「個」の時代を生きる、“起業”という働きかた【第2回】営業マン時代の話

ポイント
  1. 儲かっている会社とそうでない会社の差は、「儲かっている会社の社長さんは、いつもワクワクと楽しそうに仕事をしていて、そして自分の時間をたくさん持っていること」
  2. 仕事=自分で、漫然と日々を過ごしている自分がいることに気づいた時に何が変わる訳でもないが、きっかけでどう動くかが大事
  3. フラストレーションが溜まってた日常に来た話だからこそ挑戦した。

残り662文字

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。
入力は↓の3つだけ!30秒で登録完了!

会員登録がお済みの方はこちらからログイン

メールアドレスでの会員登録

利用規約

SNSからの簡単会員登録

Facebookログイン
Twitterログイン
Googleログイン

関連記事