は香川県が全国で初めて成功させたもので、現在では漁業生産の十数パーセントを占める主要産業に成長しています。

農業は稲作が中心ではありますが、小豆島町のオリーブなど、他の都道府県ではあまり見られない農産物が収穫されているのが特徴です。第二次産業は、瀬戸内工業地域の中核である番の州臨海工業団地が坂出市にあることから、造船、石油に携わる企業が多数存在しています。このため、坂出市の製造品出荷額は県内でも群を抜いて高く、香川県の製造業従事者が占める率は四国最大です。

第三次産業は、県庁所在地である高松市を中心として発達しています。高松市は人口42万人を抱える四国最大級の高松都市圏における中心都市で、市内には日本一長いアーケードで知られる高松中央商店街があり、その周辺は商業地域として賑わっています。また、郊外の幹線道路沿いに分布する大型商業施設は、高松市周辺地域からの買い物客を集めています。このように、一大消費地である高松市には情報通信業はじめとする様々なサービスを提供する企業が多数あり、第三次産業の中心都市となっています。

有力企業

1. タダノ
高松市に本社を置く東証一部上場企業。世界有数のシェアを誇るクレーンメーカー。

2. 日プラ
木田群三木町本社の水族館用大型アクリルパネルの加工技術でシェア世界一の企業。

3. 帝國製薬
東かがわ市に本社を構える医薬品メーカー。湿布に用いるパップ剤のシェア世界一。

歴史

律令制が布かれてからは讃岐国と呼ばれていました。当時から水不足対策のためにため池が作られ、平安時代には空海が満濃池の改修を進めたとの逸話が残されています。また、学問の神様として知られる菅原道真が、一時期讃岐国の国司であったということは知る人ぞ知る事実です。

平安時代後期には源平合戦の最終局面である屋島の戦いが行われ、この戦いに敗れた平氏は、これ以降、瀬戸内海の制海権を失い滅亡へと向かうことになります。鎌倉時代中頃までは三浦氏などの御家人が守護として讃岐国を治めていましたが、中期以降は執権北条氏の一族が守護として統治しました。

室町時代になると管領細川家が讃岐国の守護となり、室町期を通じて統治しますが、戦国時代の到来により徐々に勢力が衰退し、三好氏に支配権を譲ることとなります。その後、四国の雄、長宗我部元親の讃岐への侵攻により長宗我部氏の支配を受けますが、豊臣秀吉の四国平定への着手により秀吉に屈服。讃岐国は秀吉の有力家臣である仙石秀久に与えられます。

関ケ原の戦いの後、江戸幕府が成立すると讃岐国は松平氏高松藩12万石、京極氏丸亀藩5万石、多度津藩1万石(京極氏の支藩)の3藩が置かれ、その体制のまま明治維新を迎えます。明治維新後の廃藩置県では、高松藩には高松県、丸亀藩には丸亀県、多度津藩と天領には倉敷県がそれぞれ置かれました。その後、数回の合併を経て1888年に現在の香川県が誕生します。1988年の瀬戸大橋開通、1989年の高松空港開港を経て順調に発展し、1999年には高松市が中核都市に昇格となります。

2011年には「うどん県に改名します」とのキャッチコピーのもと、新たな県のPR活動を開始し、大反響を呼んだことは記憶に新しいところです。

観光

「世界の宝石」とも呼ばれる美しい瀬戸内海。そして、その瀬戸内海に浮かぶ島々が織りなす風景は、まさに絶景というにふさわしいものです。瀬戸内海を隔てて、日本の歴史の中心地であった畿内にも近く、県内に数多く存在する史跡や文化財などが歴史の激動を物語っています。

■主な観光地

1. 金刀比羅宮
古くから「さぬきのこんぴらさん」として親しまれています。海の守護神としても多くの参詣者を集めていますが、境内には由緒ある御社や御堂が点在し、文化財が多数存在することから、観光スポットとしても有名です。

2. 瀬戸大橋
香川県坂出市と岡山県倉敷市を結ぶ大橋です。鉄道と道路を併用する橋としての全長9368mは世界最長。坂出市側のたもとにある「瀬戸大橋タワー」は回転式展望台で、多くの観光客を集めています。

3. 丸亀城
1658年より明治維新に至るまで京極氏丸亀藩6万石の居城でした。その石垣は60mを超える高さで日本一。3階3層の天守閣からは瀬戸大橋周辺が見渡せるため、絶好の観光スポットとして人気です。

香川県を知る書籍

1. 『香川共和国のオキテ100ヵ条』 メイツ出版
香川県独特の慣習に焦点を当てた地元密着本です。その他にも「女子サッカー発祥の地は香川県」などマニアックなネタを集めるのにも最適です。

2. 『まるかじり香川-香川の魅力と県民性がわかる』 アトラス出版
柔らかい内容の本かと思いきや、資料などのデータも駆使した緻密な本。香川県の歴史や県民性の解説はもとより、グルメに関する情報も豊富で地元の方との会話にも困らなそうです。

3. 『まっぷる 香川 さぬきうどん 高松・琴平・小豆島 '18』 昭文社
雑誌スタイルの旅行ガイドブック最新版です。最新の観光情報から、さぬきうどんなどのグルメまでを網羅。中でも、小豆島徹底ガイドは必見です。

交通

陸路での旅行ならJRが便利です。JR四国を利用すれば岡山駅から高松駅まで約60分で移動できます。運行本数も30分に1本程度なので、不便さを感じることはないでしょう。瀬戸大橋を通る高速道路を運行する高速バスも複数あり、こちらの利用もおすすめです。

県内の移動の際にはJR四国の高徳線(こうとくせん)や土讃線(どさんせん)が便利ですし、バス路線では、ことでんバスや大川バス(大川自動車)の利用が便利です。空路では国内便が東京及び沖縄間を結び、国際便はソウル、上海、台北、香港とを結んでいます。

海路は神戸港と高松東港を結ぶジャンボフェリーを始めとして、多数のフェリー航路が存在して本州や島しょ部とを結んでいます。瀬戸大橋周辺の景観を満喫したいのであればJRや高速バスの利用がおすすめですし、瀬戸内海の美しさを堪能したいのであればフェリーの利用が良いでしょう。

おすすめの関連記事

ーー


ーー

おすすめの関連記事

ーー

ーー
 

記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事

メニューを閉じる