エモスタ、「ひとの価値観」測るシステム開発、人や会社のマッチングに活用

更新日:2018.06.08

 感情認識AI(人工知能)などを研究開発しているベンチャー企業、エモスタ(東京・中央)は4日、人間の行動や表情の変化などからその人の価値観を評価するAI応用型システム「価値観ファインダー」を開発したと発表した。価値観が合致することが大きなメリットを生む人と人、人と企業などのマッチングサービスなどに応用していくという。

 開発した価値観ファインダーは、利用する人(ユーザー)がさまざまな「言葉の重要度」を評価してもらうとともに、その過程でのユーザーの挙動や表情の変化を記録することで、ユーザーが「何に価値を置いているのか」を見極めるしくみ。ある人が持つ価値観を客観的かつ定量的に評価することで、ユーザー本人が自覚していないような感情についての理解を促せるため、その人がより納得しながら行動したり、進むべき方向を選択できたりするようになるという。

 さらに価値観ファインダーで示された結果と、エモスタが持つ既存のデータベースと組みあわせることで、その人の価値観にあった人や会社、広告などのコンテンツの提案もできるようになる、としている。

 今後は計測したデータを基にして、価値観の合う人や会社をマッチングする人材サービスや、婚活サービスなどへシステムの利用を呼びかけていく考えだ。マッチングへの活用の他にも、メンタルヘルスの改善や、マーケティング・リサーチ分野なども含めたより多くの分野での応用ができると、エモスタではみている。

 人が持っている価値観は学術的にも重要性が高いとされており、臨床心理学などでは人間が行動を変えたり精神衛生を向上させたりするのに影響していることが多くの研究で示唆されている。ただ、これまでは人の感情を読み取るのには経験を積んだ臨床心理士などによる職人技が必要とされてきた。また、人が見ているだけでは感情のサインを見逃してしまうこともあったという。

 価値観を評価しながら変化する行動や表情などを客観的にとらえて分析し、活用できるようにして、より正確なカウンセリングなどにもつなげたい考え。

参考ページ:エモスタ ニュースリリース

おすすめの関連記事

―マッチングのキモについて知りたい人は―
マッチングを制するものが企業の成長を制する

―最新のマーケティング事例を見るなら―
星野リゾートの新業態にみる、マーケティングの神髄について

記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事

メニューを閉じる