総合トップ
起業
資金調達
会社設立
副業
マーケティング
事業承継
地方起業
フランチャイズ
シニア起業
税・会計・法律
士業
ビジネス
失敗

法人の種類を総まとめ!設立・形態・義務など違いを徹底比較

ポイント
  1. 事業を行うにあたり、形の検討は大まかに5種類ある
  2. 資金調達方法が3種類ある
  3. 公益認定を受けた時の優遇措置

目次 [非表示]

各種類の法人について比較とまとめ

株式会社と合同会社(LLC)、社団法人・財団法人とNPO法人の間には、「営利団体」なのか「非営利団体」なのかという違いがあります。株式会社と合同会社(LLC)については規模の大きさの違いがポイントと言えます。また、株式会社は株式を元手に資金調達をする事が可能です。合同会社(LLC)は、株式会社よりも安く設立する事が可能となっています。

一方、社団法人・財団法人のような団体とNPO法人との違いは、どれも非営利団体ではありますが、NPO法人の方がより公益性が求められ、行政からの許可が必要となります。

また他に、投資会社、合資会社、合名会社といった種類の法人もあります。投資会社は、投資家の方から資金を調達し、企業を買ったり、不動産などにお金を投入して、利益を得たりする法人です。個人の投資家よりも、国内の株式配当金の20パーセントが非課税になるなど、節税対策をする事が出来ます。

一方、合資会社と合名会社は似たようなものにはなりますが、共通点としては「無限責任」であると言う事です。株式会社と、合同会社(LLC)が「有限責任」なのに対し、無限責任である合資会社と合名会社は、資本金の金額を超える責任を追わなければならない為、有限責任会社に比べてリスクが高いと言えます。

各種類の法人には、以上のような違いがありますのでぜひ参考にしてください。

株式会社と合同会社(LLC)の共通点と異なる点について

【共通点】

  • どちらも営利企業です。
  • どちらも有限責任会社です。
  • 設立時に最低必要とされる資本金は1円と同じです。
  • 設立時の必要な人数はどちらも1名からです。
  • 節税のメリットについてはどちらも同じです。
  • 社会保険の加入義務は同じです。
  • どちらも社員の数に制限はありません。

【異なる点】

法人形態の種類一覧まとめ表

  • 株式会社は株を使って資金を調達する事ができます。
  • 合同会社(LLC)の方が、設立費用が安いです。
  • 社外の信頼度としては一般的に株式会社の方が高いです。
  • 株式会社には決算の広告(お知らせ)義務がありますが、合同会社(LLC)にはありません。
  • 合同会社(LLC)は出資者(社員)が業務執行社員でない場合は登記を変更する必要がありません。
  • 合同会社(LLC)は出資者(社員)に任期がありません。
  • 合同会社(LLC)の代表者は「社長」「CEO」と名乗れますが、「代表取締役」と名乗る事はできません。

料金と設立にかかる時間のまとめ表

株式会社・合同会社(LLC)・社団法人・財団法人・NPO法人のまとめ表

まとめ

法人における、株式会社・合同会社(LLC)・社団法人・財団法人・NPO法人について、まとめて解説しました。

皆さんが、どの種類の法人にて起業をするのか?について、全体的な形態を把握し、参考になれば幸いです。

おすすめ関連記事

― 一般社団法人設立したいあなたは ―
「一般財団法人について徹底理解!~一般社団法人設立マニュアル~」

― NPO法人が気になるあなたは ―
「NPO法人を設立するメリット、費用、手続きなどまとめてみました!」

―  法人と個人事業主の違いとは?  ―
法人とは?個人事業主との違いを超わかりやすく解説

― 法人設立時に知っておきたいポイントを解説 ―
起業家が押さえておきたい法人設立時の3つのポイント

― 法人設立後にオススメのビジネスカードをご紹介します ―
個人事業主・法人設立後におすすめ!ビジネスカードまとめ

関連記事