農業は稼げる?~農業起業の成功法則〜

更新日:2017.02.23

最近は農業で起業しようという人も多くなってきています。ただし、農業で起業しても、他の事業と同じように成功するとはかぎりません。農業以外の通常の業界では、絶対ではないものの、ある程度の成功法則というのが確立されていることがほとんどでしょう。これをやってしまうと事業は失敗しますというのが、ある程度予測できるのです。それでは、農業での起業で成功する方法というのはどういったものがあるのでしょうか。

 

今回は新規就農者が農業起業する場合においての、成功方法について書いていきたいと思います。
 

成功するための共通項?

農業は、他の職業と比較すると特殊な職業と言えるでしょう。。実は、農業といっても、どんな農業をしているかは多種多様で一言で言い表すことができません。生産物自体にも多様性があり、農業の仕方、売り方にも多様性があるため、共通する成功法則は実はないのです。成功した人で見てみれば、農協出荷という事業で成功している人もいます。と思えば、加工品生産まで手がける所謂6次産業化を行う事業で成功している人もいるのです。
繰り返しになりますが、農業での起業には成功に共通するものがないのです。画一的な成功法則がないということは未経験の方が農業を始めるには、どの成功法則を参考にすればいいのか迷ってしまうので、頭が痛い問題となってきます。

 

失敗の共通項はある!では、農業で起業する際に、何から学び、何に注意して事業を考えたらいいのかとなりますよね。実は、農業での起業では失敗する共通項というものがあるそうです。農業において、成功法則はなくとも、失敗法則というものはあるのです。 そこから、学び、失敗法則を極力行わないようにして事業を考えていけば、自然と農業での成功へ道が繋がっていくということになります。

具体的に、新規就農者の失敗とは、どのようなものなのかというと、3つありますので下記に挙げています。

 

  • 何を生産するか
  • 値段設定
  • 営農方法

 

の3つです。

 

何を生産するか

1つ目の失敗要因は、ノウハウがなく生産者として起業する場合に、リスクマネージメントができていないケースです。農業は作物を商品として出荷できるレベルにまで育てるためにはノウハウが必要な事業です。家庭菜園のように食べられればいいでは商品としては出荷することはできません。そのため、成長が早く収穫回数の多いもの(年に数回は収穫期が存在する作物)を選ぶなどして、リスクを分散することが重要になってくるでしょう。最初から年に1回しか収穫できないものにチャレンジしてしまったら、それが失敗した場合にどうなるかは、わざわざ説明するまでもなく予想がつきますよね?

 

こうした失敗から学び、実際に成功した例としては、数回収穫できるものと一回しか収穫できないものの両方を生産したケースです。また、差別化戦略として、野菜の種選びに徹底してこだわりを持っています。10種類以上の野菜のほとんどが通常の 2~3倍の値段の一級品の品種を選んでいます。こうした高級野菜を一般の農薬を用いず育て、土壌の改良には、油粕、米ぬかといった有機肥料を使うことで、野菜の美味しさで勝負しています。

 

 

価格設定

2つ目の失敗要因は、適切な価格設定ができていなことで消費者に受け入れなかったケースです。

 

これに対し、野菜の値段を消費者に決めてもらうという方法で、適切な価格設定を心がけるという方法があります。ただし、価格設定を消費者に行ってもらうには、価格以外のところで利益を生み出す方法を考える必要があります。

 

例:手間を省く出荷方法でコストを限りなくゼロになるまで削減するようにする。

 

 

営農方法

3つ目の失敗要因は、人手不足による失敗です。これに対しては、「援農」という方法を使っている生産者も多数います。農業に従事する人が少ない都会で、たまに土いじりをしたいと考えている人や子供に自然とのふれあいと兼ねて農業体験させたいという両親が多く存在しています。そういう人たちの力を借りて、人手不足の解消を図ることで、失敗を防ぐのです。

 

 

まとめ

農業での起業は失敗から学び、自分で成功への道を切り開く必要があります。他の事業のように、開業から1年目にすぐに順調に利益をあげることが難しい事業であることは間違いないと思いますが、農業で成功を望むのであれば諦めることなくこつこつと積み上げていくことが大切です。
農業の起業であれば、農業ブーム!農業ベンチャーを起業しよう!の内容も参考になると思いますので一度読んでみてください。

 

記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事

メニューを閉じる