三河主門
林聖人
桃井美里

「VRは次代のコンテンツ」、アーケードスタイルを貫く老舗ゲームセンターの戦略【番外編②】

ポイント(この記事は3分で読み終わります)
  1. 常連客や女性らが来やすい環境づくりが必要
  2. VR施設のリスクは「回転率ダウン」

アミューズメントビル「ロサ会館」(東京・豊島)
動き出すVR
第6回【番外編】


タイトステーション池袋ロサ店

VR(仮想現実)エンターテインメントは今後、東京から地方へと広がっていく有力なコンテンツとして期待されており、多くのアミューズメント施設がVR機器の導入に前向きだとの調査結果もある。そんな中で、VRの導入を見送っている企業もある。池袋で50年間ランドマークとして存在しているアミューズメントビル「ロサ会館」(東京・豊島)だ。今は導入しないその狙いについて、ロサ会館を運営するロサラーンドの伊部知顕取締役に話を聞く機会を得た。

VRを導入することによって、最初は来店する客が増えるかもしれないが、明日もまた来るかというとわからない

伊部さんは近隣のアミューズメント施設にVRゲームが導入された後でも、ロサ会館にあるアミューズメント施設の収入に影響はでなかったと証言する。戦後すぐに西池袋で映画館「シネマ・ロサ」他を開業し、娯楽として大当たり。計4館にまで拡大した。1968年10月、稼いだ資金で池袋に8階建てのビルを建設し、日本で初めてとなる総合アミューズメント施設を開設。業界の先駆者として注目を集めた。

ビルの中には、映画館のほかにボウリング場やビリヤード場、飲食店などが入った。芸能関係者とのつながりも多く、かつては俳優の船越英二さんの割烹もあった。オープン直後は1階のテナントが思うように埋まらず苦労した。しかし、のちにタイトーを創業したミハエル・コーガン氏との出会いにより、空いていた1階に導入したのがゲームセンターだった。それが現在のタイトーステーションである。

1978年、タイトーが発売したアーケードゲーム「スペースインベーダー」が空前のブームとなり、ゲームセンターは隆盛を極めた。現在も、「電車でGO」などタイトーの人気ゲームのほか、麻雀やメダルゲームなどの昔ながらのコンテンツを楽しめるアミューズメント施設として利用されている。

残り1127文字

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。
入力は↓の3つだけ!30秒で登録完了!

会員登録がお済みの方はこちらからログイン

メールアドレスでの会員登録

利用規約

SNSからの簡単会員登録

Facebookログイン
Twitterログイン

類似記事

関連記事

著者プロフィール

三河主門

2017年5月に日本経済新聞社を退社して独立。各種新聞・雑誌・ウェブメディアに記事を執筆しながら、フリーランスの編集者、メディア・リレーションのコンサルティングとしても活動している。17年11月に「Mikawa&Co.合同会社」を設立、中小企業・スタートアップベンチャーのためのPR(広報)コンサルティング、セミナーなどを手掛けるほか、教育関連コンテンツの製作も開始した。 日経記者時代は主に企業取材を担当。産業部(現・企業報道部)記者として長い経験がある。2007~10年にバンコク支局長として駐在した経験と人脈を生かし、タイのビジネス・社会・文化を研究・紹介する活動に長く携わる。

林聖人

フリーランスライター。 大学卒業後、商社で輸入品の流通事業に8年間携わる。 月100時間を超える残業や、生産性の低い働き方を続けることに疑問を抱き、2018年に「働き方」専門のライター・ジャーナリストとして独立。 また独立前に8つの副業を経験し、自身でも「副業」を専門テーマに実態調査や、情報発信をおこなう。 2017年から、日本最大の起業・開業・独立者向けポータルサイト「助っ人」(www.suke10.com)の編集チームで「働き方・副業」に関する記事を担当している。

桃井美里

2018年から、日本最大の起業・開業・独立者向けポータルサイト「助っ人」(www.suke10.com)の編集チームで、コラムを担当。 こども写真館「スタジオマリオ」の店長を経て「助っ人」編集部へ。 イラストや写真を用いて、難しく考えられがちな『起業』をもっと身近に感じることのできるコンテンツの発信に取り組む。 フリーのナレーター・MCとしても活動中。