起業した私の「今」までの道のり【第3回】準備に最低1年、山あり谷あり。

ポイント(この記事は2分で読み終わります)
  1. 起業をするまでの道のり
  2. 事業を行う前にしなければならない事
  3. 資金集めに見逃しがちなポイント

読者のみなさん、こんにちは!今回も足を運んでいただきありがとうございます。今日は、私が起業をするまでに超えてきた道のりをお話していきたいと思います。
起業をするまで、約1年間は起業準備期間」でその時に起きた出来事や、辛かったことをお話しします。

①事業をはじめたいのに、はじめられない

経験も知識もなかった私にとって、事業をするということはリスクの多いことでした。社会の中に足を踏み入れたものの、社会人が普通にしている社会の暗黙のルールがわからなかったのです。取引をしてもどうやって契約書を結ぶのか、どのタイミングで見積書を出して、いつ請求書を出せばいいのか。請求書郵送の時に社印を押さなければならなかったことも知らず、企業様に迷惑をかけて何度も再送したり、と当然のことなはずが見事にできず恥ずかしい思いをしました。価格の設定も、取引先の事前調査もさっぱり分からなかった私は、事業がしたかったのに、なかなか上手くいかずにうずくまっていました。

②資金調達の罠

競合のことも経営のことも知識を付け、税金について学び、WBSを作り、調査したうえで価格設定をすること、テストマーケ、開発と、アイデアがあり、事業を始めるにも明日すぐにできるわけではなく、これらの準備に1年間は最低でも必要です。それでも予定通りにいかず、私はきちんと事業を始めるまで1年半かかりました。その間もちろん、キャッシュは生まれず、会社を作ったものの「ご飯が食べれない」ことが基本です。それでも会

残り751文字

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。
入力は↓の3つだけ!30秒で登録完了!

会員登録がお済みの方はこちらからログイン

メールアドレスでの会員登録

利用規約

SNSからの簡単会員登録

Facebookログイン
Twitterログイン

類似記事

関連記事